旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

ロンドンのお土産を買うには町中と免税店のどっちがお得?

ロンドン旅行のお土産は、市内と空港の免税店の2カ所で買いました。一般的には、空港の免税店の方がお得な気がしますが、イギリスは少し違いました。

f:id:monteverde-aroma:20181218085424p:plain

イギリスの税金

イギリスの消費税は、VAT(Value-added tax)と呼ばれ、0%・5%・20%の3種類に分けられています。基本の生活に必要と考えられているもの(食材や赤ちゃん用品など)、福祉関係のサービスなどには、0%、5%の軽減税率が設けられています。

お土産を買うときに関係するのは、0%か20%か!? このことを頭に置いて、お得に買い物したいと思いますが、その境目を見つけるのがなかなか困難です。なぜなら、 

  • 0%…ほぼ全ての食材、ベビーフード、ペットの餌、植物の種など
  • 20%…アルコール類、水を含むソフトドリンク類、お菓子やスナック、飲食店での食事など。

だからです。

今回お菓子をたくさん買いましたが、ビスケット、ケーキ類は「高消費品」として0%課税(つまり非課税)になりますが、チョコレートは「treat(贅沢品)」とみなされて、20%の課税となります。

チョコチップ入りのクッキーは?チョコレートの割合によって、0%になるものもあれば、20%になるものもあるとかで、基準が良くわかりません。

f:id:monteverde-aroma:20181212135452j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181212135717j:plain

町中のフォートナム&メイソン(Fortnum&Mason)で買った高級カヌレは、非課税でした。コンビニで買う、100円のチョコには20%の税金がかかるそう。

また、クリスピークリームのドーナッツを1個買ったら、異常に高く…。課税されていました。1個だと飲食店での食事と判断され(たとえ持ち帰りでも)20%の課税となるそうです。一方、6個以上買った場合は、持ち帰りと判断され、非課税となるそうです。

免税手続き

EU以外に出国すること、未使用であることを条件に、免税手続きを行うことができます。20%の課税に対して、手数料などが引かれて、10%ほどが戻ってきます。第3ターミナルで行う免税手続きは、思っていたより簡単でした。その流れをご紹介します。

f:id:monteverde-aroma:20181218142054j:image

ホテルからのツアーバスは、ターミナル3の「D」に着きました。ここから入ると、JALのカウンターに近いようです。カウンターに行く前に、免税手続き(TAX REFUNDS/タックスリファンド)をするため、右の方向に進みます。

f:id:monteverde-aroma:20181209230854j:image

ヨーロッパの免税会社は、グローバルブルーとプレミアタックスフリーの2種類があるのですが、どちらも同じ場所でできるのには、ビックリしました。これはとても便利です。通常は、別々に手続きしなくてはならず、面倒なので。
免税手続きのカウンターは、出国審査後にもあるのですが、買ったものをスーツケースに入れたい場合は、こちらがおすすめです。手荷物で機内に持ち込んでもOKです。

f:id:monteverde-aroma:20181218142109j:image

今回は、早朝のJAL便利用で、空港に着いたのが6時過ぎだったので、免税手続きのカウンターにはほとんど人はおらず、5分程で終了しました。その後、搭乗手続きをしました。

f:id:monteverde-aroma:20181218142102j:image

ワンワールドのエメラルド会員なので、Firstカウンターでチェックインできました。囲いだけなんか豪華なのですが、中は普通です(笑)。その後、1階上がり、出国審査を受けます。といっても、機械に搭乗券のバーコードを読み取らせるだけで、出国完了!そして、厳しい手荷物検査にすすみます。

point 手荷物検査では、100ml以下の液体類はジップロックの袋にまとめて入れますが、きちんと袋が閉められていないと他の荷物を全て検査されるそうです(添乗員さん談)

ツアーなのでなんかあったら、他の方に迷惑かけるなぁ、とちょっと不安だったのですが、拍子抜けするほどスムーズに通過できました。

空港で買ったもの

  • 香水
  • クッキー
  • バッグ
f:id:monteverde-aroma:20181209231032j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181209231012j:plain

Jo Malone(ジョー・マローン)の香水は、39ポンド(5,655円)*1と、町中より8ポンド(1,160円)お得でした。

 


f:id:monteverde-aroma:20181219130142j:image

f:id:monteverde-aroma:20181219130136j:image

カタール航空の機内に搭載されているWalkersのクッキー。

チョコレートクッキーは課税?チップの量が少ないので非課税?グレーゾーンだったので、免税店で買いました。

 

f:id:monteverde-aroma:20181205005010j:image

ハロッズではバッグを買いました。

f:id:monteverde-aroma:20181205005017j:image

大きいものは15.80ポンド(税引前£19)、小さいものは14.15ポンド(税引前£17)でした。どちらも免税なのですが、引かれている率が違いました。

紅茶は課税?非課税?

f:id:monteverde-aroma:20181209230833j:image

欲しかったリコリス(スペインカンゾウ)の紅茶とピーナッツバターは、ホテル近くのスーパー「Lidl(リドル)」*2で買いました。レシートを見ると、紅茶とピーナッツバターには税金がかかっていません!しかし、化粧用コットンには、しっかり20%課税されていました。さすがイギリスですね。紅茶は非課税のようです。

f:id:monteverde-aroma:20181205005132j:plain

別のお店で紅茶を買ったときのレシートにもしっかり「VAT Total:£0.00」の表記がありました。

町中で買ったもの

f:id:monteverde-aroma:20181205005140j:image

フォートナム & メイソンで買ったチョコレート(20個)、クッキー、ジャム、ハチミツ。チョコレートのが入っているので、お店での会計時に免税書類をお願いしたのですが、「非課税」だと言われてしまいました。チョコレートだけどたくさん買ったから???レシートは、税率が書かれているタイプではなかったので、良くわかりませんでした。

パッキング

f:id:monteverde-aroma:20181219141828j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181210002123j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181210002141j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181210002149j:plain

今回も瓶類をたくさん買いましたが、クッション材でカバーして、洋服でまいて、プチプチで巻いて、スーパーの袋に入れて、スーツケースに入れて帰ってきました。ので、漏れもなく、問題ありませんでした。

まとめ

f:id:monteverde-aroma:20181212103806j:plain

https://fortnumandmason.co.jp/

久しぶりのロンドンでお買い物も満喫できました。4年前に行ったと比べて50円も円高になっていたので、ついお買い物をしてしまいました。でも、20%の課税でのお買い物はできるだけ避けたいと思って、色々調べてみました。

【町中で買ってよかったもの・0%課税】

  • 紅茶・ハーブティ
  • (チョコが入っていない)クッキー
  • ハチミツ
  • ジャム・ピーナッツバター
  • マスタード

【免税店で買ってよかったもの・20%課税】

  • ハロッズのバッグ
  • 香水

紅茶や調味料などは0%課税なので、街中の大きなお店でじっくり時間をかけて選ぶことができ、欲しかったハロッズのバッグは空港で。お得にお買物ができたと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

*1:2018年12月現在、1ポンド=約145円

*2:ドイツの激安スーパーです。