旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

【国境越え】ボルドーからサンセバスチャンまで ~列車の旅 ~

今週のお題「好きな街」

今週のお題「好きな街」好きな街はたくさんありますが、友人と毎年訪れていたのは、スペインのサンセバスチャン。美食の町としても知られています。フランスのボルドーから入ると、フランスとスペインのお料理+ワインを楽しめるゴージャスな旅になります。今回は(やはり情報が少ない)ボルドーからサンセバスチャンまでの列車での移動方法をご紹介します。

f:id:monteverde-aroma:20181020081626p:plain

ボルドー駅

o0480036014040275275

早朝のボルドー中央駅。すでに多くの人がいました。

行き方検索

まずは、Google検索で、「ボルドーからサンセバスチャンへの行き方」と入力します。

f:id:monteverde-aroma:20181020092504j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181020092450j:plain


一番上に、左の写真 の画面が出ると思います。今回は、すぐに出発を選びましたが、ご自身が乗りたい時刻を入れて検索してください。

「ボルドー・サンジャン駅」は「ボルドー中央駅」のことで、「Loiola(ドノスティア,スペインギブスコア)」がバスク鉄道のサンセバスチャン駅のことです。まずは、乗り継ぎのために、Hendaye(アンダイエ)まで行きます。

チケットの買い方

o0480036014040281289

6時45分ごろ、チケット売り場がオープンしたので、国境の町「Hendaye(アンダイエ)」までのチケットを買いました。私は現金で買いたかったので窓口に行ったのですが、クレジットカードを使用する場合は、中央駅にある機械ややネットでも買うことができます。

o0480064014040537510

まずは順番待ちの番号を取ります。オフシーズンだからか、そんなに混んでおらず列車のチケットを買うことができました。英語OKです。

いざ出発!

o0480036014040537561 

7時にはお店が続々オープンしてきました。焼きたてクロワッサンにも惹かれましたが、ツナバゲットとアップルパイで10ユーロ(約1300円)の豪華朝食。美味しーい

o0480036014040537571

次は、掲示板で電車のホームを確認して移動します。プラットフォーム「B」から出発するらしのですが、遠い端の方のホームらしい。 

o0480036014040537585

横目でTGV(フランス新幹線)を見ながら、進みました。もう少し後の列車だとTGVだったのですが、サンセバスチャンで友人と待ち合わせしていたので、早めの普通列車を選びました。乗車時間は同じでした。
f:id:monteverde-aroma:20181020083807j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181020083816j:plain

サンセバスチャン行きの普通列車は一番奥のプラットフォーム、しかも屋根なし、から出発するようです。

この電車は切り離されて行き先が変わります(反対にボルドーに来る時はドンドン連結されて長くなります)。「 Hendaye」行きは、先頭列車だと車掌さんに教えてもらい、急ぎます

o0480036014040537742

荷物置き場もあります。車内はガラガラでした。今回、プロモーションでTGVの方が安かったですが、普通列車ものどかな風景が楽しめてよかったです。

国境のりつぎ

o0480036014040537790

「Hendaye (エンダイエ)」に到着。次は、バスク鉄道(euskotren)に乗り換えます。ここの情報が全くなく、不安でしたが・・・

o0480036014040537796

駅舎の外に出て  道路に描いてあった足跡にそって進むと ・・・

o0480064014040537803

駅がありました^^

o0480036014040540239

ほんの30秒ほどでした。バスク語の Hendaia(ヘンダヤ)という名前に変わりましたフランスからスペインへ入るわけですが、パスポートコントロールはありませんでした。

f:id:monteverde-aroma:20181020085919j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181020085930j:plain
新たにチケットを買って、列車に乗り込みます。
 
o0480036014040540277
のどかなローカル列車のようでした。

バスク鉄道・サンセバスチャン駅

o0480036014040540296

列車の本数は多く、30分ほどでバスク鉄道のサンセバスチャン駅(終点)に到着しました。サンセバスチャン市内から少し離れていましたが、徒歩20分くらいで、スペイン国鉄(Renfe)駅に到着しました。

Google マップ

まとめ

乗り継ぎのアンダイエの町からは、スペインのオンダビリアという素敵な港町へも行くことができますので、この国境越えはいろいろ楽しめそうです。フランスとスペイン、2つの国を楽しみたい時におすすめのルートです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。