旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

【台南】果汁100% の特大マンゴーかき氷

 台湾の旅行記にお付き合いくださってありがとうございます。今回は、夏に台南に行きたい‼︎ そして、マンゴー好きな方におすすめの場所をご紹介します。

f:id:monteverde-aroma:20180506093209j:plain

玉井

台湾南部の街「玉井」には、日本でおなじみの愛文マンゴーはもちろん、いろいろな種類のマンゴーに出会える場所です。中心部から少し離れていますが、市内からはバスで簡単にアクセスできます。

玉井までの行き方

f:id:monteverde-aroma:20180426065145j:image

玉井までは「興南客運」の「綠幹線(台南→新化・望明→玉井)」バスに乗ります。臺南火車站(台鉄台南駅)の西側(前側)にある円状のバスターミナルからです。バスターミナルは、北站(北バスターミナル)と南站(南バスターミナル)に分かれています。

 

乗り場と料金

f:id:monteverde-aroma:20180506103655j:image

玉井行きの綠幹線は、北バスターミナルのセブンイレブン前から出ています。バスは、15~30分に1本の間隔で運行していて、料金は片道119元。悠遊カード利用で93元になりました。カードは、乗車時にピッ!っとタッチすればOKです。バスの車体は緑の場合が多いのですが、時々、白い車体のものもあります。

Google マップ

 

時刻表

時刻表と運賃は「興南客運」のHPで調べることができます。

www.snbus.com.tw

 
私は、スマホアプリの「台灣公車通」をダウンロードしていきました。あとどの位で着くかが分かって良かったです。中国語だけなのですが、時刻表も出るので便利ですよ。
(DL&使用責任は各自でお願いします)

 

アプリの使い方

f:id:monteverde-aroma:20180506104445j:image

「綠」を選んで、「臺南ー玉井」をクリックすると、下の写真の画面になります。

f:id:monteverde-aroma:20180506104452j:image

「i」マークをクリックすると、下の写真のような時刻表が出ます。

f:id:monteverde-aroma:20180506105258j:image

f:id:monteverde-aroma:20180506105623j:image

 

新化営業所

1時間くらいで玉井に着きます。途中、興南客運の新化営業所へ入って行きます。みんな降りて行って不安だったのですが、玉井が終点なのでそのまま気にせず乗っていて大丈夫でした。玉井のバスターミナルは冷房もあり、涼むことができます。きれいなお手洗いもありましたよ。

Google マップ

 

玉井に近づくと、マンゴーの畑が見えてきて、テンションがあがります!町にもマンゴーのオブジェがありました。市場もあり、獲れたてのマンゴーも買えるのですが、行ったのが最終日だったので食べきれないと思い、今回は断念。悲しいですが、マンゴーは日本に持ち込めないのです(泣)。

f:id:monteverde-aroma:20180426065208j:image

有間冰舖

f:id:monteverde-aroma:20180506082245j:plain 

玉井の有名店「有間冰舖」は2店舗あります。中華路と中正路の交差点にある新しい2階建てのお店(上の写真・クーラーあり)と、中正路の薬局の隣にあるお店(下の写真・クーラーなし)です。

f:id:monteverde-aroma:20180426065223j:image

メニュー

f:id:monteverde-aroma:20180506091625j:image

お店の入口にレジがあり、そちらで注文&支払いをします。メニューに水性ペンで書き込んで注文する方式でした(写真は2016年のものです)。

*もしメニューに「暫停供應」と書いた紙が貼ってあったら「売り切れ」の意味です。

 

芒果無雙

f:id:monteverde-aroma:20180506091735j:image

おすすめは「芒果無雙」。マンゴー果汁100%を凍らせた氷で作ったかき氷です。日本語でのおすすめもありました。写真は2016年のものです。2017年は、小(120元/約440円)、大(180元/660円)、特大(770円)になっていましたので、2018年も少し変わってくるかもしれません。

f:id:monteverde-aroma:20180506084020p:plain

台湾ナビさんによると、 右の白いお皿の氷が「芒果無雙」だそうですよ。

有間冰舖(台南市) | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

  

f:id:monteverde-aroma:20180426065237j:image

氷を入れては固め、また氷を継ぎ足しては固め・・・を繰り返しています。

f:id:monteverde-aroma:20180426065345j:image

できあがり!こっちは、夫の分(小)です。

そして、私は・・・

f:id:monteverde-aroma:20180426065314j:image

特大(笑)! 

f:id:monteverde-aroma:20180426065347j:image

お店で一番人気の「芒果無雙」は、自家製の100%マンゴージュースのふわふわかき氷の上に新鮮な愛文マンゴーの塊がのっかり、土マンゴーの情人果(黄緑のドライマンゴー)や濃厚なマンゴーペーストがかかっています。そして、一番上にはマンゴーアイス。特大サイズは、アイスが3個ものっています。

 

これだけ大きなかき氷を食べても、キーンとならないのが嬉しい♡ 味は、見たままのマンゴー!1時間かけて食べに行ってよかったです。この時は、もう当分マンゴーかき氷を食べなくていいかな!?と思っていたのですが、この時期、マンゴーかき氷の写真をあちこちで見かけると、また食べに行きたくなります。

 

 台南市玉井区中正路152号、154号 

 (06)574‐7130, 9360 

 土日:08:00~21:00 平日:08:00~20:00 

 現金のみ

 *年中無休ですが、お休みの場合はFacebookで知らせてくれるそうです。 

 

帰りのバス

f:id:monteverde-aroma:20180426065341j:image
玉井から台南市内への帰りも、セブンイレブンの横のバス停から乗ります。なので、玉井往復は、「セブンイレブン前から乗る!」覚えておけば簡単ですね。 

まとめ

マンゴーかき氷は1年中提供されているそうですが、愛文マンゴーの時期が終わると、ちょっと酸っぱい金煌マンゴーを使用し、新鮮な金煌も終わると、冷凍した愛文を使用するとのことでした。なので、8月末までに行かれることをおすすめします。自分のお腹の強さを実感した(笑)、マンゴーざんまいの旅でした。