旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

日本の森でのんびり森林浴

お題「もう一度行きたい場所」

 

 海外でもう一度行きたい場所は、フィンランド。気候の良い時期に森林浴を楽しみたいです。

 

www.monteverde-aroma.com

 

そして、日本でもう一度行きたい場所は、奥入瀬渓流。ホテルからすぐの渓流に沿って歩いたり、ツアーに参加して深いブナの森での森林浴。気軽に森林セラピー*1が体験できました。

 

f:id:monteverde-aroma:20171107134413p:plain

 

 

 

奥入瀬渓流について

青森と秋田、両県にまたがる十和田湖、その十和田湖の子の口から焼山までの約14キロの渓流が、奥入瀬渓流です。新緑や紅葉の名所としても有名ですが、四季ごとの美しさや自然を体験できる癒しのスポットです。

f:id:monteverde-aroma:20171107140354p:plain

十和田湖写真1

十和田湖・奥入瀬渓流の魅力 ~深呼吸したくなる十和田湖・奥入瀬~ - 十和田湖国立公園協会

 

 

奥入瀬渓流散策

今回は「星のリゾート奥入瀬渓流ホテル」に泊まりました。ホテルを出て右の方に歩いて行くと、渓流散策が始まります。
 
 
{3B74DCCC-BE91-4F4D-B00C-FA44D7B59E9E}
 
もっと山の中を歩くのかと思ったら、最初は自動車道に沿って歩きます。結構交通量は多いので、気をつけながら進みます。
 
{A032A531-FAA2-411D-AA83-AFED8614F038}
 
ちっちゃなトトロがいそうな感じ。

{2D75F3C2-1A0F-46AF-8020-5DB922908FB7}

{EBFD19E6-1996-4DF9-BF3F-05BBDF40CE7A}
 
途中から渓流側に散策路があります。苔の橋が良い雰囲気ですね。苔を見るアクティビティもホテルにはありましたよ。

{88B800BC-1687-4BBC-BAD5-4B7078D4B728}
 
今日は石ヶ戸を目指します。もののけ?ゆるキャラ? が描かれている看板を目印に2時間くらいゆっくり歩きます

{DDF8DFC3-AEC6-49DB-88AD-F56C5FB81A1F}
 
木の階段を登り深呼吸。身体の隅々までリフレッシュできそうです。

{1082DA49-F32B-4397-AEEF-F584FD9AEC4E}
 
渓流もいい感じになってきました。

{11B7E210-1253-4C31-BAFC-F143494E4DE9}

{19EBD9F9-F34E-462C-8E0A-6C4D2721D128}
 
この橋の辺りから渓流に沿って歩きます。

{46E3A1DE-3A76-47C9-8A0E-E731DBA7F865}
 
蔦うるしの木。ウルシ科なので有毒だそうです。

{11656E81-B00A-44E5-A59C-6D55B3510789}
 
「三乱の流れ」まではホテルからゆっくり歩いて1時間20分くらい。三つの川が合流する地点で、この辺りから奥入瀬渓流らしい景観美が始まります。

{F23FC322-324E-4DED-9059-CA10EC06DF7C}

{47DB9B96-3CB8-4F8B-8127-1B5C578132C7}
 
さらに「石ヶ戸」まで20分。ずーっと歩くと十和田湖に到着するのですが、温泉もゆっくり楽しみたいので、今回はこちらで引き返しました。
 
{4419B765-5C6F-4389-B8B1-3E311F1CC81B}
 
帰りはホテルのシャトルバスで戻ります。渓流シャトルバス(4月15日から11月24日)はホテルと「雲井の滝」の間を1日に12往復あり、途中までバスで行って散策してバスで戻ることもできます。他に、十和田湖までも一往復ありました。十和田湖までは14キロ。次回のお楽しみにしたいと思います。
 

星のリゾート奥入瀬渓流ホテル

お部屋の様子

ホテルのロビーには岡本太郎氏の作品「森の神話」がドーンとあり、まるで絵画のような景色が広がっています。
 
{BAE3B480-9B12-4F10-A955-827925F3E2B9}
 
お部屋はモダンできれい ベッドのマットレスはエアウィーヴだそうです
 
{307540F6-863E-4918-BFE5-E55FAB82AF16}
 
一応、渓流側なのかな。
 
{45DA9F6A-C92B-4479-8A67-062760893295}
 
お部屋に用意されていたものは、作務衣とスリッパ、移動の時に使えるカゴ。冷蔵庫には冷えたお水がありました。
 
{2D247B40-8777-49D2-8595-2205649F54E3}
 

青森リンゴキッチンの夕食

お部屋で一息つく間もなく渓流散策。その後お腹を空かせてのお楽しみの夕食は(他にもプランはありますが)ブュッフェで
 
{A5F1E422-181E-4833-98B2-07E84641E67F}
 
リンゴ尽くしです。リニューアルしたレストランは気の香りがする素敵な場所でした
 
{41D8413A-6D52-446A-9929-31C87B0113F5}
 
こちらの を使ったお食事がいっぱい。
 
{31149A5C-1026-4F77-91AA-4C17F954A5C3}
 
{0C16D577-9D5E-4213-8956-E17379039457}
 
{AA41C579-C8D8-49F9-88EE-C734C173595A}
 
{BDC2ACF4-669A-42B3-BABD-CDD622B29C84}
 
和食・洋食と目にも嬉しいお料理が並んでいます
 
{4A44B3A8-0CF1-4B78-9846-045F8B780A33}
{60F17630-3ACB-4AF2-8A97-99337A083A40}
 
デザートも充実しています!!
 
