旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

無事出発!ANAでシドニーまで

 更新2018/06/15

 

バタバタした出発前でしたが、無事ETAS取得も確認してもらえ、羽田空港から出発しました。シドニーまでのフライトは空いていて快適でした。クリスマスシーズンのシドニー空港は結構混雑しています。到着後にもちょこっと試練がありました。

ANAラウンジ(羽田空港)

{9CEC5731-48D3-483E-BB9A-56CDF152FCF9}

クリスマスデコレーションがかわいい、ANA羽田空港のラウンジ。今回もお世話になります。

シャワールーム

{E075C4C0-A66A-4EAD-886F-6977254EACA2}

 

夜発の便ですが、早めに出国してラウンジでさっぱり!日系の航空会社だと出発〇時間前というくくりがなく、いつでもチェックインできるからいいですね。早い時間のラウンジは空いていて、シャワーも待ち時間ゼロでした。

 

{5CD20F0A-3D2F-4696-891A-587F5E3D56F6}

 

シャンプーやリンス、そしてお化粧落としまでアメニティが充実しているANAラウンジ。そして、シャワーを浴びた後は、水分をふき取る前にオイルを塗ります。機内の乾燥対策にいいですよ。今回持ってきたのはアルガンオイル。先日のプラハで購入したものです。

 

{3E833314-3CDD-4286-9F70-E8EF37C7878B}
 

強い浸透力がありビタミンEを多く含むアルガンオイルは、刺激が少なく、顔や身体だけでなく髪の毛にも使えるので、搭乗前に塗っておくと、機内の乾燥対策ができます。

詳しくはこちらでね 

www.monteverde-aroma.com

機内のお食事

{BFAB8624-AC53-48CF-8CB4-2E95B6C23519}

 

今回はETAS取得を確認するために、空港には17時頃着きました。出発は22時なのでかなり早すぎますが、ラウンジで仕事しながら過ごします。

 

{357D74AE-9614-4312-8742-EA95BE9E5530}

 

この時、北海道キャンペーンだったので、ラウンジの日本酒も北海道のものが並んでいました。

 

{774AE2D4-0DD2-4B13-83EF-99C28E7B4212}

 

でも、出発前は「やっぱリビール」でスタートします(笑)

 

{7087416D-DD2A-469E-A56D-9823214822F9}

 

Foodieというアプリをつかってみました。美味しそうに見えるかしら?

 

{C56F6FBE-7BB4-4DA7-8BEF-CB4A8CCFC6C0}

 

これだけ山盛っていて何ですが・・・、カレーはやっぱりJALのサクララウンジがおいしい(笑)。

ANAビジネスクラス(座席)

{BFF0ADFA-56D5-4A01-B399-D2D4CCE325B5}

 

シドニーまではB787-900という機材(飛行機の種類)です。

B787はB777やB767など、ほかの機材に比べて機内の湿度が少し高いので、お肌に優しいと言われています。夜間便なので、座席にスリッパやアメニティとともに、ベッドパッドが用意されていました。

さらに長距離便では、カーデガンも搭載されています。数に限りがあるので、寒がりさんは機内に搭乗して直ぐにCAさんにお願いするといいですね。ベッドパット(メッシュの方が上です)も敷いて寝る準備万端です。

 

{ADCDE58F-E2DE-4611-BC0C-2DF0B8839EBF}

快適な座席の選び方

機内では少しでも静かに過ごしたいものです。

なので、座席選びも慎重に行います。事前座席指定するときは、下のような座席表から選びます(しかし、急きょ機材変更になると悲しい)。

でも、これだとお手洗いと座席の距離、ギャレイ(Gally:機内でお食事などを用意するキッチン)との距離感が分かりませんよね。

 

f:id:monteverde-aroma:20171220071837j:image
 
今回の機材は、座席番号8番がお手洗いに近い座席でした。実際には下の写真のような位置関係です。
 
f:id:monteverde-aroma:20171220124713j:image
 
う~ん・・・。気になる人は、お手洗いのドアの開閉や人の出入りが気になるかもしれません。そばに、スペースがあり、人が並ぶことはなさそうですが。
 

f:id:monteverde-aroma:20171220124737j:image  

お手洗いの後ろにはギャレー(飛行機のキッチン)がありますが、9番の座席にはあまり影響がなさそうです。夜間なので静かに作業されていましたし、9番の窓側の座席は個室感があって籠りたい方におすすめです。 

アメニティ

{7300E17C-8AC1-4C57-9F66-1F7768FC72AA}
 
アメニティは、嬉しいニールヤードレメディーズ*1のミストやリップクリームが入っています。
個人的に中身が一番お気に入りのANAのアメニティ。
ケースは何か月か毎に変わっているそうですが、特に男性用/女性用の違いはないようです。

