旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

冬のロッキー山脈 

今回の旅のメイン、バンフのお話です。

f:id:monteverde-aroma:20190304074306j:image

バンフまでの道

f:id:monteverde-aroma:20190311082729j:plain

一面の雪景色を見ながらカルガリー空港からバスでバンフへ。2時間弱のドライブです。途中、異常にゆっくりと走っていると思ったら、バスがエンストしてしまいました。こういったトラブルに慣れていないのでちょっとドキドキ・・・

私この前もバスでトラブルがあったんですよね~。その前はギリシャでもバス動かなくなったし~ 。

雪で囲まれた山道で添乗員さんに不安を煽られながら、しばし待ちます。エンジンをスタートさせようとする空しい音だけ響く渡っていましたが、何とかエンジンがかかり一路バンフへ。動いて良かった~。むかし、ライオンの目の前でエンストした以来の不安を感じました。

カスケードマウンテン 

f:id:monteverde-aroma:20190306132809j:plain

標高1,384 m、国立公園内にあるリゾートの街に何とか到着しました。バンフは、カナダで2番目に標高の高い居住地です。

飛行機の到着も遅れたので、スケジュールを変更してバンフのらしい景色が臨めるカスケードガーデンというところに来ました。天気予報通り雲一つない晴天で、ここからは、街のシンボル的な存在であるカスケードマウンテン(Cascade Mtn. 標高2998m)が山の頂まできれいに見られました。ここは、マリリン・モンローが主演した「帰らざる河」という映画のロケ地としても有名らしいです。

f:id:monteverde-aroma:20190304074134j:image

ツアーの皆さんです(笑)今回、人的被害がいろいろあったので(笑)、お互いに助け合いながらここまで来て自然と仲良くなりました。そして、この雪の中でも滑ることなくSORELのスノーブーツで歩くことができました。やっぱり買って良かったです。

 

サルファー・マウンテン

f:id:monteverde-aroma:20190306133007j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190306164546j:plain

バンフの町からバスで10分程の所にあるゴンドラの乗り場に到着しました。ここからサルファー山(Sulphur Mountain: 2285m)の展望台に行きます。山麓駅には、世界一高い場所のスタバがありました。

f:id:monteverde-aroma:20190306140320j:image

夏は混んでいるのでしょうね。乗客は私たちだけで、すぐに乗ることができました。ゴンドラは4人乗りで、頂上までは5分くらいです。

f:id:monteverde-aroma:20190306140357j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190306140413j:plain

ツアーなのですが、特に山の説明などなく、17時30分の夕食時間まで自由行動でした。

f:id:monteverde-aroma:20190304074146j:image

Hello !!

f:id:monteverde-aroma:20190306133135j:plain

展望台の最上階にはバンフの町や3000m級の山々を360度望むことができる展望台がありました。

f:id:monteverde-aroma:20190306133153j:plain

眼下には、凍っているボウ川が見えました。冬場は歩けるそうです。

サルファーマウンテンのサルファーとは英語で硫黄のことです。麓にはいくつかの硫黄泉があり、それが名前の由来となっています。この温泉が発見されたことで、バンフの町がリゾート地となったそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190304074156j:image

時間があれば散策も楽しそうです。

20年ほど前、ゴンドラ山麓駅のすぐそばにアッパーホットスプリングスという温泉(有料)に行きました。水着着用の温泉なので温水プールのような雰囲気ですが、温泉に浸かりながら見る雪山が最高にきれいだったのを思い出しました。

f:id:monteverde-aroma:20190306140302j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190306140420j:plain

気温は(多分)氷点下ですが、屋外には暖炉っぽいものもあり、あまり寒くは感じませんでした。

Northern Lights 

f:id:monteverde-aroma:20190304074228j:plain

夕食は「Northern Lights(オーロラ)」という展望レストランでいただきました。日本人スタッフがいらしたので、不便は全くありません。お酒類もありました。

f:id:monteverde-aroma:20190304074049j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190304074105j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190304074140j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190304074222j:plain

温かいお料理やサラダ、スープ、デザートなどがあります。

f:id:monteverde-aroma:20190304074042j:image
切り分けてくれるローストビーフが一番美味しかったです。

f:id:monteverde-aroma:20190304074240j:image
スタバのコーヒーもありました。山麓駅には店舗がありましたが、こちらの方が世界一高い場所のスタバ?

f:id:monteverde-aroma:20190304074057j:image

このあと、1日目のハイライト星空鑑賞があるので、日が暮れるまで皆さんとお話しながらゆっくり待ちます。

f:id:monteverde-aroma:20190306140314j:image

だんだん日が暮れてきましたが、雲も広がってきました。ガイドの方が「(昼間)いいお天気なので夜も晴でしょう」と言っていたのですが、天気予報どおり雲が広がってしまい、満点の星空を見ることができませんでした。

代わりに、天体望遠鏡で薄曇りの中でも光っている星を1つ見せてくれました。う~ん・・・お天気次第のイベントは難しいですね。

まとめ

1日目はがっかりな結果となってしまいましたが、ベテランツアーメンバーはへこみません(笑)今まで見た星空の話で盛り上がりました。

ちなみに私のベストは、インド。タージマハールへ行く途中のバスの中から見たた星空です。明かりが全くない状態で、まるで宇宙空間に一人いるかのような美しさでした。次点は機内から見た星空。新月の日、毛布を頭からかぶって機内の光が窓に写り込まないようにすると、美しい星空を見ることができます。

 

最後はバンフの話から逸れましたが、ご覧いただきありがとうございます。