旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

無料トラム&徒歩で楽しむメルボルン散策

今週のお題「好きな街」

日本から直行便で行けるオーストラリアの都市、メルボルン。この街には、エコノミー旅行の味方の無料トラムが走っています。今回は、そんなトラムに乗って、市内観光してみました。交通費ゼロの散策です。

P1070482

メルボルンのトラム

f:id:monteverde-aroma:20181003061029j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181003061022j:plain
トラム(路面電車)に乗るには、Myki(マイキー)カードを利用します。日本の交通カードに似ていますが、乗車時のみ車内の読み取り機にタッチオンさせます(降車時は不要です)。料金がかかる路線でタッチオンせずに乗車していると、罰金対象となります。
近づいてきたトラムに向かって手を挙げて合図して乗車。降車時はブザー、もしくは紐を引いて知らせ、ドアのボタンを押して降ります。

メルボルントラムのネットワークについてはこちらでご覧ください 

 https://melbourne-style.com/wp-content/uploads/2017/02/Tram-Network.pdf

ー フリートラム・ゾーン

2018-05-19_09h42_13

PTV-Free-Tram-Zone-Map.pdf

このトラムが走るメルボルン市内には、フリートラム・ゾーンがあります。そのゾーンを走るトラムに乗るときだけは、Mykiカードを持っていなくても大丈夫です(ゾーンから外れると追加料金が必要です)。フリートラム・ゾーン内は乗り降りが自由です。

フリートラム・ゾーンには、見どころが集まっているので、無料でトラムに乗って市内観光することができるというわけです。

シティ・サークルトラム(No.35)

20181002181159

特に、おすすめなのが、シティ・サークルトラム(No.35)。この35番は、フリートラム・ゾーンの外周を回っているものなので、これに乗っている限り運賃の心配をする必要はありません。

f:id:monteverde-aroma:20181003073217j:plain

https://static.ptv.vic.gov.au/siteassets/PDFs/Maps/Network-maps/City-Circle-map.pdf

12分ごとに(時間帯によっては、遅れることもありました)に走っていて、時計回りと反時計回りの2つのルートがあります

  運行時間 10:00〜18:00(日~水)・ 10:00〜21:00(木・金・土)

時刻表や詳細はこちらでどうぞ 

Routes - 35 - City Circle (Free Tourist Tram) - Public Transport Victoria

メルボルン散策はおしゃれカフェから

20181002175932

9月の半ばは三寒四温、メルボルン2日目は体感温度が10度ぐらいの肌寒い朝でしたが、おしゃれなカフェがたくさん集まっている Hardware St.(ハードウェア通り)まで徒歩で行ってみました。初めての街に行ったとき、まずは歩いて街並みを頭に入れます。

ー Hash Specialty Cffee

今回行ったのは「Hash Specialty Cffee」。その近辺にも、おしゃれなカフェがたくさんあって、毎日通っても楽しそうです。

20181002175926

とてもフレンドリーなスタッフにアテンドされ、中へ。

20181002175919

店名に「#」があるように、インスタ映えしそうな雰囲気がいっぱい♪

f:id:monteverde-aroma:20181002175715j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181002175938j:plain

メニュー

20181002175909

セットメニューはなく「Breakfast」プラス、好きな飲み物を注文します。

20181002175859

いろいろ味を比べてみたくて、今回はカプチーノばかり飲んでいました。お店によって味が少しずつ違いましたが、個人的には、こちらのお店のカプチーノがミルクの濃厚さとコーヒーの味のバランスが一番好みでした。

20181002175904

大好きなスマッシュド・アボガド。ボリュームたっぷりで美味しかったです。

コーヒーの種類

オーストラリアには、エスプレッソをベースとした飲み物がたくさんあります。

コーヒー ショートブラック / Short Black:エスプレッソ

コーヒー ロングブラック/ Long Black:お湯+エスプレッソ(ダブルショット)

*オーストラリアで日本で普通に飲まれているコーヒーを飲みたい方はこちら

コーヒー カプチーノ:エスプレッソにクリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいいます。好みによってシナモンやココアパウダーで風味付けします。

コーヒー カフェラテ:エスプレッソ+ミルク。Latte(ラッテ)はイタリア語のミルクの意味で、カフェ・ラテはイタリア語の造語です。

コーヒー フラットホワイト:キメ細かい泡をスチーマーで丹念に作り上げ、それをエスプレッソに絡めるように仕上げたものです。カップに対して表面が平ら(flat)なので、フラットホワイト(flat white)と呼ばれるそうです。

