旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

カタール航空の特典航空券を発券するまで ~Qマイルの使いみち~

2年間温存(単に使いみちが見つからなかった・笑)していたカタール航空(QR)のマイル。世界的な流れからいつさらに改悪されるか分からないので、大量放出して発券してみました。

*一度フライングしてアップしてしまいましたので、少し書き直しました。

f:id:monteverde-aroma:20190524143404j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190524143429j:plain

きっかけ

放置状態だったカタール航空のプリビレッジ・クラブ。過去1年間カタール航空を利用していませんが、6月に今年度いっぱいプラチナ(ワンワールド・エメラルド)の恩恵を受けられるカードが送られてきました。

f:id:monteverde-aroma:20190722150404j:image

このカード、金属製なので危ないです。手を切りそうで・・・。

そういえば最近、QRのマイアカウントを見ていないなぁ。

プリビレッジ・クラブのサイトも2重のセキュリティがかかっていて、パスワードを入れた後、さらに、メールに送られてくる「ワンタイムパスワード」を入れなくてはならないでのす。

セキュリティがしっかりしているのはいいのですが、検索を繰り返していると、すぐにフリーズします。マイルと同様に公式サイトも使いづらいので、あまり開けていませんでした。

ライフタイム・マイル

f:id:monteverde-aroma:20190524010207j:plain

久しぶりに見てみると、Life time(ライフタイム) という情報ができていました。

私のQR歴史は、トータル144時間10分のフライトタイム、距離にすると71,772マイル(115505.8km)です。地球1周の距離を約4万kmとすると、地球を約1.8周したことになります。最長フライトタイムは12時間10分。80%はビジネスクラスチケットでの搭乗ですが、むかしヨーロッパまで10万円台で行けた時代のモノです。

f:id:monteverde-aroma:20190723114504j:plain

マイルを貯め始めた最初のフライトは、ドイツのフランクフルト。

論文の追い込み時期なのにも関わらず、激安(7万円引き) のチケットをつい買ってしまい、フランクフルトのホテルの部屋で指導教官とメールでやりとしていたのでした。懐かしい思い出です。

マイルの使いみち

QRのマイルは、Qmiles(Qマイル) と言います。元々使いづらいのに、あるとき更に改悪されて、世界一(と私は思っています)使いづらいマイレージプログラムになってしまいました。NRT(成田)からDOH(カタールの本拠地ドーハ) までの必要Qマイルを見てみると・・・

f:id:monteverde-aroma:20190524010246j:plain

エコノミークラスでの往復が「87000Qmiles」も必要です。DOHまでのビジネスクラスの必要マイルは、JALの世界一周特典航空券より多いです!特典航空券は年間を通して取りやすいのですが、信じられないほどのマイルが必要です。

 

f:id:monteverde-aroma:20190524141650j:plain

特典航空券を取る際、「Q2」と付いているとマイルが倍に跳ね上がります。

f:id:monteverde-aroma:20190524010256j:plain

直前でも1年を通してでも、QRの特典航空券は取りやすいのですが、それはたくさんQマイルを使ってのお話。ある日のHNDからDOH往復(ビジネスクラス) に必要なQマイルは「330,600」でした。同じワンワールドのJALやBA(ブリティッシュエアウェイズ)で33万マイルあれば、どこに何回行けるのでしょう?

DOHからヨーロッパに行くのには、さらに追加マイルが必要です。QRでは時どき、ダブルマイルキャンペーンなどあるのですが、それにしても、ふざけた数字です!さらに、有償の航空券では燃油サーチャージが不要のQRですが、特典航空券の諸税は結構高いです。

-アップグレード

そうだ!アップグレードに使おう!

そう思って、アップグレードに必要なマイルを見てみました。

 f:id:monteverde-aroma:20190524010237j:plain

必要なQマイルは、最低でも「63,000」、キャンペーンなどで出ている運賃(O,T,N,Q,S) だと126,000Qマイルの必要です。さらにふざけた数字で、本当に使えないです!

プリビレッジクラブにもANAと同様のアップグレード使える「Qpoint」があります。キャンペーンなどの最安値のチケット以外に使えるので、比較的安価なチケットにも利用できるのですが、以前、空席が80%くらいの便でもなかなかアップグレードされませんでした。

これ以上改悪されるのか!?とも思いましたが、12月にプラチナ会員の期限も切れるので、きっぱり見切りをつけるため大量放出することにしました。

特典航空券の発券

より少ないQマイルで発券できる日を探します。せっかく温存したのだから、狙うはビジネスクラスのQsuite。ドア付きのビジネスクラスです。ANAもドア付きの座席を発表したし、BAにも搭載が始まりました。あと10年くらいしたらスタンダードの座席になりそうですね。QRのQsuiteについてはこちらをどうぞ  

www.monteverde-aroma.com

 

休日に時間をとって、持っているQマイルで行ける場所を探すことにしました。 

f:id:monteverde-aroma:20190524010058p:plain

探します。

f:id:monteverde-aroma:20190524010058p:plain

探します。

f:id:monteverde-aroma:20190524010058p:plain

探します。

なかなか見つかりません。すごく疲れたので、1回休憩してジムに行ってきました。
帰って来て、もう一度さがして・・・

åã¤èã®ã¯ã­ã¼ãã¼ãçºè¦ãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼

見つけました!

f:id:monteverde-aroma:20190524100358j:plain

DOHから先の3時間のフライトをエコノミークラスにして、行きか帰りのどちらかを有償にすれば、185,250 Qマイルで発券できる区間と時期を見つけました。

羽田   ドーハ  (有償)アゼルバイジャン・GYD  (別途購入・有償)バクー・GYD  ドーハ  成田

これなら往復Qsuiteにも乗れます。行き先はいつか行きたかったコーカサス地方のジョージアとアゼルバイジャンです。

ジョージア は、昔グルジアと呼ばれていたワイン発祥の地です。アゼルバイジャン は、第二のドバイと呼ばれているオイルマネーで潤う国です。特にジョージアは、キルギスでジョージア料理を食べて以来いつか行きたいと思っていた場所。紀元前6000年頃の葡萄の種や醸造跡が発見されており、ワイン発祥の地と呼ばれています。安くて美味しいジョージアワインをたくさん飲んで買って来ることを旅の目的としました。 

発券前の確認

  機材チェック

本当は、季節のいい8~9月に行きたかったのですが、現在持っているQマイルでは片道さえ発券できません。

やっと見つかった!と思っても、座席の詳細に「Qsuite」の文字がありません。

Seat Guru というSeat Map(飛行機の座席配列)を見ることができるサイトを使って調べてみると、夏の繁忙期の成田着の機材は、B777-300という旧型インテリアの飛行機でした。却下!

あとは、アップグレードポイントを使って、有償エコノミー(DOH→GYD)区間のアップグレードを狙います。

まとめ

プリビレッジクラブのプラチナ会員(ワンワールド・エメラルド)だと、予約の変更手数料は無料なので、来年の9月ごろ(本来行きたかった時期)に持っているQマイルで行ける日程が見つかれば変更したいと思います。機内サービスの評価は高いのですが、特典航空券やアップグレードポイントの使いづらさも、別の意味世界一かもしれません(笑)。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。