旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

八甲田樹氷と津軽鉄道ストーブ列車 (2日目)

おもしろそうな格安ツアーがたくさんでています。でも、内容を追っかけた旅行記は少ないかな。安くても内容が寂しいと・・・。で、今回、ツアーの案内書では分からないツアーの細部をじっくりアップしてみました。ツアー2日目はいいお天気で始まり、持ってきたサングラスが役立ちました。お天気のいい日の反射は物凄いですね。

f:id:monteverde-aroma:20180207222319j:plain

2日目の行程

f:id:monteverde-aroma:20180207223507j:plain

朝、カーテンを開けると朝日が山の向こうに昇っていました。向こうには陸奥湾が見えます。お部屋はきれいで、快適で、ぐっすり休むことができました。2日目の日程はストーブ列車の乗車から始まります。

 

馬門温泉-【約90分】-津軽五所川原

-津軽鉄道ストーブ列車【約20分】

-金木-【移動:約5分】-

金木(太宰治の故郷)【散策:50分】

【移動:約60分】-青森空港

【日本航空】-羽田空港(16:55着)

朝ぶろ

http://sanrok-makado.com/spaより

出発は9時半なので、それまでホテルでゆっくりします。もちろん、朝ぶろで!お風呂は、青森ひばの香りが心地よく漂う大浴場と、東屋掛の岩露天風呂がありますが、どちらからも雪景色が楽しめて、朝から気持ちいい!このお風呂、24時間入れるのです。ヒバの香りに柔らかなお湯で、朝食前から贅沢な時間を過ごすことができました。

雪景色

f:id:monteverde-aroma:20180207223518j:plain

お風呂に向かう途中の廊下に大きな窓があります。部屋からは朝日が見られましたが、こちら側からは月が見えていて、とっても幻想的な光景でした。

朝食

f:id:monteverde-aroma:20180208085431j:image

朝はブッフェです。朝は温かいご飯が(おかゆもあり)ありましたが、おかずにインパクトのあるものがなく、満足感が低かったです。お食事に関しては人ぞれぞれですが・・・。

f:id:monteverde-aroma:20180208085521j:image

う~ん・・・。安いツアーなので文句は言いませんが(ちょっと言いました・笑)食いしん坊にとっては、お食事が残念な印象でした。

津軽五所川原駅

f:id:monteverde-aroma:20180208121352j:image

9時半に出発。津軽五所川原駅まで移動して、ストーブ列車に乗車します。列車を待っている間、またまたお買い物。

f:id:monteverde-aroma:20180208085638j:image

中まで赤いリンゴの発祥の地だそうで、ジュースやジャムがあり、つい買ってしましました。

f:id:monteverde-aroma:20180208085708j:image

普通のりんごの花は薄いピンク色ですが、赤~いりんごはご覧の通り綺麗な赤。よく見ると葉っぱも赤く染まっているみたですね。今度は、リンゴのお花を見に来たいです。

ストーブ列車

f:id:monteverde-aroma:20180208085814j:image

(クラブツーリズムHPより)

列車を待っていると見慣れた模様のバスが止まっていました。

f:id:monteverde-aroma:20180208085843j:image

なんと!この日、TRAIN SUITE四季島の乗客の皆さんが、金木方津軽五所川原駅を乗車されるそうで、そのお迎えのバスでした。四季島用の特別列車が普通の列車に連結して走るそうです。

f:id:monteverde-aroma:20180208090119j:image

なんだか懐かしいです。ちょっと四季島ツアー気分で、ストーブ列車に乗り込みます。

f:id:monteverde-aroma:20180205084440j:image 

車内でのお楽しみは、ストーブで炙ってくれるスルメ。アテンダントの女性の方々の見事な手さばきで、スルメがどんどん焼かれていきます。時々、車掌さんも火の調節をしているのが面白い!

f:id:monteverde-aroma:20180205084915j:image

昨今の不漁により、スルメが300円から500円に値上がりしたそうです。友人と、日本酒とスルメを半分こして、雪見列車を楽しみました。でも、乗車時間26分!短すぎます。

f:id:monteverde-aroma:20180205084417j:image 

金木散策

金木に到着したら、またバスに乗り、町中へ。50分ほど散策&お昼ご飯の時間となります。太宰治生家の斜陽館がありますが、自由散策なので入場料は各自で払います。ツアーで20人以上参加者がいる場合は400円になりますが、この日は参加者が少なかったため、通常の500円必要でした。ほとんどの方が写真を撮るだけのようです。

f:id:monteverde-aroma:20180205084333j:image

太宰治記念館「斜陽館」は、太宰が生まれる2年前の明治40年(1907)、父・津島源右衛門によって建てられた豪邸です。和洋折衷・入母屋造りの建物は、米蔵にいたるまで青森ひばが使用され、どっしりした重厚感が特徴となっています。国の重要文化財建造物に指定され、明治期の木造建築物としても貴重な建物。

