旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

カタール航空(QR)の上級会員を目指す前に知っておきたいこと

 更新日2018/06/12

 

カタール航空(QR)の「Privilege Club(プリビレッジクラブ)」。あまり知られていないマイレージサービスですが、入会して1年で上級会員になれました。

ただいま2年目ですが、この間に経験したことや、学習したことをまとめてみました。これからQRの上級会員を目指そうかな、と思われている方のために・・・。 

f:id:monteverde-aroma:20180209151738j:image

カタール航空

カタール航空(QR)は、中東カタールの国営航空会社で、首都ドーハにあるハマド国際空港を本拠地としています。ワンワールドに加盟しており、コードシェアも含め150都市以上の目的地と繋がっています。機材保有平均年数は、およそ5年という業界トップクラスの最新鋭機を保有しています。

2018年、イギリスのスカイトラックス社による航空会社の格付けでは、「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認証を得ているサービスに定評のある航空会社です。

航空券の座席システムは、アマデウスを利用しています。同じワンワールド内で予約番号が違う航空券でも荷物をスルーチェックインできる貴重なエアライン*1です。 

サーチャージ無料

QRの日本出発路線では、燃油サーチャージが不要です。さらに、直接オンライン予約すると、ビジネスクラスが5%、エコノミ―クラスが3%オフになります(Web限定運賃は対象外です)。カタール航空|日本出発便のご予約はこちら | Qatar Airways

Q suite

QRは「Qsuite」と呼ばれる個室タイプのビジネスクラスを順次導入しています。2019年には羽田線にも導入されます。

www.monteverde-aroma.com

上級会員をめざした理由

2016年にQRが頻繁にビジネスクラスのキャンペーンを実施し、10万円台でヨーロッパまで行くことができました。その時ちょうど入会キャンペーン中だったので、機内で勧誘されるがままに入会してしまいました。

ブリティッシュエアウェイズ(BA)の会員と迷いましたが、QRもBAも自社便に年4回搭乗しないと、上級会員ににはなれません。BAに4回乗ることは、私にとってハードルが高過ぎました。

一方、QRには複数回搭乗予定だったので、ハードルが低いQRの会員になって、そのまま上級会員をめざしました。 

上級会員への条件

このようなQRのプリビレッジクラブ上級会員になるためには、

  1. Qpointsを貯める
  2. カタール航空に最低4回搭乗、
  3. もしくはQpointsの20%以上をカタール航空の便で貯める

上の1と2、もしくは1と3が必要です

Qpoints

Qpointsとは、マイルとは別に距離に応じてもらえるポイントで、このポイントを貯めることで、上級会員への道が開けます。150ポイントでシルバー会員、300ポイントでゴールド(ワンワールド・サファイア)会員、600ポイントでプラチナ(ワンワールドのエメラルド)会員になれます。下の表の赤い矢印がQpointsです。

 

f:id:monteverde-aroma:20180209121223j:image

 

カタール航空以外でも、同じワンワールドに属するJALの国内線を利用した場合、東京ー那覇などの長距離路線で最低10ポイント、中・短距離路線でも最低7ポインを獲得することができます。このポイントは、会員のステイタスに関係なく一律です。

QRに4回搭乗

カタール航空でヨーロッパに一回行けば、ドーハ経由となり、この条件を簡単にクリアすることができます。さらに、エコノミークラスの格安運賃の予約クラスが(O・T・W)や団体(G)でも往復46ポイント以上貯まります。 

上級会員の特典

f:id:monteverde-aroma:20181019153234j:plain

1年間のQpoints 数によって、次年に上記のような特典をうけることができます。

空港ラウンジの使用

QRのゴールドやプラチナ会員になると世界中のワンワールドのビジネスクラスのラウンジを使うことができます。プラチナ会員になると、ファーストクラスラウンジを利用することができます。

優先チェックイン

f:id:monteverde-aroma:20180209141823j:image

これは、航空券に関係なく、混んでいる空港でも待ち時間ほとんどなくチェックインしてもらえます。さらに、特別な手荷物タグをつけてもらえるみたいです。プラチナ会員になった今、カタール航空利用時、到着地の空港でも必ず一番に荷物が出てくるのが嬉しいです。

Qクレジット

プリビレッジクラブでゴールド会員に上がった時に40Qクレジット、プラチナ会員に上がった時に60Qクレジットをいただけます。これは、アップグレードや預入荷物が超過した時に使えますが、ほとんどの方はアップグレードに使うのではないでしょうか。

