未分類

ドイツ旅行の準備 ~お得な1日乗り放題と長距離列車のチケット~

スポンサーリンク

f:id:monteverde-aroma:20191128064634j:plain

急きょ行くことになったドイツ。JAL特典航空券を発券できました。出発までは2週間!急いで準備をします。 

旅程

成田(NRT)   (FRA)   デュッセルドルフ(2泊)   フランクフルト(1泊) FRA   NRT

行きたい場所

この時期のドイツと言えば、お目当てはクリスマスマーケット!今までに行ったことがない場所を探してみました。

クリスマスマーケット @Düsseldorf 

f:id:monteverde-aroma:20191129085850p:plain
f:id:monteverde-aroma:20191129085908p:plain
f:id:monteverde-aroma:20191129090012p:plain

https://www.schloss-benrath.de/welcome/?L=1

ピンクの外観が可愛い、ベンラート城。デュッセルドルフの市内南部にあるお城です。ここは、18世紀に選帝侯カール・テオドールの夏の離宮として建てられたそうです。

この時期、週末だけクリスマスマーケットが開催されています。

ちょうど、お休みと特典航空券の空席が重なり、うまく週末にデュッセルドルフにいられるような日程を組むことができました。楽しみです🎄

クリスマスマーケット@Aachen

f:id:monteverde-aroma:20191202093103p:plain

2018年の横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットのモチーフとなったクリスマスマーケットが開催されている町です。ここでは、大聖堂も素敵なようです。

※ちなみに、今年の横浜赤レンガ倉庫では、多種多様なマーケットが特徴の「ニュルンベルク」をモチーフにしたクリスマスマーケットが開催されています。

アーヘンへは、デュッセルドルフから1時間半くらいで行けるので、日帰りします。

デュッセルドルフ自体は30年ぶり!そしてクリスマスの時期に来るのは初めてです。なので、市内のクリスマスマーケットも堪能しながら楽しみたいと思います。

フランクフルト

さいごは、フランクフルトに移動して帰国します。

20年以上前、初めて「クリスマスマーケット」を体験したのが、ここフランクフルトでした。帰国便が夜発なので、昼間に思い出の場所を歩いてみたいと思います。

本当はデュッセルドルフからまたバスに乗って、飛行機に乗り継いでもよかったのですが、フランクフルトの方がホテル代が断然安いのです(とくに週末)。一人旅には重要なポイントです!

中央駅のすぐそばには「東急イン」もできたようです。朝食付きで€50 (約6,000円) 以下でした。今回、気づくのが遅くて別のホテルを予約してしましたが、次回は泊まろうかと思います。

予算

   区間  旅費(円)       備考
航空機(NRT⇄FRA) 35,410  特典航空券
FRA→デュッセルドルフ   無料  JALバス

デュッセルドルフ→フランクフルト

約5,000 早割:€39.99(*1)

観光(交通費等)

11,800 €100(*2)

ホテル代

34,400   3泊分

食費

17,700 €150(*2)
     合計 104,310  

(*1):1€=123円で計算

(*2):1€=118円で両替した現金利用 

急きょ決めた旅行なので、観光にかかる交通費はできるだけ抑えたい!なので、デュッセルドルフとフランクフルトで使えるお得なチケットを調べてみました。

お得なチケット

ドイツ国内、町の移動手段は、ドイツ鉄道・地下鉄(Uバーン)・トラム(シュトラッセバーン)・バスがあります。それぞれの町や州で使える共通チケットがあり、お得に旅することができます。

-デュッセルドルフ市内

デュッセルドルフ市内の料金は区域別となっているのですが、A区域の切符を購入すると、市内をカバーしてくれるようです。

以下、旅行者が使いやすいチケットの種類をピックアップしてみました。

    種類 運賃(€)      補足
EinzelTicket(1回券)A  2.9 市内ならほぼA区間
EinzelTicket(1回券)K  1.7 1.5㎞(3駅)までの短距離
4erTicket(4回券)A   10.5 4回(4人,または2人で2回分等)

24-StundenTicket A

 7.1 24時間乗り放題
48-StundenTicket A   13.5 48時間乗り放題

(2019年12月現在)

※大人の運賃です。

※一緒に旅行する人が増えると(5人まで)お得になります。

参照:Rheinbahn | Tickets for occasional travellers

市内のクリスマスマーケットを周るのに、「24-StundenTicket A」がいいかもしれない!