ヘッドフォン

{32F97A34-1719-4BCD-B5FB-2167B44FE9D2}
 
少し小さめなノイズキャンセラーのヘッドフォンです。休む時も付けていると機内の騒音が少し防げますよ。

機内食

{8EC9D235-0691-4ACA-A87E-B16B86D01EF0}

 

地上でサービスされるウエルカムドリンク(オレンジジュースかシャンペン)をパスして、最初のお飲み物はこちら。強めの炭酸&辛口で、好みの味でした。

 

{3CCF5291-81EE-4F14-9267-17B99281524D}

 

お食事はワンプレートでサービスされます。

トレイが冷たいので、サラダなんかを先に食べていると、温かかったお肉が冷めてしまい、カチカチに・・・(´;ω;`)ウゥゥ

深夜便だからでしょうか?6時間の中距離でも前菜とアントレ(温かいお食事)、デザートが別々にサービスされたカタール航空に搭乗した後だと、ちょっと寂しい感じがします。 

 

www.monteverde-aroma.com

 

気を取り直して、赤ワインを楽しみます。

{DCCFC1B5-9687-4951-B099-FC288C225F39}

 

ANAの機内ワインは、通常搭載のほかに、そのフライトだけのワインが搭載されています。今回はフランスの赤ワインでした。

しかし、残念ながらお食事のチョコレートムースとは会いませんでした。なので、別途、コーヒーとアイスクリームをお願いしました。うん!これのマリアージュ(笑)は外さないかも。

 

{A27490AD-98B5-416F-8DE0-95D6CF76C72E}

 

到着1時間半前にも軽いお食事がサービスされます。セットされた朝食もあるのですが、アラカルトをお願いしてみました。

 

{0171A28A-EEB5-484B-AF4F-1AAE77B47CC2} 

お好み焼きとフルーツ、そしてサラダ。ユズ風味のドレッシングがかかったサラダ(暗くて見えない・笑)が美味しかったです。

空の景色

{B2CD6C22-0FFD-4D02-8698-A7514768B4DF}

 

ぐっすり休んでいたので、楽しみにしていた機内からの朝日を見逃しました(泣)。すっかり朝です。

 

{80E7DFE2-216C-49FB-8D81-248CC96292FE}  

シドニー到着

{25443BA3-A9CC-4C7C-8885-B4CBAA796BC6}

 

この日は、出発時に乗り継ぎ旅客を待っていて、1時間程遅れました。そのため、到着も1時間遅れで、バスでターミナルまで移動しました。

いつもはきちんとターミナルに着くそうです。バスはビジネス・エコノミークラスの区別なく乗るだけ乗ったら出発という感じでした。

「今日はバスの数がすくないので・・・」と地上の方が仰っていたので。バスに早く乗れるかわりに、バスを降りるのはエコノミークラスのお客様の後になります。

そのため入国審査も遅くなります。しかも、混んでいます。「Expressパス」を機内でいただきましたが、この空港に関してはあまり意味がないようです。 

スマートゲート

f:id:monteverde-aroma:20171220071958j:image

 

しかし、大変だったETASの威力がここで発揮されます。

到着ゲートに設置されたスマートゲート専用の機械にパスポートを読み込ませ、簡単な質問(日本語)に答えるだけで、待ち時間がほとんどなくスマートゲートを通れます。

これで、入国審査の長蛇の列に並ぶ必要はありません。


f:id:monteverde-aroma:20171220124330j:image

出てきたカードを持って、あとは、スマートゲートを通るだけ。

f:id:monteverde-aroma:20171220072125j:image 

出所:

http://Passengers using SmartGate - Corporate - The Australian Department of Immigration and Border Protection Service Newsroom

 

のはずが、「パスポートの顔写真と一致しない」と機械にはじかれました。パスポートの写真がほぼ10年前&奇跡の1枚の写真なので仕方ないのですが(笑)おまけにすっぴんだったし・・・。

 

スマートゲートを通れない場合

すぐ隣に、スマートゲート用のアシストカウンターがあり、スマートゲートではじかれた人は、ここに並びます。

私は何回かトライしたのですが、結局ダメ・・・。

一般の入国カウンターが空いていたら、早目にあきらめて、一般の入国カウンターを通った方がいいかもしれません。10分くらい並んで私の番がきました。

入国審査官は世界一優しいかもしれません。「Hi ! How was your flight ?(ハイ!フライトはどうだった?)」と声をかけてくれました。

ここで、パスポートの写真と見比べられます。聞かれてもないのに、「ほぼ10年前の写真で・・・」と言い訳すると、笑われました。でも、笑いを取りながら無事、入国!

まとめ

ばたばた準備からドタバタ入国。実際に体験してみるとブログの話題提供になったかしら?と思いました。まだまだオーストラリア旅行は続きますので、よろしければ、お付き合いくださいね。

 

 

ETASについてはこちらをご覧ください 

www.monteverde-aroma.com

 

*1:イギリス生まれのオーガニックコスメブランド