旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

【ドイツ旅行2019】デュッセルドルフ鉄道の旅 ~買い方~

 f:id:monteverde-aroma:20191028075044p:plain 

皆さまは、どのような初夢をごらんになりましたか?

私は家族と海外旅行して、見たかった景色に偶然出会い、新しいスマホで写真をたくさん撮っている夢でした(笑)

なんか、現実がそのまま続いているかのような光景ですが、大きく違うのは一人旅ではないことです。家人は忙しいので、なかなか一緒に旅行できないんですよね~。憧れが夢になったかのようでした。

どんな意味があるのかしら?

夢占い

 海外旅行:海外旅行を楽しんでいた夢であれば将来は明るいでしょう。

 家族:楽しい印象の夢だったなら、あなたは家族を大切にしており、これからも家族仲良く過ごせるでしょう。

参考: ウラソエ

ということで、幸先良い夢となりました。

旅行をたくさん楽しもう!と、気分よくニュースを見ていたら、気になる記事を見つけました。

【ベルリン共同】ドイツで2020年1月1日から、長距離の鉄道運賃が約1割安くなる。政府の包括的な温暖化対策の一環で、二酸化炭素(CO2)排出量の少ない鉄道の運賃を下げ、利用増に拍車を掛けたい考えだ。一方、排出量の多い飛行機の運賃は同4月から割高になる見通し。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000025-kyodonews-int

割高になるのは国内線が対象かもしれませんが・・・どうなのでしょうね?

でも、地上移動費が安くなるのは嬉しい!うまく組み合わせて旅を楽しみたいと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、鉄道の旅が増えていくかもしれない今年、まずは、デュッセルドルフ滞在中に使ったお得な1日乗車券についてまとめてみました。これは、乗るたびに乗車券を買う手間が省けるだけでなく、かなりお得だと感じました。

NRW州1日乗り放題

「SchönerTagTicket NRW」は、デュッセルドルフを含むNRW州全体の一日乗り放題切符です。デュッセルドルフ中央駅にあるドイツ鉄道・DB の券売機で購入しました。

f:id:monteverde-aroma:20191219142413j:image

券売機は構内あちこちにありました。ちょうど空いていてゆっくり操作できましたので、写真に残してみました。

操作は、一つを除いて、特に難しいことはありませんでした。

  NRWを選ぶ

f:id:monteverde-aroma:20191219144327j:plain

「NRW」をクリック後表示される画面で、「for noe day within Nordrhein-Westfalen(=SchönerTagTicket NRW)」を選んで次に進みます。

  人数を選ぶ

f:id:monteverde-aroma:20191219145319j:plain

NRW州内の1日乗車券は、2人~5人までが同一料金なのでお得です。ただし、同一旅程に限ります。

  乗車日を選ぶ

f:id:monteverde-aroma:20191219145829j:plain

当日だけでなく、日にち指定もできるので、時間がある時に購入しておくこともできます。

利用可能時間
  • 月~金:9時から翌日3時まで
  • 土・日・祝日:夜中0時から翌日3時まで

 平日は利用開始時間に注意が必要です。

  確認して「Pay」

f:id:monteverde-aroma:20191219150448j:plain

後は、日づけや人数など間違っていないことを確認して「Pay」に進みます。クレジットカードだけでなく、紙幣や硬貨もOKです。

しかし、ここで、ちょっとトラブル!

現金で支払おうとしたのですが、紙幣がなかなか読み込まれませんでした。お釣りがない場合には、その旨表示されるのですが、とくに表示はありませんでした。

できるだけきれいな紙幣を選んで何回かトライしたら、時間はかかりましたが、読み込んでくれました。良かった!

