旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

白い美術館

今週のお題「雪」

久しぶりにお題について書いてみました。夏よりは冬、雪景色が似合う場所です。

f:id:monteverde-aroma:20190215174608j:image

アクセス

f:id:monteverde-aroma:20190215174536j:image

新青森駅からタクシーで10分、そこには、入場者数300万人を7年で達成した人気の美術館があります。

f:id:monteverde-aroma:20190215174602j:image

時間が合えば、バスもあります。1時間に一本くらい運行しています。

アクセスマップ | 青森県立美術館

青森県立美術館

f:id:monteverde-aroma:20190215174618j:image


青森県立美術館は、隣の「三内丸山縄文遺跡」の発掘現場から着想を得て、設計されました。発掘現場のトレンチ(壕)のように、地面が幾何学的に切り込まれています。


f:id:monteverde-aroma:20190215174512j:image

建物の入り口まで、サクサクの雪の上を歩いていきました。こういう雪なら嬉しいです。

f:id:monteverde-aroma:20190215174552j:image

案内表示は「青森フォント」という独特な文字でまとめられています。

f:id:monteverde-aroma:20190215174557j:image

館内も白で、不思議な空間が広がっています。展示品は、棟方志功など郷土の作家からシャガール、マチス、レンブラントなど海外の作品も楽しめます。

f:id:monteverde-aroma:20190216111848p:plain
f:id:monteverde-aroma:20190216111901p:plain

http://www.aomori-museum.jp/ja/exhibition/101/

この迫力は何度見ても素晴らしいと思います。シャガール「アレコ」全4作品の完全展示は、2021年3月頃(予定)だそうなので、展示期間中にもう一度行きたいと思っています。

あおもり犬

f:id:monteverde-aroma:20190215174612j:image

郷土の作家、奈良美智氏によって建築された「あおもり犬」。常設展示室からつながる屋外トレンチに設けられた高さ8.5mの立体作品です。季節によって帽子をかぶっていたりするようです。

カフェ「4匹の猫」

f:id:monteverde-aroma:20190215174547j:image

 6月1日 - 9月30日 10:30 - 17:00

 10月1日 - 5月31日10:30 - 16:30

ラストオーダーはそれぞれ閉店の30分前です。

f:id:monteverde-aroma:20190215174542j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190215174518j:plain

青森の食材を使ったお料理を楽しめますが、他の方のブログでおすすめだったカレーにしてみました。

入場料と開館時間

 入場料 大人510円(2019年2月現在)

 6月1日 - 9月30日 9:30 - 17:00 (入館は16:30まで)

 10月1日 - 5月31日 9:00 - 18:00 (入館は17:30まで)

 休館日

毎月第2、第4月曜日 (この日が祝日の場合は、その翌日)・年末

最新のスケジュールはこちらで確認できます  

http://www.aomori-museum.jp/ja/schedule/calendar/

 

観覧料無料の日

平成31年2月24日に天皇陛下御在位三十年記念式典が行われます。当館では天皇陛下御在位三十年を記念する慶祝事業の趣旨に賛同し、コレクション展の観覧料を無料といたします。記念すべきこの日に、みなさまのご来場をお待ちしております。http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1766.html

 2019年2月24日(日)6月1日 - 9月30日 9:30 - 17:00 (入館は16:30まで) 

まとめ

スタッフの方のユニフォームもとても可愛い美術館です。ボランティアを募集しているので、近所だったら(ユニフォーム目当てに)応募したいくらいです。青空と白い雪の中にポツンと建っている美術館、本当に素敵な場所でした。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。