旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

世界一豪華⁉︎ ドーハの空港ラウンジ

お題「ちょっとした贅沢」

 

ときどきビジネスクラスの格安航空券を使ってちょっとした贅沢をします。飛行機の旅は目的地だけでなく、経由地も楽しみがいっぱいです。

今回、念願だったドーハ・ハマド国際空港(Hamad International Airport)の超豪華ラウンジに入ってみました。

ハマド国際空港

2014年5月にオープンしたハマド国際空港(DOH)は、カタール航空の本拠地である巨大なハブ空港です。空港のHPには、到着ターミナルなどの地図があり、ダウンロードもできますよ。初めての空港もこれで安心! 

https://dohahamadairport.com/airport-guide/at-the-airport/maps

 

f:id:monteverde-aroma:20171125074956j:image

飛行機を降りたら、乗り継ぎの方は、空港ターミナルの中心にある黄色の「ランプベア」を目指します。空港は星形の建物で、中央にセキュリティーと「ランプベア」があります。

乗り継ぎセキュリティーは到着に合わせて対応してくれるので、とてもスムーズで、ヨーロッパの乗り継ぎ空港に比べるとゆるめのチェックでした。

セキュリティを通過したらエスカレーターを降りて、目指すは、世界一豪華なラウンジ!! 「ランプベア」のそばにラウンジへのエスカレーターがあります。が、毎回ぐるぐる探してしまいます(笑)。

アル・ムジャン・ビジネスクラスラウンジ

{8F8C42DB-8BE5-4B4D-A527-0112D847209B}
 
こちらのラウンジは、カタール航空のビジネスか、ファーストクラス乗客でないとはいれないラウンジです。入り口で搭乗券を見せ、次のゲートを教えてもらい、いざ中へ!

シャワールーム

まずは湯量たっぷりの温かいお湯でサッパリ。日本からの長旅(途中ですが)で疲れた身体を温かいお湯で癒します。機内では静電気をたくさん浴びているので、お湯を浴びて調整するといいですよ。
砂漠の街にいるのを忘れてしまいそうなシャワールームです。シャンプーやコンディショナー、ボディソープ、タオルなどは揃っているのですが、ドライヤーはないので、シャワールームのスタッフにお願いして借りて下さいね。空港の規模にしてはシャワールームが少ないのですが、待っていればすぐに使えます。
 
{AD158CCC-2E1F-45CD-B1DF-93DEB5DC85B4}

ダイニング

ラウンジの1階にある人気サンドイッチが食べられるレストランへ。
 
{D894F21D-65EC-411B-B044-C66FA74F0648}
 
{3C5CBE98-4BDA-400D-832F-191E2C75DF73}
 
朝と昼・夜用のメニューがあり、 レストランの様に注文を取りに来てくれます。飲み物やサンドイッチを注文して、出来上がるまでスープやサラダを取りにいきました。
 
{A92212EA-CBF4-4B2A-93EF-6646C3885B49}
 
アラブチックなスープが香辛料が効いていて美味しかったです。カタール航空・ドーハの空港で一番美味しいのは、スープとサンドイッチかな? 当たり外れが今のところありません(笑)。
 
{249A51C7-DD61-4880-BD36-FA50F1CA80D9}
 
お夜食はビーフサンドにしました。
 
{A544AC56-9BF1-4ABD-B3CB-5A157663C8CD}
 
そして、朝食はチキンサンド。これも美味しい!
 
{7BB01E5C-6E2D-4771-9A02-9A7C679E47E0}
 
2階のレストランではビュッフェ式のお食事がいただけます。そこに行くと底なし沼に落ちてしまうので、今回は見送りました。

{DEA7758C-D80F-4F83-A447-CDA833CCDC78}

{F73A09ED-122C-4C5F-99B6-F4AFC0DC3E2D}
 
今回の乗り継ぎは7時間弱なので、たっぷりラウンジで寛ぎます。

クワイエット・ルーム

ラウンジの1階奥には、クワイエット・ルームがあり、毛布を借りて仮眠することができます。2人用と1人用がありましたが、ラッキー‼︎ 1人用が空いていました。
 
{446138A3-A357-49E5-A81F-7A7F825300EC}

快適なので、 寝過ごさない様に目覚ましかけて暫し休みます。クワエットルームなはずなのですが、難点は、個室ではないので、少し離れたお部屋から聞こえきたイビキがすごくて  でも、椅子(?)ベッド(?)は寝心地良かったです。
 

その他の施設

{966F7BC7-E05E-403D-BDEF-D413B64339CF}
 
ラウンジには、いろいろなタイプの椅子もあり、そばには飲み物コーナーがあります。それぞれの椅子の側にはi-padが置かれています。
もちろん充電も至ることろでできました。快適すぎるラウンジです。さらに、 クワイエットルームのそばには、ビジネスルームや子供用のお部屋もありました。
 
{523923C9-2548-4B46-BB5B-A6469B95616B}
 

ファーストクラスラウンジ

カタール航空のファーストクラスのラウンジ!?ビジネスでも凄すぎるのに、ファーストはどんなのでしょうか。

 

今回は裏ワザを使って、ファースクラスのラウンジを体験してきました。こちらは、ファーストクラス旅客のみの贅沢空間です。

 

