旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

A380の思い出

総2階建ての大型機、A380(エアバス380)の生産中止が発表されました。2005年1月の完成披露から14年、大好きなエミレーツ航空のA380搭乗記録を中心にまとめてみました。

f:id:monteverde-aroma:20190221161232j:plain

エミレーツのA380型機

A380とは

 乗客定員:517~615人

 重量510~575トン

 長さ:72.7m、高さ:24.1m

 400万個の部品

世界初の総2階建てのジェット旅客機で、完成披露の時点ではB747(ボーイング747)を抜いて、史上最大・世界最大の旅客機となりました。B747が退役したあとは、唯一の4発機です。

ボーイングの飛行機と比べると、一番長い B777-300ER(212~264席)*1の全長は、73.9mと方が1.2m長いようです。ちなみに、一部に2階席があったB747の全長は、70.6mでした。初めてB777-300ERに乗務したとき、一番後ろのCAシートまで遠いなぁ~と感じたのを思い出しました。それにしても大きな飛行機です^^

f:id:monteverde-aroma:20190221165015p:plain

エアバスA380 - Wikipedia

ちょっと小太りのボディと丸顔が特徴です。

最初の納入会社はシンガポール航空ですが、保有数の最大は、中東のエミレーツ航空です。2019年2月現在、108機を保有し、54機が納品待ちという状態だそうです。エミレーツ航空のA380と言えば、シャワーがついているファーストクラスが有名ですね。

f:id:monteverde-aroma:20190222181802j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190222181821j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190222181831j:plain

エミレーツ航空の元CAさんに、ファーストクラスの座席の写真をいただきました。座席というより、お部屋ですね。

話をA380に戻します。

f:id:monteverde-aroma:20190225055657j:plain
2011年、初A380は大韓航空。最後尾にあったバーカウンターでカクテルを作ってもらいました。その後、エミレーツ航空、タイ航空、そしてカタール航空のA380を体験しました。そのなか、一番好きなエミレーツ航空のA380の様子を、飛行機オタク視線で見ていきたいと思います。

エミレーツ航空

f:id:monteverde-aroma:20190221162823j:plain

(ちょっと見にくいけど)飛行機の下部にEmiratesの赤いロゴが書かれています。この時はまだ日本に就航していなかったので、仁川国際空港から出発しました。

f:id:monteverde-aroma:20190225034009j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190225034134j:plain

2階の前方がファーストクラス、あと残りがビジネスクラスです。1階席がエコノミークラスです。出発時は直接2階席へ行けましたが、到着時は、前方の階段(ストレートタイプ)を使って降りました。

 機内の様子

f:id:monteverde-aroma:20190225035621j:plain

2階なのに、とても開放感がある客室です。

f:id:monteverde-aroma:20190225035654j:plain

 座席周り

f:id:monteverde-aroma:20190225034325j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190225034342j:plain

荷物を入れるコンパートメントは2か所。座席のそばに大きなコンパートメントがあるのはいいですね。

f:id:monteverde-aroma:20190225035901j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190225035929j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190225035936j:plain

大昔の飛行機の窓の日除けはカーテンだったのだけど、今は電動です。しかも2重になっていて、各座席でコントロールすることもできます。

   座席のようす

f:id:monteverde-aroma:20190216205600j:plain

とてもゆったりしています。大型機ならではの空間。

f:id:monteverde-aroma:20190225035252j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190225035527j:plain

行きと帰りで、内装が違う飛行機に乗れました。右のほうが新しいのかしら?

f:id:monteverde-aroma:20190225035237j:plain
どちらも半個室で、快適度はおなじです。

f:id:monteverde-aroma:20190225043255j:plain

食後はベッドパッドを敷いてもらいました。熟睡zzz

 ラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20190225034615j:plain

A380の最大の特徴は、機内バーカウンターです。ビジネスクラスでは、最後尾のギャレー(機内のキッチン)の前にありました。

f:id:monteverde-aroma:20190225034602j:plain

機内の座席は、シートベルトが付いていないと座席としてみなすことができません。なので、バーカウンターの側の座席にもシートベルトがありました。

f:id:monteverde-aroma:20190225041225j:plain

航行中、ドアのところにテーブルがセットされ、スナックが置かれていました。働いたことがない機材での装備品は、とても興味深いもので、到着前には収納する様子も見せてもらいました。忙しい時に邪魔してごめんなさい。

f:id:monteverde-aroma:20190225035559j:plain

好きな時に好きな飲み物をいただいて大きなモニターを見ながら寛ぐ、A380ならではの楽しみ方です。そして、ギャレーの奥には・・・

f:id:monteverde-aroma:20190225041550j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190225041508j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190225041535j:plain

A380のギャレーでは、B747と同様に食事などのカートを上げ下げする機内のエレベーターを見つけました。そしてその奥には、1階へのらせん階段!

 塗装機

f:id:monteverde-aroma:20190225035832j:plain

ドバイから乗ったA380は、違法な野生生物取引を禁止をうたい、サイやゾウなどが描かれた塗装機でした。

f:id:monteverde-aroma:20190225040209j:plain

2階席の入り口にはゴリラがいます(笑)こちらもどうぞ  

youtu.be

とっても快適なエミレーツ航空のA380でした。次は、その他の搭乗記です。

カタール航空 

f:id:monteverde-aroma:20190216203943j:image

解放感がありますが、プライバシーが確保されているタイプの機内です。

f:id:monteverde-aroma:20190216203855j:image

他の機材でのお食事サービスは、一人一人トレイで行われていましたが、A380は機内の通路が長いので、ワゴンを使っていました。見渡す限りギャレーがなかったので、必要なものを取りに行ったり来たりは、大変そうだなぁ~と思いながら見ていました。変なところが気になります(笑)

  バーラウンジ

{5C860DF9-246A-49EC-901D-50FCEBFF20D5}

カタール航空のシンボルカラーのワインレッドでまとめられているバーカウンターです。この便は、2階席の最後尾客室(カーテンの向こう側)はエコノミークラスになっていました。

f:id:monteverde-aroma:20190221160115p:plain
f:id:monteverde-aroma:20190223211537j:plain

カタール航空のA380は、到着時2階から直接降りました。1階席(エコノミークラス)と同時に降りることになるため、ターミナルへの入り口がかなり混雑していました。エミレーツ航空の場合、クラスごとに降ろしてくれるのがよかったです。

 タイ航空

f:id:monteverde-aroma:20190223211557j:plain

なぜか、この写真しか残っていませんでした(笑)タイ航空のA380、エコノミークラスのバルクヘッド(客室を区切る壁)の前の席は、今まで見た中で最大の広さのような気がしました。バルクヘッド前の席は、他の乗客が通路代わりに使うこともあるので快適性が損なわれることもあるのですが、これだけ広いと問題はないですね。

まとめ

A380の飛行は、大型機なので揺れも少なく快適に感じました。成田空港着陸時には、遠くに富士山を見ることができました。ANAのA380の就航ももうすぐですね。どなたかがブログでアップしてくださるのを楽しみにしています。 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。


*1:ANAの機材を参考にしました。