旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

JALのフライトと天気予報の結果 ~タイ編~

今週のお題「2018年の抱負」

 

2018年の旅が始まりました。今年の抱負、「いっぱい旅して体験する!」の初フライトの行き先はバンコク。旅の準備で調べた天気予報の結果を確認しながら旅するというちょっと変わった旅の楽しみができました。

JALでバンコクへ

{2DA2BC8C-B786-4952-976E-3D0A3668C2DF}

雪の予報が出ていた次の日の出発。成田空港は快晴で、気持ちのいい初フライトの予感がします。搭乗する飛行機選びも旅を楽しくする大事な要素なので、今回はB787を選びました。JALのB787の機内は他の機材に比べて湿度が高くお肌に優しいのです!そして、エンジン音も少し静かなので、快適度が高いのですよ。

SKY WIDER Ⅱの乗り心地

{9EA0956A-7E41-4312-9266-F3DE617FFDD7}

世界1位の高評価を得た、新間隔のJALのエコノミークラスの座席・SKY WIDER Ⅱは、2017年、SKYTRAX社の世界で最も優れたエコノミークラス座席に贈られる「ベスト・エコノミーアワード」を受賞したそうです。

これは、2015年の受賞に続き3回目になるそうです。本当にそうなのか?今回体験してきました。

 

f:id:monteverde-aroma:20180110103027p:plain

横9席配列が主流を占める中、JALのSKY WIDER Ⅱは横8席になっています。つまり、横幅+5cmのゆとりがあります。この1席少ない座席配置は本当に快適に感じました。通路も他の航空会社の同じB787に比べて広い!

JAL SKY WIDER Ⅱ(シート) - JAL国際線より

 

機内食

{52FDBF2D-167C-41F6-BA3F-866AFCB92A95}

JALのプレミアムエコノミークラス・エコノミークラスでは、料理コンペティション「RED U-35」で選ばれた6名のファイナリストによる機内食をいただけます。

季節ごとに2名のシェフによる若さ溢れる自由な発想でのメニューです。今回は「牛肉のごま風味すきやき」と「鶏肉、里芋と湯葉のグラタン」のチョイスでした。

{C9006F0F-5255-4587-B250-5A9552DB345E}

今回は、準グランプリ成田シェフの牛肉のごま味噌すき焼き。機内食としては大満足のお味でした。この便では、こちらの方が人気だったようです。

{437A6928-F7DE-4115-9743-0FCC4B44B200}
最後はお楽しみのハーゲンダッツ。カチカチの状態で提供されますので、食後のコーヒーとゆっくりいただきます。
自分の乗る飛行機のお食事を事前に調べることもできます 

清潔なお手洗い

{E183D828-1B45-4C4D-8879-8F129A1F4391}
JALのお手洗いはいつも清潔で、デコレーションもグループ員によってそれぞれ工夫されています。
和の柄の折り紙の鶴が飾っている時もありました。こういう工夫は外国からのお客様にも喜ばれるのでしょうね。

座席配置

{4B3068FD-BBBA-43E5-BED3-92DB50ED2953}

気になる座席配置。プレミアムエコノミーとエコノミークラスの間にお手洗いが2か所とギャレー(機内のキッチン)がありました。

プレミアムエコノミーの最後の席のすぐそばにお手洗いがあるので、気になる方はこの席は避けた方がいいかもしれませんね。

エコノミークラスの最前方の席は足が延ばせるゆったり空間でした。

天気予報は当たったか?

{859200FD-456D-46B0-8B2B-FA7FE7EEC726}

前置きがすごく長くなってしましましたが、今回ノミネートした4つのサイトの結果をお知らせします。

ノミネートの様子はこちらからどうぞ 

www.monteverde-aroma.com

 

3日間のお天気

6日(日中はくもりだったそうです)は、到着した夕方は雲は広がっているのものの空港からはきれいな夕日が見られました。7日は日差しが強かったのですが、体感温度も実際の気温30度とあまり変わらない感じで、帽子が必須でした。7日も雲がありましたが概ねいいお天気。ということで、3日間雨は東南アジアによくあるシャワーもなく、暑さもそこまでひどくなく、快適に過ごすことができました。

第一回優勝者は・・・

4つのうち、ドンピシャの天気予報サイトがありました。それは、weathernews.jp。やはり「一番当たる」と書いてあったのは本当でしたね。


f:id:monteverde-aroma:20180102112450j:plain

 

まとめ

天気用法サイト比べはいかがでしたでしょうか。次回も同じサイトで調べて準備してみます。次回 weathernews.jpが2冠を達成するでしょうか。どうぞお楽しみに!