旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

BAの特典航空券は国際線もお得 for プサン

友人と特典航空券を使ってプサン(PUS)に行ってきました。 

f:id:monteverde-aroma:20190212194022j:plain

特典航空券BA vs JAL

出発2か月前に、土~月曜日の日程での航空券を探しました。そのときのエコノミークラスの最低価格は、約43,000円。残り1席だったので、特典航空券で行くことにしました。

ー BAの特典航空券

出発当日と前日を見てみると、行きは夜の便の21時着(しかもビジネスクラス)しか空いていませんでした。迷った末、前日の夜の便で一人早めに出発することにしました(翌日の夕方の便は大雪の影響で欠航でした)。

行きは9,000マイル*1、帰りは4,500(エコノミークラス)、片道ビジネスなのに13,500マイルで発券できました。ちなみに、私は片道ずつ発券したので、燃油サーチャージは、3,910円(行き)+3,320円(帰り)=7,230円でした。

これはJLで発券した場合も同様ですが、ワンワールドの特典航空券のいいところは、片道ずつ発券できることです。国によっては燃油サーチャージを安く抑えることもできます。ただ、キャンセルした場合、それぞれの航空券のキャンセル料がかかってしまうデメリットはありますが。

ー JAL特典航空券

これまでのJAL国際線特典航空券ではキャンセル待ちになるような場合でも、追加のマイルをいただくことで、特典航空券としてご利用いただけるサービスです。https://www.jal.co.jp/jmb/award_renewal/index.html

2018年12月4日からJALでは、空席によって変動する特典航空券PLUSが導入されています。彼女は一般会員ですが、週末でキャンセル待ちになるような状態でも特典航空券が発券できたようです。しかし、往復が35,000マイル(燃サ:7,500円)! 昔は12,000マイルくらいで往復できた気がしますが・・・。

JALの機内のようす

ここからは、行きの機内のようすです。

f:id:monteverde-aroma:20190212202240j:plain

機材はB767-300、座席は1-2-1の並びのSKY SUITEⅡでした。

f:id:monteverde-aroma:20190212193259j:plain

前回乗った長距離線のビジネスクラスよりモニター画面は小さいですが、フルフラットにもなります。

f:id:monteverde-aroma:20190212073058j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190212073039j:plain

サイドテーブルもあるし、化粧ポーチやお水のペットボトルを入れることができる収納スペースもありました。

f:id:monteverde-aroma:20190212073046j:plain

テーブルは前方から引き出すタイプです。

f:id:monteverde-aroma:20190212073052j:image

足元は少し狭めですが、座席のすぐそばに収納スペースがあるので、前回乗った長距離用のビジネスクラスの座席に比べると、はるかに快適でした。前回の様子はこちらでどうぞ  

www.monteverde-aroma.com

機内食 

f:id:monteverde-aroma:20190212193146j:plain

今回のメインはお寿司でした。

f:id:monteverde-aroma:20190212073234j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190212073223j:plain

食前酒は赤ワイン、メインのお寿司にお吸い物と、温かい治部煮が付いていました。味は、え~ま~(笑)。食後は、絶対外さないハーゲンダッツ!

f:id:monteverde-aroma:20190212073228j:plain

いつもカチカチでサービスされます(私はその状態が好きです!)そのカチカチのアイスに熱いコーヒーをかけて溶かしながら頂くのが好きなのですが、今回は・・・

アイスがゆるゆる (´;ω;`)


ちょっと残念でした。

PUS到着

5分程早く着陸し、その後は、沖どめ(オープンスポット)へ。バスでターミナルまで移動しました。旅客降機時、エコノミークラスとの境のカーテンを閉めてくれないので、早く準備して降りないと、後ろから「だるまさんが転んだ」状態で人が押し寄せてきます。バスには早く乗れるのですが、降りるのは遅くなってしまいます。しかし、片道9,000マイルのビジネスクラスなので文句は言いません(笑)。一度体験できたので、次回は、ちょっとカオスな状態を楽しめそうです。

ー 市内までのリムジンバス

f:id:monteverde-aroma:20190212073352j:image

ターミナルを出口3番から出ると、すぐに市内行きのバス乗り場(2番)が見つかりました。バスへの乗り継ぎが心配だったので、今回も手荷物は機内持ち込みにしました。

  • 21:03 バスでターミナル着
  • 21:10 入国審査通過
  • 21:13 バス乗車

思っていたよりスムーズで、予定していたより1便早い、21時15分のバスに乗ることができました。

f:id:monteverde-aroma:20190213102127j:image

1泊目は、できるだけ安く抑えたいと思い、東横インにしました。バス降り場は、上の写真で青く丸した「Jungang-dong(中央洞:チュンアンドン)」です。

f:id:monteverde-aroma:20190212073358j:image

市内までは6,000㌆(約600円)で、現金で乗るときに支払いました。スーツケースは車内に持ち込めます。夜で道が空いていたので、40分程で目的地に到着しました。最後は私一人になって、土地勘もなかったので不安だったのですが、運転手さんが「ホテルはそこだよ」と教えてくれて、無事到着しました。バスはホテルの目の前に着くので、とても便利でした。BA修行でこれからお世話になるルートなので、これで安心です。

ホテル・東横イン釜山駅2

f:id:monteverde-aroma:20190213104536j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190213104544j:plain

(次の日に撮った写真です)
プサンに東横インはいくつかあるのですが、その中でも一番安かった「東横イン釜山駅2」にしました。Booking.comで室料が40,095㌆(約4,000円)でしたが、ホテル払いにしたので免税を受けられ、2,000㌆(200円)帰ってきました。朝食込みでこの値段はいいですね。

まとめ

プサンだけを見てみると、BAだとかなり少ないマイルで発券できました。一方、JALだと、空席がかなり少ない状態でも発券できるようです。かなり追加マイルが必要ですが。時間にゆとりがあって日程を選べる場合はBA、一方、日程が限られている場合は、追加マイルでも可能性が高いJALがいいのでしょうね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

*1:BAではマイルのことをAviosと言いますが、ここではマイルと表記しました。