{989CA86D-BA56-47FC-AA1C-C8277AC8724D}
 
その中でのおすすめは焼きたてアップパイとソフトクリーム。ソフトクリームは自分で作れるので、たっぷりね。
 
{EFDB2677-4CC6-4B4B-BBC9-1F122BB9D7F0}

 

 

モーニングカフェ

朝5時に出発する無料ツアー「渓流モーニングカフェ」は定員50名なので、到着してすぐに申し込みました。シャトルバスで「雲井の滝」まで移動します。
 
{4958EA96-E904-47E0-9245-0F6F6D91DF2A}
 
渓流でコーヒーなんて素敵でしょコーヒー
 
{4DD4DAA7-E601-4008-9490-586A1DF2CADA}

 

青森キッチンの朝食

朝のツアーから戻って朝食会場へ。どれも美味しいのですが、その中でも特に美味しかったベスト3をご紹介しますね。
 
 
1 アップルシナモン・デニッシュ 
 
{B7D54170-DD45-4189-A57F-14A448A4A14F}
 
焼きたてサクサク。 ホテルメイドのアップルシナモンもとっても美味しくて、これを食べにホテルへ又行きたい‼︎ と思いました。なくなると直ぐに補充してくれるので、焼きたて狙ってね。サクサク度が倍増しますよ。
 
 
2 アップルトースト

{31C2A689-3A8D-4782-94E0-AB8961B60A76}
 
アップルシナモンがあるから、こっちはいいかな~?と思っていたのですが、やっぱりいただいてよかったです。美味し〜!!大好きなハニカムハニーをかけてさらに美味し〜。
 
{162F2EBD-27FE-47B0-A7D7-C10448E325E8}
 
 
3 フレッシュりんごジュース
 
{CFCA8796-D2E9-4EBE-998C-DD58A62C99C9}
 
その場で絞ってくれるりんごジュース。分離してしまうので、すぐに飲んでね。

{1B5D54F3-D730-4DDB-8F06-4C42457C0D10}
 
もちろん、定番の朝食メニューも揃っていますよ。焼き魚も脂がのってて美味し〜。そして、その場で作ってくれるオムレツは山芋入りでフワフワでした。
 
{6256EB02-52A0-4858-98C6-616F6353FDD2}
 
 

森の神ネイチャーツアー

最終日は、単木日本一(直径6m)のブナの木、通称「森の神」に会いに行くツアーに参加しました。案内してくれた女性スタッフは、この日の美しい空にぴったりのお名前でした。

 
{4C3A9EB1-1555-44E5-A722-7ACB7687BCBD}
 
{77597097-63A2-49C7-8FB7-9FF714F558F7}
 
車で10分くらい移動して森の入り口に到着すると、クマ出現!

 

{75A6FB15-6E4D-4DF2-83A4-126BCB627D1E}
  
こちらが「森の神」への入り口です。でも、本当にツキノワグマがいるそうですよ。準備のいい方は、クマベルとクマスプレーを用意していました。ここからは人が踏み固めた道を進みます。
 
{448F4437-CEF3-4880-A0EC-C3785290F47D}
 
ブナの森といえば白神山地が足元はブナの有名ですがこちらも素敵。足元は落ち葉でモフモフしています。
 
{5A52CDAE-7A2F-4AA7-8318-212572C9281C}
  
ネイチャーガイドさんが若いトチの実を見つけてくれました。
 
{41641463-8584-4714-823A-2F46D08F1E87}
  
普通は茶色になって落ちるみたいですよ。
 
{BF3AB582-C648-4CBA-A337-DD9466260307}
 
(ちょっと見づらいですが)表が裏面のようになっているシダ
 
{F352D335-0845-41D4-9209-8FF977E1B54D}
 
 
{34C1630A-C606-4A5E-BDD2-A4B021CE5B5B}
 
 親シダは子の栄養になり成長を見届けて枯れていきます。下の方の茶色の部分が親ね。
 
{FBE7499A-82B8-41D8-B1D4-67023FEAAD94}
 
自然の中での理科の授業のようで楽しかったです。そんな楽しいお話を聞きながら、到着。
 
{78659F56-B44D-44C4-BDDC-57A028C3F05F}
 
 幹が三本に分かれています。昔からきこりの間で3本に分かれた巨木を神様としてあがめたり、三つ又の木は重心の見極めが難しく伐採に危険が伴うため「三つ又の木は伐るな」といわれてきました。このため、このブナは「森の神」として残されてきたようですよ。森の神の周りの気をいただき、リフレッシュ。
 
