旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

【2019年4月】ロンドン・ヒースロー空港での乗り継ぎ情報

ロンドン・ヒースロー空港(LHR)のターミナル3とターミナル5間の移動についてまとめてみました。

f:id:monteverde-aroma:20190328050158j:plain

追記:一部表示されていない部分がありましたので、修正しました。

日本から到着したら

日本からのブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は、LHRのターミナル5のの C Gates(ゲートC)に到着しました。

LHRには4つのターミナル*1 があり、ターミナル間は無料バスで移動できます。ターミナル5は、長距離線のBAやイベリア航空が発着しています。荷物を最終目的地まで預けているので、Flight Connections(乗り継ぎ便)の案内に従って進みます。

f:id:monteverde-aroma:20190416164258j:image

ターミナル5は、3つ(A・B・C)のゲートに分かれていて、それぞれのゲート間はシャトルで移動します。

f:id:monteverde-aroma:20190416164302j:image

同じBAですが、近距離・リスボン行きのフライトに乗るため、ターミナル3*2へ移動します。乗り継ぎのバス乗り場は A GAtes(ゲートA) にあります。

f:id:monteverde-aroma:20190416164250j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190416164326j:plain

ゲートC から ゲートA までは、途中シャトルに乗ります。停車は、C→B→Aの順です。

 

どのターミナルから出発するか?
f:id:monteverde-aroma:20190416164302j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190416164557j:plain

案内モニターでも確認できますが、乗り継ぎ経路の途中にあった機械に搭乗券をスキャンさせれば簡単に検索できます。事前に調べるには公式サイトが便利です  

公式サイト:Heathrow Flight Connections guide 

- バス乗り場

シャトルを降りたら、また案内に沿って進むだけです。

f:id:monteverde-aroma:20190416164330j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190416164254j:plain

エスカレーターでおります。

f:id:monteverde-aroma:20190416164318j:image 

A dedicated bus will transfer you between terminals. Buses are free and depart every six to ten minutes.https://www.heathrow.com/flight-connections

バスは、6-10分間隔で出発しているようです。

f:id:monteverde-aroma:20190416164334j:image

バスは、駐機場や滑走路の近くを通りますので、こんな景色も見られます!

ターミナル3到着

f:id:monteverde-aroma:20190416164306j:image
バスを降りたら、また案内に沿って進んで、乗り継ぎのセキュリティチェックを受けます。PCや100ml以下の液体類は出して通過します。ブーツはショートでも脱がなくてはなりませんでした。でも、ここまで思っていたよりスムーズでした。

f:id:monteverde-aroma:20190416164314j:image

飛行機を降りてから、乗り継ぎのセキュリティチェックを終えるまでの時間は、約30分でした。そのまま出発ゲートに進めます。が、スムーズに来られたのでラウンジによる時間がありました。ターミナル3のラウンジの様子はこちらでどうぞ  

www.monteverde-aroma.com

ターミナル3→ターミナル5

ここからは帰国時のお話です。

f:id:monteverde-aroma:20190416164553j:image

リスボンからロンドンへのBAフライトは、ターミナル3に着きました。行きと同じようにターミナル間をバスで移動します。今度は Flight Connections Terminal2,3,5の方を目指します。

f:id:monteverde-aroma:20190416164608j:image
1回経験すれば簡単なバス移動。

f:id:monteverde-aroma:20190416164501j:image

このあと、セキュリティチェックを受けますので、ペットボトルのお水など100ml以上の液体類に要注意です。

f:id:monteverde-aroma:20190416164536j:image

乗り継ぎカウンター付近(お手洗いもあります)にあるセキュリティチェックは、International&Europe の方に進みます。一番右に Fast Trackのレーンがあり、ビジネスクラスの搭乗券を見せるだけで通れました。

 

乗り継ぎカウンター

f:id:monteverde-aroma:20190416164549j:image

セキュリティチェックの前にある乗り継ぎカウンター。今回、リスボンで成田空港までの搭乗券も発券してくれていたので、立ち寄ることはありませんでしたが、出発地で日本までの搭乗券を発券してもらえない場合は、こちらで発券してもらいます。

今回、セキュリティーも空いていましたので、乗り継ぎにかかった時間は30分でした。帰りも、思っていたより、かなりスムーズに移動できました。

おまけ

f:id:monteverde-aroma:20190417165244j:image

ターミナル5は小さなロンドンの町のような感じで、レストランやカフェ、ハロッズなどロンドン市内の雰囲気を楽しみながら時間をつぶせる施設がたくさんあります。

ターミナル5だけにあるFORTNUM&MEISON のカフェバー。もう一度食べたかったカヌレはなかったので、今回はパスしてそばにあったお店で、紅茶やジャム、マスタードなどを買いました。


f:id:monteverde-aroma:20190424060759j:image

f:id:monteverde-aroma:20190424060753j:image

他にも、イギリスのドラッグストアBOOTSや、定番のハロッズなどがあります。BOOTSで、スタッフにすすめられてお化粧品をたくさん買ってしまいました。免税なので、空港の方がお得に買えます。

No7 Protect & Perfect Intense ADVANCED Serum

No7 Protect & Perfect Intense ADVANCED Serum

 

 

connection今回は、成田からプサンに乗り継ぐので、本来なら100ml以上の液体類は買えません。しかし、乗り継ぎが3時間あったので、成田でいったん入国して液体類を宅配で送ってから再出国する方法を取りました。

 

まとめ

事前に調べた時、ターミナル間の乗り継ぎは分かりにくい気がしたのですが、実際に体験してみると簡単でした。LHRは、空港スタッフも多いし、案内のサインや案内板が各所にあるので、分かりやすかったです。

今回はスムーズでしたが、セキュリティチェックに時間がかかることも多いロンドン。乗り継ぎ時間が十分にあるからといって「せっかくだから入国してロンドンの街を見物しよう」と気軽に考えると大変なことになってしまいます!

ターミナル散策だけでも十分に楽しめますよ^^。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

*1:ターミナル1は2015年に閉鎖。

*2:JALなどのワンワールド加盟航空会社が発着するターミナル。