旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

ANA・バンクーバー便 搭乗記

 

2月の極寒ロッキー山脈へのツアーに参加してきました。いろいろありましたが、前回のロンドン旅行でご一緒だったご夫婦との嬉しい再会など、 愉快なツアーメンバーに恵まれて、楽しい旅行となりました。

f:id:monteverde-aroma:20190303083143p:plain

出発とラウンジ

最近のツアーは、集合して皆一緒にチェックイン・出国という手順がなくなりました。私が利用している旅行会社のツアーでは、出発の1週間前にeチケットの番号を教えてくれるので、24時間前のwebチェックインができます。

私は、webチェックインの前にプラチナデスクに電話して、座席の変更をお願いすると同時にマイレージ番号を入れてもらいました。当日は集合時間に旅行会社のカウンターへ立ち寄り、eチケットの控えをもらうだけです。でも、希望すれば立ち寄らずに先に出国することができます。最近はツアーでも自由度が多いですね。

f:id:monteverde-aroma:20190304095154j:plain

久しぶりの羽田空港・ANAラウンジ。機内食を楽しもうと、ラウンジでは軽めにいただきました。

f:id:monteverde-aroma:20190303130403j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190303130355j:plain

平日19時ごろのシャワールームは7人待ちでした。やっぱり早めに出国して正解です。ドライヤーがダイソンに、そしてアメニティーは雪肌精に変わっていました。シャワールームは、JALラウンジよりANAの方が好きです。

セーフティビデオ


f:id:monteverde-aroma:20190304233936j:image

f:id:monteverde-aroma:20190304233931j:image

f:id:monteverde-aroma:20190304234011j:image

f:id:monteverde-aroma:20190304234018j:image

外国人観光客増加に焦点をあてた歌舞伎役者によるセーフティービデオ。つい見入ってしまいました。

機内食とアロマ

f:id:monteverde-aroma:20190303130312j:image

ANAのウェルカムドリンクもプラスチック製のカップでした。なのでパスして、最初の飲み物を待ちました。

しかし、シャンペンが飲めたのは離陸後1時間経ってから。さらに、おつまみがないので(お酒だけだと酔ってしまいそうで)、離陸前にもらっていたペットボトルのお水をチェイサーに。

おつまみをもらいたかったのですが、なんか忙しそうで・・・お腹空いた~。

f:id:monteverde-aroma:20190304094246j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190304094328j:plain

やっときたアミューズ、これでお酒が楽しめます。が、その後の和食の前菜はキンキンに冷えていて(知覚過敏ではないのですが)、かむと歯が痛くなってしまいました。

f:id:monteverde-aroma:20190304094357j:plain

台の物で暖をとろう(笑)。2月の台の物は、「みかんブリ」。餌にみかん等の皮を与えたみかん王国愛媛ならではの養殖魚です。柑橘類をジュースに加工する際に発生する搾りかすに含まれる成分(リモネン等)が養殖魚の血合いの色の変色防止や鮮度の維持に加え、ほのかな柑橘系の風味で魚臭さが低減されたそうです*1

リモネン リモネンとは、みかん等の柑橘系果物の皮に含まれる香りの成分です。抗菌作用、免疫力の強化、リラックス効果、快眠促進効果など多様な効果があるとされています。この精油成分が魚の脂身に浸透することで、効果を発揮するそうです。

みかんの香りがする?ようなしないような。豆乳ソースがかかっているのでハッキリとは感じませんでしたが、美味しかったです。歯も温まったし(笑)。

f:id:monteverde-aroma:20190304094412j:plain

デザートはメイプルシロップ味のマスカルポーネが入ったムース。カナダ線なのでメイプルシロップ?和食だったので和菓子だったらもっと良かったのにね。

f:id:monteverde-aroma:20190303130430j:image

大好きなテンプラニ-ニョの赤ワイン(帰り便の3月にはなくなっていて残念)と一緒に頂きましたが、残念ながらムースとは合いませんでした。それぞれは好みの味なのに・・・。

ほぼ満席の食事サービス。終わったのは離陸して3時間後、まるでファーストクラス並みのゆっくりさでした。夜便だったので早く食べて休みたかったなぁ。

f:id:monteverde-aroma:20190303130417j:image

食後にいつものアロマをいただき寛ぎました。アロマについてはこちらをどうぞ

www.monteverde-aroma.com

 

f:id:monteverde-aroma:20190304132344j:image

到着2時間前に2度目のお食事サービスが始まりました。1食目の冷え冷え度がトラウマになり、トレイの食事は避けて豚骨ラーメンにしました。

オーダーしてから30分たってもラーメンが来ず・・・。CAさん1人で15人の旅客を担当するのは本当に大変そうです。

まとめ

バンクーバー線のビジネスクラスでは、1人の乗務員の方が10人、もしくは15人の旅客を担当されるようで、行きも帰りも満席で、本当に大変そうでした。

ビジネスクラスのコンセプトは「自宅のように寛ぐ空間」だそうですが、忙しそうなので何かを頼むもの悪くて。

他の航空会社のように、ギャレーの横に飲み物やお菓子などを置いたカウンターがあれば、もっと自由に寛げるような気がしましたが・・・。

 

なんか辛口の締めになってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。