有効期限は1年間です。

アップグレードの仕方は、PCのカタール航空のサイトから行います。「プリビレッジクラブ」をプルダウンして→「Qクレジット」→「特典アップグレード(今すぐ交換)」→「Upgrade」→便名やクラス、搭乗者名を選んでリクエストします。

空席がない場合は、プリビレッジクラブにメールすると、対応してもらえます。

アドレスはmembersvc@qmiles.com です。

因みに、日本支店に電話してアップグレードしてもらうことも可能なようですが、手数料3,200円(プラチナ会員は無料)かかるそうです。

本当は、アップグレードの座席があるかどうかを確認して航空券を買う方がいいようですが、そううまくいきませんものね。

 

check

有効期限は1年間です。空席がたくさんあっても、アップグレードに解放されている席が少なく、上級会員でも、なかなか取れませんでした。なので、もらったらすぐ使い始めることをおすすめします。

100%のレベルボーナス

f:id:monteverde-aroma:20180209151537j:image

プリビレッジクラブではマイルをQマイルと言います。Qマイルは1月から6月までに獲得すると期限は、3年後の6月末となり、7月から12月までに獲得すると、期限は3年後の12月になります。

プラチナ会員になると、Qマイルの期限なし!とありますが、これは、あくまでもプラチナ会員(1年間)である限りなので、あまり意味はないです。マイルが使いづらいので、ボーナスをもらってもあまりお得な感じがしません。

獲得マイル

今回買ったエコノミークラスのチケットで比べてみましょう。最初は、ワインレッドの「Burgandy(バーガンディー)」というステイタスです(個人的にはこの色が一番好きです^^)。Qpointsは90、マイルは12,352となります。

f:id:monteverde-aroma:20180209121413j:image

一方、プラチナ会員になると、Qpointsは同じですが、マイルが2倍以上にもなります。予約クラスが「O」以下の場合、プラチナになると、そのマイルは約5倍にもなるのです。当然、「L」より「O」の航空運賃が安いのですが、安い航空券の方が、マイルの加算はお得になるという逆転現象が起こっています。

f:id:monteverde-aroma:20180209121420j:image 

座席の優遇 

f:id:monteverde-aroma:20180209141827j:image

あくまで「前方セクション」が優遇されるだけで、最前方の足が伸ばせる座席はとれるとは限りません。最前方は予約時は取れないようで、当日、チェックインする際にリクエストすることができるようです。

プリビレッジクラブのデメリット

今回、2月の極寒のパリを選んだのは「こんな時期にパリに行く人はいないだろう」と思ったからでした。しかし、これも当てが外れました。空席があっても、特典航空券用、もしくは、アップグレード用の座席がかなり少なく、なかなかアップグレードできませんでした。

繰り返しメールを送って、1か月ねばって、使用期限が切れるぎりぎりにやっとアップグレードされました。実際に搭乗してびっくり!機内はガラガラでした。

案内には「プラチナの乗客は優遇」とありますが、実際はかなり難しいようです。さらに、特典航空券についても調べてみました。 

特典航空券は使いやすいか?

f:id:monteverde-aroma:20180209134042j:image 

先に答えを言うと、「No」です!カタール航空は3倍マイルなどのキャンペーンをよく行っていて、一見マイルが貯まりやすく見えるのですが、特典航空券に交換するときには、他の航空会社より倍ものマイル数が必要なのが難点です。時々、マイル50%オフキャンペーンを実施していますので、そこを狙うのがおすすめです。

パリ往復(エコノミークラス)で80,000Qマイルも必要です。今回アップグレードだけでも大変だったので、特典航空券も取りにくいのではないか?と思っています。

QRとJALの比較

f:id:sun-xyz:20170408120415p:plainf:id:sun-xyz:20170408120428p:plain

プリビレッジクラブJALのマイルを利用して、ワンワールド加盟航空会社で特典航空券を取るときに必要なマイル数を比べてみました。

例えば、東京から香港までキャセイパシフィック航空で行く場合、区間距離(往復)が約3,600マイルなので、JALだと21,000マイルで特典航空券が取れますが、プリビレッジクラブだと50,000マイルも必要です。

ラウンジ利用の落とし穴

f:id:monteverde-aroma:20180209152002j:image

QRの本拠地ドーハには、豪華なファーストクラス専用、アル・サルファ・ラウンジ(Al Safwa Lounge)があります。通常、エメラルド会員だと、購入した航空券のクラスに関係なく、自国ではファーストクラスのラウンジが使えます。