太宰治記念館「斜陽館」 - 太宰ミュージアムより

ツアーには昼食はついていないのですが、ツアーで用意したレストランでの昼食を別途(1000円と1800円)申し込むことができます。斜陽館の近くには物産館もあり、そこで、ラーメンなどの昼食も自由に取ることができます。でも、私たちは近くのスーパーにお土産を探しに行ったので、昼食をとる時間が無くなってしまいました。なので、バスの中でおやつを頂くことにしました。

お土産

短い時間でしたが、お土産を買う時間はたくさんありましたので、家族に好評だったお土産をご紹介しますね。

青森リンゴジュース

f:id:monteverde-aroma:20180208123529j:image

スタミナ源

f:id:monteverde-aroma:20180208123424j:image

普通の焼肉のタレは乾燥野菜を使用していますが、スタミナ源たれは地元の野菜を生のままふんだんに使っています。素材を吟味して手作業で分別して造り、寝かせて熟成させているそうです。焼肉だけでなく、チャーハンやいろいろアレンジに使えるようでし。青森産のニンニクやリンゴもたっぷり入っていて美味しかったです。 各お土産物屋さんで売っていましたが、金木のスーパー(セールで198円・税別)や、金木観光物産館「マディニー」の前でリンゴなどを売っている出店(200円)が一番安かったです。スーパーで買うと、レジで紙を巻いてくれました。いつものようにプチプチを持って行ったので、補強して持って帰りました。

 

KNK 上北農産加工 スタミナ源たれ 410g

KNK 上北農産加工 スタミナ源たれ 410g

 
スタミナ源たれセレクトB 3本入

スタミナ源たれセレクトB 3本入

 

いかせんべい

f:id:monteverde-aroma:20180208123454j:image

ごま煎餅にソフトさきいかが乗っているお煎餅です。ちょっと甘めのお煎餅とさきいかが癖になる味でした。

南部せんべい

 f:id:monteverde-aroma:20180208123510j:image

 1日目に行った「ゆ~さ浅虫」でカレー煎餅を買って、2日目のスーパーでまとめてパックを買いました。南部せんべい・・・お土産の定番ですが、やっぱり美味しい!

青森のいちご

スーパーで、青森の冬春いちごの「べにほっぺ」を買いました。甘くておいし~。日本のいちごは本当に美味しいです!2パック買って、1パックはバスの中で、もう1パックは持って帰ってきました。つぶれたかな?と思ったのですが、結構しっかりした実で、きれいな状態で持ちかえれました。

 f:id:monteverde-aroma:20180208123548j:image

青森空港

f:id:monteverde-aroma:20180208130156j:image

1時間ほどで空港に到着しました。天候の状況ではもう少し時間がかかる場合もあるそうです。途中で結構お土産をかってしまったので、空港ではコンビニでおにぎりを買っただけでした。2階の出発階にはお土産ものがたくさんあって、買い忘れても大丈夫なようでした。でも、空弁が買いたかったのですが、青森空港には空弁はなく(泣)今回はお食事に恵まれていなかったようです。

ラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20180208130129j:image

青森空港のラウンジは1つしかなく、JALもANAもゴールドカードもみんな一緒です。アルコールは有料ですが、ソフトドリンクは無料です。新しくてきれいなラウンジでした。でも、セキュリティを通過する前にあるので、お気をつけくださいね。知らずにセキュリティを通過してしまい、もどる事に・・・。慣れない空港ではスムーズに行きませんね。おすすめは、やっぱりリンゴジュース!とっても美味しかったです。

おまけ

f:id:monteverde-aroma:20180208091322j:image

帰りの飛行機は条件付きではなかったのですが、ジアイシングという翼に特殊な液をかけて、霜や雪を取り除く作業をやっていました。冬ならではの光景ですね。そして、帰りは、添乗員さんから「4名様だけ、非常口座席でのご協力をお願いします!なるべく若い方にお願いしようと思いますので、勝手に選ばせていただきました」と・・・。若い人かぁ、だめだなあ・・・と思っていると、ラッキーなことに非常口座席になりました!足もとが広いからラッキー♪ 勝手知ってたるB737、「非常時はお手伝いしますよ~」と心の中でつぶやいたのでした。なので、行きも帰りも足元広々で快適に過ごせました。

感想

クラブツーリズムのツアーは評判がいいので楽しみにしていたのですが、口コミどおり、やっぱりいいツアーでした。残念ながら樹氷は見られませんでしたが、ホテルもきれいだったし、なによりお湯がよかったので、大満足です。移動のバスもゆったりとしていて、年配の方が多いせいか、お手洗い休憩も30分~1時間ごとにあって、よかったです。そして、十和田観光バスのガイドさんがとても楽しい方で、旅を盛り上げてくれました。添乗員さんが、そのガイドさんを指名したいとおっしゃっていたように、私もその方のガイドされるツアーにまた行きたい!と思ってしましました。今度は2泊3日で、冬の奥入瀬を体験できるツアーに行ってみたいです。

 

旅日記にお付き合いくださってありがとうございました。