{60D3C808-2D68-4207-9659-5E61B3EADD7F}

 

森の神は樹齢400年、下の写真の若葉は赤ちゃんブナの木。 

 

{3D559285-680F-4482-A00E-136E5BFF3CB3}
 

「早く大きくなってね」と言えないのがブナの木なのです。なぜなら、ブナの木は成長が遅く水を含みやすいので材木としては使いづらく、たくさん伐採されて、代わりに成長の早い杉の木が日本全国で植林されました。来る途中で杉の木も見ましたが、ここでは、花粉症の方も全然症状がでないそうですよ。杉もストレスがないのね。そして、「森の神」の側でクロモジの木があるのを教えてもらいました。

 
{F1D1A452-390D-4514-B9CB-6F13A2C95F1C}
 
枝を擦ってみると、西洋のローズウッドに似た爽やかで甘い香りがします。
これは?
 
{BBD8C396-61E4-4807-B243-A383EBEEE850}
 
オトシブミという昆虫のゆりかごです。中には卵が入っています。お母さんオトシブミが生育場所と食べ物を用意してくれたのがこの形。器用にクルクルまいて子孫を残しそうですよ。
 

 温泉でゆっくり

東の湯

 奥入瀬渓流ホテルには自然に囲まれて入浴できる3種類の温泉があります(温泉の写真はホテルのHPからお借りしました)先ずは気になっていた東館。こちらは内湯と露天風呂があります。

 

 

なぜ気になっていたか、お分かりですか。私が行った6月は、日本産精油のスーパースター、爽やかな香りのクロモジのお湯なのです。クロモジの樹皮には芳香成分の含有率が多く、小枝などを折ると香りがすることから「疲れを癒す木」として知られています。夜、眠れないときにもいいですよ。さらに、血行を促進させる効能があり、神経痛、肩こり、腰痛、冷え性などに効果があると言われています。お肌には保湿効果、皮膚のハリ回復が期待されます。ちょっと熱めのお湯だったので皆さん早めに出て行かれましたが、私はゆっくり効能を味わっていました。

 

 

西の湯「眺望風呂」

八甲田の山々が視界に飛び込んでくる開放感溢れる大きな窓の浴室です。

  

 

露天風呂(混浴の時間あり)の「九重八重の湯」 

ほんのり白いにごり湯に心も体もほぐしながら、間近に流れ落ちる名瀑「九重の瀧」を望む混浴露天風呂です。

 

{867A0E7C-A3A0-4164-AC7B-69D7A986CBFE}

(お風呂場は厳しく撮影禁止が徹底されていますので、入り口だけパチリ)

 

 

こちらの温泉は、女性用・男性用・混浴の時間があります。混浴の時間でも大丈夫。 男性、女性ともに湯浴み着を用意されているので気兼ねなく入浴が楽しめますよ。

 

 

この温泉はシャトルバス(1時間に1本くらい)で5分ほど行ったところにあります。

 

 

同じバスに乗っていった人同士帰ってくる感じなので、なんとなく和気あいあい。少し雲がかかっていましたが月あかりが邪魔しない星空を楽しめる夜でした。なので、バスの運転手さんのご厚意で、少し寄り道してくれ、みんなで天の川を見ました。

 

高級な星のリゾートのイメージではないけど、宿泊者に楽しんでもらおうとする気持ちが伝わってくるホスピタリティはやっぱり星のリゾートね。

 

 

奥入瀬渓流への行き方

JRバス

公共交通機関を利用の場合は、まず、奥入瀬渓流の入り口・焼山を目指します。

 

 

f:id:monteverde-aroma:20171107135604p:plain

 

 

青森・八戸−奥入瀬渓流・十和田湖 (路線バス)平成29年4月10日〜平成29年11月12日の時刻表 | 路線バス | JRバス東北【公式HP】|高速バス 仙台−新宿 3列シート車3000円〜

 

アクセスや奥入瀬渓流の楽しみ方は「十和田湖国立公園協会」のHPをご覧くださいね → 十和田湖・奥入瀬方面へのアクセス - 十和田湖国立公園協会

 

星のリゾート奥入瀬渓流の無料バス

おすすめは、奥入瀬渓流付近に泊まってゆっくり散策を楽しむこと!今回は「星のリゾート奥入瀬渓流」に宿泊したので、新青森駅から無料送迎バスが利用できました。他には、JR八戸駅、青森駅、そして青森空港からも送迎がありますよ。

 

www.oirase-keiryuu.jp

 

 

まとめ

いかがでしたか?奥入瀬渓谷は四季を通して、様々な楽しみ方があるそうです。今回は1泊だったので遠出することができなかったのですが、次回はぜひ、十和田湖まで足を延ばしてみたいと思います。ご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

*1:癒し効果が科学的に検証された「森林浴効果」です