メルボルンは、美味しいコーヒーが飲めるお店がたくさんありますので、次回は、いろいろ試してみようと思います。

  定休日:なし

  7:00~16:00(月~金)・ 8:00~16:00(土・日)

Google マップ

クイーン・ビクトリア・マーケット

20181002175914

朝食後は「クイーンビクトリア・マーケット(Queen Victoria Market)」へ行きました。1878年オープンの歴史あるマーケットで、メルボルンの観光スポットとしても人気があります。

朝食後、Elizabeth St.(エリザベス通り)まで歩いて、トラム(19・57・59番)に乗りました。マーケットまではフリートラム・ゾーンなので、Mykiカード不要・無料です。

  定休日:月・水

営業時間はお店によって違いますので、こちらをご覧ください。

 https://qvm.com.au/


f:id:monteverde-aroma:20181002180427j:image

f:id:monteverde-aroma:20181002180434j:image

f:id:monteverde-aroma:20181002180441j:image

場内はとても広くて、オーガニックの野菜や果物、肉類、魚介類などの食料品だけでなく、お洋服や雑貨など、さまざまなお店が入っています。

ハチミツ

20181002180608  

やっぱり気になるハチミツ。でも、今回はこのあとパースへ移動する予定があったので、食べきれるハチミツ100%キャンディーだけ買いました。

このまま帰国するなら欲しかったフローリングのお掃除用のBee Wax(ビー・ワックス:蜜ろう*1)。次回は買いたいと思います。

Checkオーストラリアでは、たとえ国内線であっても州を移動する場合、食べ物、特に野菜や果物の持ち込みを厳しく制限しています。書類の記入はありませんが、空港は禁止された食品を見つける検疫犬に見つけられ、没収となってしまします。メルボルンからパースへ機内では「ハチミツ持ち込み禁止」のビデオが流れていました。

チョコレート

20181002180601

メルボルンはチョコレートも美味しい!その中でも特に有名なのが「KOKO BLACK」


f:id:monteverde-aroma:20181004112253j:image

f:id:monteverde-aroma:20181004112247j:image

美味しそうなチョコレートがずらりと並んでいます。試食もありましたので、少しお味見♡。お目当てのリコリス入りのチョコレートもありました。

  https://www.kokoblack.com/

コーヒー

20181002180556

試食でいただいたチョコレートを頬張りながら、すぐそばにあるカフェ「Market Lane Coffee 」へ。こちらのメルボルンで大人気のカフェです。


f:id:monteverde-aroma:20181004112358j:image

f:id:monteverde-aroma:20181004112353j:image

f:id:monteverde-aroma:20181004112347j:image

名前を聞かれたので答えると、書いてくれました。人気店なので、すぐに行列ができていますが、少しの待ち時間で作ってもらえました。個人的には、もう少しエスプレッソを感じるほうが好きかも・・・。

  73-76 Victoria Street

  定休日:月・水

  7:00~14:00(火・木)・7:00~17:00(金)・7:00~15:00(土) 8:00~16:00(日)

今回、Victoria St.(ビクトリア通り)近いお店に行きましたが、クイーンビクトリア・マーケット内にはもう一軒あり、そちらは定休日がないようです。詳しくは、こちらをご覧ください 

  https://marketlane.com.au/locations

王立展示館

20181002180740

さらにテクテク歩いて、王立展示館(Royal Exhibition Building)へ。1880年に開催されたメルボルン博覧会のために造られた会場です。ビザンチン、ロマネスク、ルネッサンスなど数種の建築様式が混ざった建築物は、敷地内のカールトン庭園と合わせて、2004年に世界遺産に登録されています。


f:id:monteverde-aroma:20181002180805j:image

f:id:monteverde-aroma:20181002180813j:image

イベントによって、内部を見学できる時とできない時があるようです。今回は赤ちゃんグッズのイベントが開催されていて、なんとか入れました。内部はドーム天井の装飾や細部にわたる緻密画が美しかったですが、ちょっと想像していたものと違いました。時間があれば、訪れるくらいでいいかな。

メルボルン博物館

20181002180907

メルボルン博物館(Melbourne Museum)は、王立展示館のすぐ後ろ側にある、南半球最大の総合博物館です。館内には、覗くと他の見学者が消えてはく製だけを見られる双眼鏡など、おもしろい仕掛けがあり、面白かったです。この日は雨で寒かったので、結構ここで長居してしまいました。カフェもあります。