-NRW州1日乗り放題

続いて見たのは、州全体というもっと広範囲の乗り放題チケットです。

f:id:monteverde-aroma:20191204212907p:plain

Regional day tickets: Discover Germany's regions by train | DB

デュッセルドルフは、上の地図で赤く示したNRW州の州都です。そのNRW州の各町を巡るには、一日乗り放題切符「SchönerTagTicket NRW」がお得です。

この切符があれば、市内南部にある「ベンラート城」はもちろん、市外の「アーヘン」までも行けるようです。

 SchönerTagTicket NRW

NRW州を巡ることができる一日券は2種類あります。

f:id:monteverde-aroma:20191204213523p:plain

一人用(SchönerTagTicket Single NRW)だと31ユーロ(約3,600円)ですが、5人までが一緒に使えるチケットは46ユーロ。5人揃えば、一人あたり約9.2ユーロになります!

普通にチケットを買うと、アーヘン往復まで31ユーロだったので、元は十分に取れますが、複数人数で旅行をするとお得なんですね~。

乗り放題チケットの利用条件

  時間

  • 平日(月曜~金曜日) = 09:00~27:00まで利用可能
  • 土日・祝日 = 00:00~27:00まで利用可能

  利用可能な交通機関

  • ドイツ鉄道(ICEやIC等の特急列車など除く)
  • トラム(straßenバーン)
  • 地下鉄(Uバーン)
  • バス
point 窓口で買うと手数料(2ユーロ)がかかるので、券売機やオンラインでの購入がおすすめです。

オンライン

www.bahn.de

「Home」→「Offers」→「Regional Offer」→「Day ticket for Germany」で表示される地図の週をクリックすると、購入サイトにとびます 

Regional day tickets: Discover Germany's regions by train | DB

-長距離列車

デュッセルドルフからフランクフルトへ移動します。ドイツ鉄道DBは料金が高いので、予定を立てたら早めにチケットを買うといいようです。今回、DBの公式サイトを利用しました。以下、概要だけまとめてみました。

f:id:monteverde-aroma:20191202163432p:plain

from に「Düsseldorf Hbf」、to に「Frankfurt (Main) Hbf」を入れて検索しました。BahnCard( バーンカード)*1は購入しないので「Withhout BahnCard」を選びます。

運賃

f:id:monteverde-aroma:20191202163619p:plain

運賃は時間帯によって変わります。さらに、同じ時間帯でも、最安値(2等車)は、€27.90、1等車(1.class) は、€39.99でした。

1等車(1.class) の料金には、座席指定料金(€4.5)が含まれているので、あまり2等車と変わらないなぁと感じ、今回は1等車(1.class) にしてみました。

座席指定

f:id:monteverde-aroma:20191202165106p:plain

おおまかな座席の希望にチェックすると、下の画面の座席「72」がアサインされました。

f:id:monteverde-aroma:20191202164910p:plain

この列車は、38と39号車が1等車でした。「Quiet zone」を希望したのに、「Mobile phone area(携帯電話利用可)」 のエリアの座席になっていたので、変更しました。

購入に際しては、難しい点はありませんでした。

オンラインチケット

f:id:monteverde-aroma:20191204233628j:plain

支払が終わると、PDFのチケットが表示されました。あとは、それをプリントアウトすれば終了です。

-フランクフルト(市内)

フランクフルト市内の移動も、Sバーンと呼ばれる近郊電車や、Uバーン(メトロ)、そして路面電車に利用できる1日乗り放題チケットがあります。

 ① ゾーン5000:フランクフルト中心部エリア

 ② ゾーン5000・ゾーン5090共有チケット:①に加え空港~市内もカバー

 ③ フランクフルトカード:②に加え、おもな観光スポットの割引等特典付き

今回は、最終日に利用するので、②かな。

チケットは、中央駅などの窓口だけなく、トラムなどの乗り場にある券売機で購入できます。 

小括

デュッセルドルフでは、「24-StundenTicket A(市内乗り放題)」と「SchönerTagTicket Single NRW」を組み合わせてお得に旅行したいと思います。そして長距離移動は早割チケット、最後のフランクフルトも現地の券売機で空港までカバーしている1日乗車券を買って、交通費を抑えたいと思います。