「黄色いくまさん」を挟んでビジネスラウンジと反対側のエスカレーターで二階へ進みます。

 
{708D1842-FDA4-4F41-8888-CFEDD428EBB6}
{98AB9325-D91C-46D2-8469-7A0013896BC7}

入り口で搭乗券を見せると「クワィエットルームは予約しましょうか?」と尋ねられました。
 
ファーストクラスラウンジのクワイエットルームは個室なので競争率が高いのですが、空いてて良かったです。
 
スタッフに案内されて中へ。「準備しますのでお食事楽しんでくださいね」と、レストランに案内されました。
 
しずか~です。水が上に登っている泉がラウンジ内にあります。聞こえるのは微かな水の音だけです・・・。

{E3ED281C-BF62-4C73-A3F3-F56F833E05B6}

ダイニング

{EDA7F21B-C4DF-4DA3-940D-D73C3205A1AF}

中東の国にいるとは思えない・・・。お酒も自由に飲めます。まずは、1人ウェルカムシャンペンから。

{CAB368D1-C3ED-4028-8B48-247FB14AF022}
 
メニューはこちら
 
{14885CB0-ED90-4795-8186-6D12A80DF924}
 

まずはスープ。美味しい。


{C35CB31D-FB57-4BD3-8502-1E27EBDAA866}
 
 メインは(夜中なのに)ステーキにしました。ちょっと焼きすぎだけど柔らかくて好みの味で、完食してしまいました。

{48A0A6B4-F780-4C6B-8B1B-F321ADAA313F}
 
お腹いっぱいなのに頼んでしまったマンゴームース。スタッフも親切で、いろいろ進めてくれるので、つい食べ過ぎてしまいます。これも、甘さ控えめで美味しかったです。
 
{4E76444D-BDFB-448E-BDDC-566220837756}
 
最後はカモミールティコーヒー でホット一息つきました。

{04F0FCB7-8568-418C-971D-155385227274}
 
丁度食事が終わったころ、先程アテンドしてくれたスタッフが、搭乗券を返しにきてくれ、「クワィエットルーム予約okです」と連絡してくれました。お腹いっぱいになりましたので、お部屋に向かいます。
 

まるで博物館

入り口から左側がレストランで、右側がクワィエットルーム。行くまでの空間も贅沢で、 調度品も素敵、まるで博物館ですね。

{310F9EF4-13F3-4C0C-88C7-71733A9AF1E4}
 
今回、ビジネスクラスのチケットなのに、ファーストクラス・ラウンジに入れたのには、訳があります。
実は、次のドバイまでの区間、ほんの1時間のフライトなのですが、エコノミーとファーストクラスの2クラスしかないのです。こういう場合、ダウングレートじゃなく、アップグレートになるのです。2018年現在、UAEとの国交断絶のため、この裏技は使うことができなくなってしました。
 
{1E07F767-6430-4F46-AD64-A0E8361FA9B4}
 
天井が高く、空港のど真ん中の贅沢空間。飾られた絵やオブジェを見るだけで楽しい。もっと早く目的地に到着する便もあったのですが、せっかくなのでゆっくり堪能するために7時間の乗り継ぎを取りました。
 
{08438253-5995-4189-87A6-501E58D37734}
 
ラウンジの椅子や家具一つひとつが素敵なラウンジ。
 
{B9733671-8142-4FB6-BFC8-933D547CF080}
  
そして、ラウンジの中に免税店もあります。
 
{84EC5C28-E627-4336-9ED2-22B15794304F}
 
カタール航空で WEBチェックインしたら貰えるクーポンは必ずゲットしてね。ハロッズのバッグなどはロンドンの免税店と同じくらい?ん~ちょっと安かったかも!?
  
{D5E5E735-6985-41E9-B4FD-72BE3F1D2D64}

クワイエット・エリア

 
{09549AE3-B642-4107-BEB5-1E4AA8A2EB0C}
 
こちらでは受付のスタッフに搭乗券を預けると、お部屋に案内してくれます。快適すぎて寝すごさないよう、ウェィクアップ・コールもお願いできますよ。
 
{A1FE7221-AFEE-40DF-8FC2-06E3DD282F8A}
 
中はまるでホテルの一室のようです。空港のラウンジにいるなんで信じられませんでした。
 
{C1598268-709A-4E26-BA0A-3E5C150B9259}
 
1人、そして乗り継ぎで休むには十分すぎる広さです。シャンプーにコンディショナー、歯ブラシ、スリッパなど、必要なものは全部揃っています。コンセントはユニバーサルタイプ、至れりつくせりです。
 
{11026AAE-F05B-4FA7-BCFD-BABD5CBCF6B4}

{AC113179-2C56-4E89-B6BE-7782886D2E42}

{5F4A7451-F45A-4493-8E7C-D1F61A33D2AB}
 
カタール航空は8時間以上の乗り継ぎ旅客には無料のホテルサービスがあるのです(ビザも取ってくれます)が、最短の乗り継ぎがある場合は適応外なのです。例え、それが満席で取れなかったとしてもね。(エミレーツは、満席だった場合は、適応してくれる太っ腹だけどね)
 
なので、ダラダラ休みたいだけの私は適応外。でも、外に行かなくても十分すぎるくらい快適でした。因みに、入国する時は、ラウンジで入国審査を受けるみたいですよ。どれだけ特別扱いなんだか⁈
 
ドーハの町に繰り出した時の様子はこちらでね☟

最後に

豪華なラウンジで食べて、飲んで、出発の1時間前まで寝てられる…ってあり得ない体験でした。贅沢体験はくせになりますね。