  定休日:なし

  10:00〜17:00

  大人15AUD、IMAXセット25.5AUD

  https://museumsvictoria.com.au/melbournemuseum/

  メルボルン博物館, メルボルン, Victoria, オーストラリア

ビクトリア州立図書館

美しいと評判のビクトリア州立図書館(State Library of Victoria)。王立展示館近くの「 La Trobe St/Victoria St」からトラム35番に乗って「La Trobe St/Swanston St」で降りると、すぐそばにあります。入り口はいくつかあるのですが、 La Trobe St(ラ・トーブ通り)のそばに正面エントランスがありました。

20181003062733

4階、5階、6階と、ドームに沿って設置されたバルコニーからのぞくと、階下にはドームの中心から放射状に延びたデスクが並んでいます。


f:id:monteverde-aroma:20181002181003j:image

f:id:monteverde-aroma:20181002180953j:image

f:id:monteverde-aroma:20181002180958j:image

ここは、実際に勉強や調べ物をしている方と、観光客が混在する不思議な場所でした。本来の利用者の邪魔にならないよう、皆さん、しずか~に写真を撮っていました。各界には展示物などもあり、図書館+博物館と言った感じです。

  休館日:下のカレンダーをご覧ください

  10:00〜21:00(月~木)・ 10:00〜18:00(金~日)

  無料

  https://www.slv.vic.gov.au/

*2018年12月12日まで、図書館内の工事のため、入場不可の日があります。行かれる方は、図書館の公式HPからご確認ください。

f:id:monteverde-aroma:20181023073528j:plain

https://www.slv.vic.gov.au/sites/default/files/La%20Trobe%20Reading%20Room%20%26%20Dome%20Galleries%20closure%20dates.pdf

フリンダースストリート駅


f:id:monteverde-aroma:20181004161021j:image

f:id:monteverde-aroma:20181004161053j:image

お天気が悪かったので、アプリで修正してみました(どうかしら?)

フリンダース・ストリート(Flinders St.)駅は、1985年に完成したオーストラリア国内初の駅で、フリンダース通りとスワンストン通り(Swanston St.)の交差点に位置しています。1日約25万人が利用するターミナル駅で、ここから、メルボルン郊外への電車が出ています。

この駅は、ジブリ映画「魔女の宅急便」のワンシーンに登場しているとも言われています。ホウキに乗った「キキ」が新しい街「コリコ」にやって来て、驚きのあまり路面電車にひかれそうになったシーンのバックにあった時計台です。

トラムで町を一周

f:id:monteverde-aroma:20181004132947j:plain

夕食の予約まで1時間くらいあったので、再び35番のトラムに乗って、時計周りに1周してみました。土曜日の夕方で結構道はこんでいましたが、途中、大聖堂を遠くに見ながら町を見学でき、1時間くらいで元の場所に戻って来られました。

RARE STEAKHOUSE(夕食)

20181002181204

夕食は物価の高いオーストラリアで、2コース+飲み物が40AUD(約3,200円)でいただけるRARE STEAKHOUSEへ。1人でもOKなお店でした。

メニューはこちら 

 Rare Steakhouse Menu

ただし、お得なセットがいただくためにはいくつかの条件があります。

Available Lunch - Mon to Thurs 12–2:30 pm & Dinner - Mon to Sat 5.30–6.30pm 

Orders must be in the kitchen BEFORE 6:30pm. Tables must be vacated by 7:30pm.  

Available to table sizes from 1 to 12 guests, however for tables of 5 guests and above, all MUST choose from the same menu.  http://www.raresteakhouse.com.au/menu/set_menu

  昼食12:00–14:30(月~木)

  夕食17:30~18:30(月~土)

  18:30までのオーダー、食事は19:30まで。

  1人~12人。5人以上は同じメニュー

条件はあるけど、一人でもOKなのが嬉しい^^

20181002181144

前菜の「SALT & PEPPER CALAMARI with sweet chilli sauce:イカフライのチリソース」。柔らかくて美味しかったです。

20181002181148

メインは「200 GRAM BLACK ANGUS RUMP:200gのアンガスランプ」。ソースは黒コショウにしてみました。

20181002181153

ミディアムで。焼き具合もとてもきれいで、美味しかったです。

  定休日:日曜日&祝日

  昼食:12:00〜15:00

  夕食:17:30~お客様が帰られるまで

 http://www.raresteakhouse.com.au/

Google マップ

まとめ

f:id:monteverde-aroma:20181004132923j:image
市内はコンパクトにまとまっているので、観光は1日でも十分楽しめました。でも、「食」は1日では足りません(笑)。次回は、もう少し滞在して、もっといろいろ食べ歩きしてみたいと思っています。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

*1:蜜蜂が作り出す自然な蝋(ろう)です。