旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

2月のカナダ旅行 ~バンフからレイク・ルイーズへ~

バンフ2日目もいいお天気。(変な表現ですが)氷点下が寒く感じない気候でした。

f:id:monteverde-aroma:20190304075114j:image

サプライズコーナー

f:id:monteverde-aroma:20190307085236j:plain

ホテルからバスで10分くらいで、ホテルの全景が見られる場所(サプライズコーナー)に来ました。雪が積もった階段を上ることになるので、結構大変でした。

ビックリしたことがもう一つ。かなり離れているのですが、ホテルのWifiが飛んでいた事です。別の意味でもサプライズコーナーでした^^

f:id:monteverde-aroma:20190304075147j:image

アイスフィールドパークウェイ(国道93号線)に沿ってドライブがが続きます。一面の雪・雪・雪・・・ですが、凍っていない川もありました。水蒸気が朝の光に照らされてとてもきれいな景色でした。

f:id:monteverde-aroma:20190304075054j:image

朝6時頃は−16℃でしたが、日中は−5℃位になるそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190304075308j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190304075206j:plain

きれいな水にパウダースノー。美しいカナダの冬の旅行になってよかったです。

レイク・ルイーズ

f:id:monteverde-aroma:20190304075248j:image

バスで移動したあと、駐車場から雪道を歩いてレイク・ルイーズへ。

f:id:monteverde-aroma:20190304075047j:image
ロッキーの宝石と称されるルイーズ湖。夏も美しいのですが、一帯が雪に包まれる真っ白な冬の時期も幻想的な景色が広がっていました。湖に面したホテル「シャトー・レイク・ルイーズ」では、毎年1月下旬に氷の彫刻の大会「アイスマジック・フェスティバル」が開催されています。その名残がありました。

f:id:monteverde-aroma:20190304075107j:image

湖にはアイスリンクもあり、一部歩けるようになっていました。湖の向こうには氷河がみえます。毎年だんだん小さくなっているようですが。

f:id:monteverde-aroma:20190307113126j:plain

https://www.photo-ac.com/

ちなみに夏のレイク・ルイーズです。湖畔のホテルに泊まってゆっくりするのもいいですね。

Google マップ

お昼ご飯

f:id:monteverde-aroma:20190304075014j:image

バスの中か外の好きな方で食べていいとのことでしたので、22人中7人だけが外に出ました。せっかくのいいお天気なのにもったいないな・・・と思っていましたが、展望台にあったベンチは10人が精いっぱいな感じだったので、全員降りたら大変だったかもしれません。

今回参加したツアーは初めて遂行されたようで、すべてが行き当たりばったりな感じでした(笑)。今回問題だった部分が今後改善されるようです。私たちは実験台!?まあ、個人旅行で来て、いろいろ連れて行ってもらえると考えれば問題はありませんでしたが。

f:id:monteverde-aroma:20190304075300j:image

添乗員さんとガイドさんたちが美しい山なみを正面に見られるように座っていたので、ツアー客は山を背中に食事することになってしまいました。私は、景色を見たかったので、テーブルを背に、積雪をテーブルに食べることにしました。

f:id:monteverde-aroma:20190304075034j:image
おにぎりとおかずのお弁当です。とっても寒そうな写真ですが、お天気がいいので全然寒くなく、かえって気持ちよかったです。

f:id:monteverde-aroma:20190304075120j:image
展望台に案内もがありました。はい、これを読みながら景色を楽しみます。

バンフの町並み

f:id:monteverde-aroma:20190304075241j:image

最後はダウンタウンでお土産物屋さんに寄って、しばし自由行動です。

f:id:monteverde-aroma:20190304075101j:image

町にはレストランもたくさんあるし、スタバやマクドナルドも木目調でおしゃれな感じです。スーパーもあるので、メイプルシュガーとメイプルキャンディー、お部屋で食べる夕食を買いました。

 

次は、この度のハイライト、自然美が作り出す幻想的な世界をご紹介します。

最後までご覧いただきありがとうございます。