旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

もう中東御三家ではない!?エティハド航空

初めてのエティハド航空でミラノへ。帰りはアブダビに立ち寄る予定です。搭乗前の準備をしながら調べたことをまとめてみました。

f:id:monteverde-aroma:20190814201853p:plain

こちらの記事の続きです  

www.monteverde-aroma.com

エティハド航空 

中東のアブダビに拠点を置くエティハド航空(EY) は、アラブ首長国連邦の航空会社です。去年までは、エミレーツ航空、カタール航空とともに評価が高く、中東御三家と言われていました。

しかし、2019年5月、英国の格付け会社・スカイトラックスの評価が4つ星となってしまったようです。スカイトラックスの評価をあまり信じていないけど、気にはなります(笑)。

長距離路線は3クラス制ですが、A380(総二階建ての飛行機)のみ4クラス。ファーストクラスより最上級クラスの「ザ・レジデンス」というリビング付きの部屋があるそうです。

今回、EYを選んだ理由は2つ。

  • ミラノまでのチケット(途中降機可) が安かった
  • 一度アブダビに滞在してみたかった
  • そして、期間限定のルーブルに行ってみたかった

しかし、直近のトリップアドバイザーの口コミを見てみると、なんか最悪のコメントしか並んでいない・・・。サービスが低下し、食事が美味しくないようです。これが4つ星降下への理由かしら?

チケットを買った後ですが、ちょっと不安になりました。

座席選び

f:id:monteverde-aroma:20190814062623j:plain

NRTからの機材はB787。座席配列は、1-2-1のスタッガード。全席隣にお邪魔することなく通路に出られるタイプです。しかし、カタール航空やBAのように機首に向かって後ろ向きの座席もあるので、座席選びには注意が必要です。

f:id:monteverde-aroma:20190814062912j:plain

公式サイトで座席指定するときは、「後ろ向き座席」と注意事項が書かれているので、それを見て行えば大丈夫でした。親切な表記です。

モバイル・チェックイン

インターネットの接続可能な状況なら、出発3時間前まで、モバイルチェックインができるようです。

ご搭乗券は、お客様の電子メールアドレスに送信することもできます。または Passbook に保存することもできます(iPhone 利用者向け) エティハド航空はモバイル搭乗券のスクリーンショットをお撮りいただくこともお勧めしています。お客様が空港の保安検査場および搭乗口を通過する際に、2D バーコードのスキャンが必要となるためです。オンラインチェックイン

今回利用する、NRT・AUH・MXP、全ての空港で可能でした!今回は貨物室へ預ける荷物がないので、カウンターが開いていなくても出国できます。

 オンラインチェックインは コチラ

マイルの登録

アライアンスに加盟していないEYですが、いくつかの航空会社に条件付きで加算することができます。私はANAのマイルも貯めているので、ANAとのコードシェア便が就航している 成田空港(NRT)とアブダビ(AUH)の間だけ マイルを加算します。

予約クラスが「J, C, D, W, Z 」だと区間基本マイレージの125%の積算となるようです。私の場合、格安航空券ですが「Z」なのでOKです。

手荷物許容量

  預け入れ荷物

f:id:monteverde-aroma:20190814203656p:plain

重量制限なので、Economy Flex以上のチケットなら、2個もOKなようです。

  機内持ち込みサイズ

f:id:monteverde-aroma:20190814204257p:plain

機内へ持ち込めるのは合計2、または3個まで。重くならないよう、荷物は最小限にまとめました。

詳細はこちらでご確認ください ⇒ 手荷物許容量 

公式サイトの使い勝手

日本語があるので、公式サイトはとても使いやすかったです。旅客情情報の変更も簡単に行えます。「マイトリップ」⇒「予約確認」⇒「予約の変更」をクリックすると下の画面がでます。

f:id:monteverde-aroma:20190814210053j:plain

マイレージ番号の変更などはこちらからできました。機内へ持ち込む手荷物の許容量が分からない時は「手荷物料金」をクリックすると、自分の許容量が表示されます。

f:id:monteverde-aroma:20190814210944p:plain

私の場合、身の回り品のバッグを含め、3つ(合計17kg) 機内へ持ち込めるようです。さらに追加がある場合はその値段も表示されます。

サイトは良くできていて使いやすい!

空港ラウンジ

以前は、カード会社の有料ラウンジ使用だったのですが、2018年7月24日より「Narita Premier Lounge」に変更になったようです。エティハド航空ではなく、成田空港が運営しているラウンジで、元デルタ航空のラウンジがあった場所です。


f:id:monteverde-aroma:20190820144838j:image

f:id:monteverde-aroma:20190820144841j:image

シャワールームは狭めですが、小さなリモワは開くことができました。

寛ぎスペースは、KLMなど複数の航空会社が一緒に利用するため広々としています。


f:id:monteverde-aroma:20190820145112j:image

f:id:monteverde-aroma:20190820145107j:image

コーヒーメーカーやワインはこちらから。全体的におしゃれな雰囲気です。


f:id:monteverde-aroma:20190820145254j:image

f:id:monteverde-aroma:20190820145251j:image

お寿司やカレー、デザートなど、食事も充実していました。


f:id:monteverde-aroma:20190820145422j:image

f:id:monteverde-aroma:20190820145430j:image

一番凄かったのがこれ!一脚数十万から100万円以上はするCassina(カッシーナ)のソファが座り放題です(笑)。

食事より何より、ここが一番気に入りました(≧∀≦) 

ANAとのコードシェア便だから、ANAラウンジも使えますが、わざわざ遠くの混んでいるラウンジへ行く必要はなし!レベルの違う快適さでした。

ラウンジ利用時


f:id:monteverde-aroma:20190820151002j:image

f:id:monteverde-aroma:20190820150959j:image

今回、モバイル・チェックインして、搭乗券をスマホのwalletに保存して出国しました。預け入れ荷物がない場合、カウンターが開く前に出国できます。

ラウンジもQRコードさえあれば、紙のインビテーションカードは不要で、入ることができました。とても便利です(^^)

まとめ

ここまでは、4つ星のイメージがありませんでした。かえって良いイメージです。公式サイトやアプリは、中東御三家の中で、一番使いやすいと思いました。

機内の様子は、また後日にアップしたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。