旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

まるで豪華ホテルのような香港国際空港のファーストクラス・ラウンジ 〜ワンワールド〜

昨年のフライトのおかげで、ワンワールドのエメラルドになりました。今年は、その恩恵を受けながら旅を楽しみます。まずは、経由地の香港国際空港のラウンジ。こちらでは、2か所のファーストクラスのラウンジを楽しんできます‼︎

THE PIER

f:id:monteverde-aroma:20180128122320j:plain

まずは、ゲート63番近くにある「THE PIER First Class Lounge」こちらは2015年にオープンした新しいラウンジです。ファーストクラス搭乗者以外にも、ワンワールドのエメラルド会員も利用できます。ファーストクラス旅客しか利用できない、ドーハ・ハマド空港のファーストクラスラウンジに比べると嬉しい対応ですね。

 f:id:monteverde-aroma:20180127133451j:image

エスカレーターかエレベーターで降りると、ゴージャスな空間が広がっていました。入り口でInvitation Cardを渡しますが、その時に「他のラウンジにも行きたい」と伝えると、スタンプを押してくれ、ラウンジポッピングが楽しめます。

f:id:monteverde-aroma:20180128131458j:plain

エントランスを一歩入ると、そこは空港とは思えないエレガントな空間が広がっています。まるでラグジュアリーホテルのよう。

マッサージ

f:id:monteverde-aroma:20180128134633j:plain

このラウンジでのおすすめは、15分間の無料マッサージ。肩や首、足など、3種類のメニューから好きなものを選ぶことができます。予約制ですが大人気のため予約が取りにくいので、まずはこちらでの予約をおすすめします。私は18時に入って、20時15分の予約が取れました。ボーディングぎりぎりでしたが、パース行きのゲートが同じ60番台と近かったので受けることができました。 

シャワールーム

f:id:monteverde-aroma:20180128124908j:plain

マッサージの時間までにシャワーを浴びてゆっくり待つことに。シャワールームは全部で14室あり、こちらは待たずに利用できそうです。

f:id:monteverde-aroma:20180128124948j:plain

アメニティは、AĒSOP(イソップ)オーストラリア・メルボルン発祥のスキンケアブランドです。

植物成分を最大限に活用し、選び抜かれた原料の組み合わせによってもたらされる高い効果と心地よい使用感がイソップ最大の特徴。

https://www.vogue.co.jp/tag/brand/aesop

シャンプーの成分は、ラベンダーやローズマリー、ティートゥリー、ユーカリオイルが配合されていて、頭皮を保護して髪を優しく洗い流してくれます。ノンシリコンシャンプーですが、きしみを感じません。成分だけでなく、環境にも配慮したアロマテラピストおすすめのシャンプーです。ボディソープも優しい柑橘系の香り。洗いあがりはスッキリ+しっとりで保湿効果もあるようです。こんないいアメニティを使っているラウンジは少ないかも!!

f:id:monteverde-aroma:20180128131016j:plain

AĒSOP(イソップ)のハンドクリームなどはお手洗いでも体験できます。う~ん、贅沢です。

 

イソップ(Aesop) NT シャンプー 500ml[並行輸入品]
 
イソップ Aesop CL コンディショナー 500mL [並行輸入品]

イソップ Aesop CL コンディショナー 500mL [並行輸入品]

 

 

Day Suites

f:id:monteverde-aroma:20180128123238j:plain

すっきりした後は、仮眠用のベッドがある半個室で少し休みます。香港弾丸観光で疲れた身体には嬉しい空間です。先ほどのマッサージなどを予約するカウンターで案内をお願いします。カーテンを下すと暗くなりますが・・・

f:id:monteverde-aroma:20180128123002j:plain

せっかくなので、外の景色を楽しみました。大きな窓からは飛行機が見えます。私が出発する時に丁度、エミレーツ航空もブロックアウトしていきました。こちらからキャプテンに手を振ったらみえるのかしら?

バーカウンター

f:id:monteverde-aroma:20180128134850j:plain

落ち着いた感じのバーカウンター。すぐそばにはサンドイッチやマンゴープリンが用意されているお部屋もあります。この時はスタッフの方がおらず、皆さん思いのままにシャンペンなどを注いで楽しんでいました。

ダイニング

f:id:monteverde-aroma:20180128125022j:plain

THE PIERには軽食のコーナーやバーカウンターもありますが、おすすめはダイニング。こちらは、帰りに立ち寄った時に頂いたものですが、朝から3種類のシャンペン(バロン・ド・ロスチャイルド、ヴーヴクリコ、モエ・シャンドン)が用意されていました。白ワインも5種類、赤ワインは4種類など、お酒類もとても充実しています。

f:id:monteverde-aroma:20180127133613j:image

 点心付きのチャイニーズの朝食。ペニンシュラホテル監修のお食事はどれも美味しく、ここで滞在したいくらいでした(笑)。ワッフルも外はサクサク、中はふっくら、美味しかったです。

f:id:monteverde-aroma:20180127133626j:image  

THE WING

f:id:monteverde-aroma:20180128134734j:plain

もう一つのラウンジはゲート2番の近くにあります。こちらはビジネスクラスのラウンジと入り口は一緒ですが、二階に上がるとファーストクラスラウンジに案内されます。落ち着いた雰囲気のTHE PIERに比べると、明るく開放感があるラウンジです。入ってすぐにちょっとバブリーな感じ(笑)のシャンパンバーがあります。シャンパンの銘柄はTHE PIERと同じでした。

THE CABANAS

f:id:monteverde-aroma:20180128134506j:plain

THE WINGのおすすめは、バスタブにゆっくり浸かれる完全個室です。5室しかなく使用時間は1時間半と長いので、空いているかどうかは運次第ですが。ちょうど、この時は空いていて使うことができました。こちらのアメニティはジュリーク。オーストラリアのアロマブランドの製品で、サッパリ&しっとり♪ バスタブに浸かっていると、空港にいることを忘れてしまいそうです。

軽食ビュッフェ

f:id:monteverde-aroma:20180128141012j:plain

解放感がある大きな窓から飛行機を見ながら軽食とサンドイッチ(オーダー制)をいただけるコーナーがあります。窓側にはロングテーブルがあるので、飛行機の離発着を見ながら、お酒やお食事がいただけます。

ダイニング

f:id:monteverde-aroma:20180128140942j:plain

もちろんレストランのようなダイニングもあります。こちらでは名物の担々麺(汁なし)をいただきました。空港によって少しずつお味は違うようですが。。。私にはわかりませんでした(笑)でもとっても美味しかったです。夫は、ステーキ。焼き具合もオーダー通りで、こちらもとっても美味しかったです。流石はラグジュアリーホテルの監修です!

f:id:monteverde-aroma:20180128134605j:plain


ビジネスクラスのラウンジ

ビジネスクラスのラウンジもとてもゴージャスです。こちらもどうぞご覧くださいね。

ameblo.jp

ドーハか香港か?

香港国際空港のラウンジ巡りはいかがでしたか?THE PIERとTHE WINGは離れているので、徒歩だと15分程かかりますが、シャトルを使うと楽々移動できます。乗り継ぎ時間がもっとあればいいのに!と思ってしまう楽しい場所でした。ドーハの空港も素敵なのですが・・・

www.monteverde-aroma.com

 

ドーハは行き過ぎてしまったからでしょうか(笑)でも、ラウンジサービスのバラエティとお食事の美味しさでは、ドーハの空港より香港の方がいいかな。香港乗り継ぎ時のラウンジホッピング、クセになりそうです。これからは、香港経由にしようかな。

 

 

今日もご覧いただきありあとうございました。