困ったときは

中央駅入り口付近に「インフォメーションカウンター」があります。どの列車に乗っていいのか?など分からないことがある場合など親切に教えてくれました。

f:id:monteverde-aroma:20191219143215j:plain
f:id:monteverde-aroma:20191219143127j:plain

日づけが記載されていないチケットは、構内にある刻印機で日付を入れる必要がありますが、NRW州の1日乗車券は刻印する必要はありません。まず、入りませんし・・・。

すでに日づけが記載されているので、名前を記入するだけです。特に言語の指定はありませんでしたが、私は英語で書きました。

あとは、車内の検察係員に見せるだけです。

f:id:monteverde-aroma:20191219153554j:plain

デュッセルドルフ中央駅からアーヘン中央駅まで、快速列車(RE) に乗って行きました。

アーヘンの様子はコチラでどうぞ   

www.monteverde-aroma.com

市内の公共交通機関

デュッセルドル市内には利用できる公共交通機関が何種類かあります。しかし、 

市内を走る乗り物の名前が、初めての短期旅行者には難しかったです。

  • ドイツ鉄道・DB

*S-Bahn mit Bahnhof(S-バーン)

*Regionalbahn mit Bahnhof(RE)

特にこれ  上の2つは、中央駅から近郊の町へ行くのに乗りました。S-バーンの乗り場には「S」という表示がありました。どちらもDBの列車ですが、S-バーンが「各停」、RE が「快速」のようです。

駅によっては、S-バーンとREの両方で行けることもあるので、都合に合わせて選べばいいように思いました。

*間違っていましたら、ご指摘くださいませ。

  • U-Bhn(地下鉄)
  • Straßenbahn(路面電車・トラム)
  • バス

今回は、主にS-バーン、RE、地下鉄を使って移動しました。

24 (48) -StundenTicket

デュッセルドルフ市内を散策するときは、24-StundenTicket A という「24時間券」を買いました。上で示したドイツ鉄道・DB の券売機でも購入できるようです。

f:id:monteverde-aroma:20191219170609j:plain

DBの販売機で買うときは「VRR」という部分を選びます。

VRR「VRR」はライン・ルール都市圏をカバーしている公共交通機関の連合体です。

私はVRRの券売機で購入したので、以下で、その方法をご紹介します。

VRR券売機

f:id:monteverde-aroma:20191219143326j:plain

DBの券売機とは少し表示が違いますが、こちらの方が分かりやすかったです。ホテルの近くのトラムの乗り場にはなかったので、ホテルに近い地下鉄駅(Oststraße駅)*1で購入しました。

こちらも、特に難しいことはありませんでした。

  24 (48) 時間乗車券

f:id:monteverde-aroma:20191219173105j:plain

真ん中の黄色い部分が、24時間、もしくは48時間乗車券です。希望の時間を選びます。

  区間と人数を選ぶ

f:id:monteverde-aroma:20191219160102j:plain

市内を周るだけなら 区間「A」で大丈夫なので「A」の「一人用」を選びました。こちらも、5人まで一緒に周れるチケットがあります。

  確認・支払

f:id:monteverde-aroma:20191219173831j:plain

後は、確認して支払いをするだけです。こちらはすんなり、紙幣も硬貨も使えました。お釣りもでます。

刻印を忘れずに!

f:id:monteverde-aroma:20191219143312j:plain

24時間、もしくは48時間乗車券は、刻印が必要になります。使用開始(=刻印)から24時間(もしくは48時間)地下鉄やトラムなどが乗り放題になります。

利用できる公共交通機関

 24時間(もしくは48時間)乗車券は、以下の乗り物に利用できます。

  • ドイツ鉄道(S-バーン/RE)
  • 地下鉄(Uバーン)
  • 路面電車(シュトラッセバーン)
  • バス

※ドイツ鉄道は「ICE」や「IC」など特急列車には乗れません。快速(RE) は乗れます。

※ 1 等車も対象外です。

ドイツの列車を利用してみて

今回は、主に列車(ドイツ国鉄) と地下鉄を利用しました。

列車で10分前後の場所でも、本数が少なかったり、遅れたりしたので思っていたよりスムーズに行きませんでした。また季節的なモノか?昨今の環境への配慮か?分かりませんが、列車はとても混雑していました。

なので、近郊の町へ行くときは、スケジュールを詰め込まず、余裕を持って計画しておいてよかった!と思いました。

でも、ドイツにはお得に旅することができる乗車券がたくさんありますね。いろいろ事前に調べて、これからもお得に旅行したいと思います。 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

*1:Düsseldorf Hbf(デュッセルドルフ中央駅)から1駅。