 カタール航空のラウンジの様子はこちらでね

www.monteverde-aroma.com

しかし、QRは違います(泣)。ドーハには、ワンワールド上級会員用の狭いラウンジが別にあり、豪華なラウンジは使えません。アップグレードでビジネスクラスに乗っても、オリジナルのクラスのラウンジを案内されます(泣)

ロンドン・ヒースロー空港には評判の良いJALのファーストクラスラウンジがあり、香港や日本などもゆったりできるファーストクラスラウンジを利用できるので、そちらを楽しむしかないですね。

check

本拠地でメリットがない:オリジナルの航空券がエコノミークラスだと、例えQRの最上級(プラチナ)会員であっても、ドーハやパリ、ロンドンのゴージャスなQRのラウンジには入れません!

航空券の選び方

航空券を買うときはどういうことに注意すればいいのでしょうか?今回、パリ便の航空券を買うときに気をつけた点をまとめました。失敗談もあります。

予約クラス

航空券には予約クラスというものがあって、「Y」「S」のようにアルファベット1文字がつけられています。これは、エコノミークラス、ビジネスクラス、というような、シートのクラスとは異なるものです。

同じエコノミークラスであっても、格安航空券やツアーで使用する「O」「T」「W」「G」など優先度の低いクラスから、日付変更ができるフレキシブルな運賃の「B」「H」などのクラスまで、航空券の種類は分けられています。そして、この「予約クラス」が、マイレージを加算したり、アップグレードをする際に重要になってきます。

f:id:monteverde-aroma:20180209130051j:image 

上の表の赤い矢印が予約クラスです。この予約クラスは、航空券の値段で、行きと帰りで変わることがありますので、往復確認することが必要です。この航空券の場合、予約クラスが往復「L」なので、往復でマイルは、28,820、そして、Qpointsは、90ポイント貯めることができます。

今回、期限切れがせまっているQクレジットを使うため、エコノミークラスのチケットを買ったのですが、カタール航空が同時期に出しているセール(63,000円)の航空券の予約クラスは、上の表にないアルファベットでした。つまり、マイルも加算されない航空券になります。

さらに、Qクレジットを使ってアップグレードをリクエストするには、「O」「T」「W」以上の航空券を買う必要がありました。

なので、少し高かったのですが、84,000円(予約クラス「S」)の航空券を買いました。それでも、ANAが同時期、アップグレード可能な航空券が180,000円であったのに比べるとお得にヨーロッパまで行けることになります。さらに、日本発の便だと、サーチャージがいらないので、安く抑えることもできます!

失敗・・・

今回、同じ予約クラスの航空券で比べた場合、カタール航空のHPより、エクスペディアの方が若干安かったので、エクスペディアで購入したのですが、これが失敗でした。エクスペディアで買うと、格安航空券を示す「ITT」という記号が、航空会社のPC上に表示される私の名前の前についてしまい、「東京支店ではアップグレードができない」と言われてしまいました(アップグレードを希望しなければ何の問題もありません)。

通常、空港でチェックインする時に空席があればQpointsを使ってアップグレードすることができるのですが、この「ITT」があると、「もしかしたら空港でもできないかもしれない」と教えてもらいました。航空券を購入する場合、ほんの少しの差なら、カタール航空のHPで買う方がいいですね。初回だと2,000マイル、それ以降なら500マイルも追加いただけますしね。

 まとめ

マイルを貯めても使いにくいため、プリビレッジクラブを選ぶ人は少ないようですね。なので、マイルを貯めて特典航空券をゲットしたい!という方にはおすすめしません。

しかし、QPointsを貯めて、早く上級会員になって、ラウンジホッピング(QR以外のゴージャスラウンジ以外)を体験したり、荷物を早く引き取りたい!という方にはおすすめです。

QRのプラチナ会員が少ないせいか、貨物室へ預けた荷物はいつも一番に出てきます。せっかちな私にとっては嬉しい状況です。

上級会員を狙うなら、マイルを使いやすいBA(ブリティッシュ・エアウエイズ)と ハードルは同じくらいです。でも、BAの上級会員になるための条件「BAに年間4回搭乗」が達成できないため、QRのエメラルド2年目を目指しています(あと2回のフライトで達成です)。でも、その先は・・・思案中です。

 

 

 最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

*1:他には、キャセイパシフィック航空も同様のサービスを提供しています。