旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

リニューアルした「JAL’s SALON」~成田空港ファーストクラスラウンジ ~

f:id:monteverde-aroma:20191005053145j:plain

2019年10月1日、成田空港本館3階にファーストクラスラウンジ「JAL’s SALON」がリニューアルオープンしました。同年4月にリニューアルした「JAL’s Table」や「鮨 鶴亭」に続く贅沢な空間です。今回の出発は成田なので、とても楽しみ!行く前にどのようなサービスがあるのか調べてみました。

本館JALファーストクラスラウンジ

成田空港の本館にある「JALファーストクラスラウンジ」は、以前のように3階と4階の2カ所に分かれました。

   本館4階

f:id:monteverde-aroma:20190409192018j:plain

  • JAL’s Table:従来のビュッフェスタイルに加え、スタッフが取り分けるお料理、「AFURI(阿夫利)の柚子塩らーめん」や「JAL特製豚骨ラーメン」、「和御膳」など食事が楽しめます。
  • 鮨 鶴亭:寿司職人が目の前で握る「握り寿司(週替わり)」をお楽しみください。
  • Lounge エリア:ソファを中心としたゆっくりと寛げる空間。

本館4階のラウンジの様子はこちらでどうぞ 

www.monteverde-aroma.com

JAL’s SALON

f:id:monteverde-aroma:20191005053613p:plain

JAL公式サイトに、イメージ図がありました。

落ち着いた色でまとめられていて、ゆっくり寛げそうです。通常の飲み物に加え、BARカウンターサービスで、日本のプレミアムウイスキー、クラフトウイスキー、クラフトジン、クラフトウォッカ、日本茶、和菓子などの「日本の匠の味」を楽しめるそうです。

BARカウンターサービス

「JAL’s SALON」の大きな特徴は、BARカウンターサービスがあることです。「和」に焦点を当てているので、お酒類だけでなく、日本茶や和菓子も提供されるようです。気になる2つについて、調べてみました。

 サービス提供時間:07:30~12:30 / 15:00~20:00

-EN TEA

f:id:monteverde-aroma:20191005054745p:plain

https://www.jal.co.jp/info/2019/inter/190920/index.html

佐賀県と長崎県の境で、伝統的な栽培、製茶技術を学び茶葉づくりを行う「21世紀の茶葉作り」を目指す茶葉ブランドだそうです。BARカウンターでは、EN TEA社が選んだ日本茶を月替わりでいただけます。

【10月のメニュー】 

  月    温             冷
10月 玉緑 水出しゆず緑茶
11月 焙じ茶 水出し茶 山椒
12月 帛冷 水出しレモングラス緑茶

https://www.jal.co.jp/info/2019/inter/190920/index.html

(2019年10月現在)

 

一番楽しみなのは「水出し緑茶」!

 

image 

上の写真は、2年前に乗った豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」でのモノです。このとき、氷を使った水出し緑茶をいただき、それ以来大好きになり、夏の間はずーっと飲んでいました。「JAL’s SALON」ではどういう感じなのか?とても楽しみです。

en-tea.com

-クラフトジン「ROKU(ロク)」

f:id:monteverde-aroma:20191005051434p:plain

そして、もう一つ気になっているのがクラフトジン「ROKU(ロク)」 

ジンとは、穀物などが原料のベーススピリッツにハーブや果皮、スパイスなどのボタニカルを数種加え、発酵し蒸溜した後、ジュニパーベリー(杜松の実)等を浸し、さらに蒸溜して作ったお酒のこと。実は、ジュニパーベリーを必ず使うという決まりがあるものの、ボタニカルのレシピはさまざまで、はっきりとした定義はないんです。はっきり定義されていないからこそ、真においしいジンをつくるには、技術と経験が重要なんですね。そうやって強いこだわりを持ってつくられたジンを“クラフト(職人技・手作り)ジン”と呼びます。https://ouchi-gohan.jp/1707/

ジュニパー (Juniper)

お酒の味というより、気になるのは、その素材や風味です。 

f:id:monteverde-aroma:20191005055940j:plain

ジンの香りづけに使われているジュニパーベリーは、ジュニパーという精油(エッセンシャルオイル)にもなっています。

 学名:Juniperus communis

 科名:ヒノキ科

その香りは、森林を連想させるウッディ―に少しスパイシーさが加わった爽やかなものです。

ジンの香りがジュニパーベリーを連想させるのか?ジュニパーベリーがジンを連想させるのか? 

「ジン」と言う名前は、フランス語名のジュニパー・ベリー(Juniper Berry)に由来するそうです。以前、カナダの山歩きのときに、ガイドさんが見つけてくれたので野生のジュニパーベリーの実を潰して嗅ぐことができたのですが、ジンの香りそのものでした。

日本人、しかも若い(当時・笑)女性から「ジンの香り」なんて回答が出たことに、ガイドさんは驚いていました。そんな思い出がある香りです。

ジュニパー(精油)の特長は、利尿と解毒作用ですが、殺菌消毒剤としてもローズマリーと合わせ、近年までフランスの病院で使われてきたそうです。なので、デトックス効果を期待して、機内でとくにむくんだ足のマッサージにいつも使っています。

クラフトジン「ROKU(ロク)」 の特長 

クラフトジン「ROKU」は、日本ならではの6種のボタニカル(※1)(桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子)と、伝統的なジンの8種(※2)のボタニカルを使用しているそうです。

※1 草根木皮(そうこんもくひ)

※2 ジュニパーベリー、コリアンダーシード、アンジェリカルート、アンジェリカシード、カルダモンシード、シナモン、ビターオレンジピール、レモンピール

 

f:id:monteverde-aroma:20191005062505p:plain

https://www.suntory.co.jp/wnb/rokugin/
クラフトジン「ROKU」の大きな特徴は、桜の花、桜の葉、煎茶、玉露、山椒、柚子を用いており、日本の四季を感じられるということです。果たして、私にその繊細な味が感じられるかは分かりませんが、味わってみたいと思いました。

シューシャインサービス 

JOHN LOBB (ジョン ロブ) 社とのコラボレーションのシューシャインサービスも、本館の3階に戻りました。

   07:30~12:30 ※最終受付 12:15

  15:00~20:00 ※最終受付 19:45

今回もお気に入りのブーツを持っていくので、出発前にきれいに磨いてもらおうと思っています。

まとめ 

私にとって空港ラウンジは旅程の一部にしたい(なってる?)くらい好きな場所です。お客様からいつもうかがっていて、社員のときには行けなかった憧れがあったからだと思います。そんな私が一番好きなのは、香港にあるキャセイパシフィック航空のラウンジ The pier(ザ・ピア) です。その中にある「茶坊」が一番落ち着く場所です。今回、JAL's SALONでも美味しいお茶が飲めるようなので、同じような雰囲気が楽しめるのかしら?楽しみです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。