意外と遅延が発生している

ドイツの鉄道というと、遅延が発生せず、時刻どおり運行しているイメージがありましたが、前回南ドイツを周ったとき遅延してしまい乗り継げなかった経緯があります。なので、ゆとりあるスケジュールにしようと思います。

服装

oni-taijiさん が現地の天候情報を下さいました。「ドイツはここ数週間、結構寒いです。そろそろ雪が降りそうです☃️」なので、全身防寒で臨みたいと思います。

ここのところ、冬のヨーロッパで活躍しているスノーブーツ。寒い場所では、足元を温めるのが大切です。あと、首と付く体の部位をカバーし、おしりをカイロで温めておくと、いいそうです (^^)/

 

使い捨てカイロ

寒い場所の必需品の使い捨てのカイロ。使い捨てカイロには貼るタイプと貼らないタイプの2種類がありますが、どちらも機内への持ち込みは可能です。スーツケースへ入れて預けることも問題ありません。

ただし、空港によっては、機内持ち込み制限があります。以前、カナダに行ったとき「7個まで」と、空港の手荷物検査で言われてしまいました。多い分は没収になりました ( ノД`) 

海外の空港で、使い捨てカイロは、「disposable heat pad」と言えば通じます。

日本の空港では特に言及されたことがないのですが、とりあえず必要な分だけ持って行こうと思います。また、使い捨てカイロには金属が入っているので、保安検査を受ける際は外しておいた方がいいでしょう。

注意! 「オイル充填式携帯カイロ」は機内持ち込みも預け入れもできません。

おまけ情報(特典航空券)

最後に、今回の旅行とは関係ないのですが、同じくJALの特典航空券をBAで発券していて起こったことをお知らせしたいと思います。

f:id:monteverde-aroma:20191205093435p:plain

FLY FROM HANEDA - JAL国際線

2020年3月29日から、今まで成田空港発着であったJALの国際線の一部が、羽田空港発着に変わります。今回利用するフランクフルト便は、変わらず成田発着なのですが、4月に利用するヘルシンキ便が羽田発着に変わりました。

f:id:monteverde-aroma:20191205172213j:image

BAで発券したJALの特典航空券なので、「BA」からお知らせメールがきます。そのさい、①BAの公式サイトの「Manage Booking」で承認する、もしくは②BAのカスタマーセンターに電話する、のどちらかで承認・変更できます。

今回の変更に関連する点

  • 発着場所が変わると便名が変更される。
  • 最初に予約した便はキャンセルの通知がある。
  • 機材変更がない場合、座席指定は引き継がれる。

今回、使用機材は変わっていなかったので、最初に指定した座席はそのまま引き継がれていました(使用機材が変更された場合は座席の確認が必要です)。

空港変更によって発生する移動費は、今回に限りBAが負担させていただきます。

と言われました。本来は自力で何とかしないといけない空港移動の費用ですが、変更によって不都合が生じる場合は、負担してくれるようです(ただし、今回のみの処置のようです。約款上、成田発だったためと思われます。)

特に問題はなかったのですが、 BAゴールドだからでしょうか?特典航空券なのに・・・。こんなこともあるのですね。

さいごに

とりあえず、急いで現地で使える公共交通機関と行程をまとめることができました。日本にいてヨーロッパの列車のチケットが買える!本当に便利な世の中になりましたね~。出発が楽しみです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

*1:ドイツ鉄道が割引になる有料カード。

  • この記事を書いた人

momoka

ご覧いただきありがとうございます。客室乗務員→大学院生→キルギス・途上国ボランティア。キルギスで出会ったアロマに魅せられ、帰国後はアロマインストラクターになりました。アロマを探して世界中を旅しています。どうぞよろしくお願いします(^^)

-未分類

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5