旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

フィンランドの森を歩く ~列車とバス~

 更新日2018/08/29

お題「もう一度行きたい場所」

 

北欧の国、フィンランド。どんなイメージをお持ちですか。北欧デザイン・オーロラ・ムーミン・美しい森と湖?フィンランドは国土の3分の2を森林で覆われ、19万もの湖を擁する森と湖の国です。初夏から秋にかけてのフィンランドの森はベストシーズンを迎えていました。2015年9月に行ったフィンランド、もう一度行きたいヌークシオ国立公園の様子をお届けします。

*最新の時刻表やバスの番号は、HSL公式HPでご確認ください。

木 暁 葉 風景 晴れ 太陽 秋 光 公園 環境 鮮やか 屋外で 色 霧 草 湖畔 北欧 外国 フィンランド リラックス コーヒータイム 夏 湖 自然

ヌークシオ国立公園まで

{BBF99474-0EAD-43D1-9972-1275598376DB:01}

ヌークシオ国立公園へは、ヘルシンキ中央駅から電車とバスを乗り継いで行きました。

f:id:monteverde-aroma:20180829151100j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180829151438j:plain

このお洒落な扉の向こうに、フィンランド国鉄(VR)のチケット売り場がありました。

切符の買い方

{71CE7E33-F0DE-4C5D-A52E-8ABE5581329A:01}

販売機でも買えますが、ハードルが高そうだったので、窓口でお願いすることにしました(英語OKです)。先ずは受け付け番号をとります。待ち時間は10分くらい。電車と地下鉄、トラムに乗れる一日券を買いました。

{B8C6A06A-478D-4485-89F8-02C582C3BAD6:01}

フィンランドの列車料金はエリアによって異なります。さらに、最初から目的地までの切符をもっていないと買い直しになります。乗り越し精算できないのです。
なので、「Espoo(エスポー)に行きたいのだけど…」と言って1日券を買いました。これで、バスにも乗れるし、市内観光にも使えます。
Espooはヘルシンキ市外なので、Regional ticketが必要です。2018年現在、Single チケット(1回券)は、5€(ユーロ=約130円)1日券14€です。

列車の乗り場と乗り方

{FFA95E0B-5AEB-4097-8423-12BA3A2CECC6:01}
 近郊列車はメインターミナルの横にあるオープンエアのプラットホームから発車します。

f:id:monteverde-aroma:20180829144302j:plain

ホームは11~15番のいずれかだと窓口で言われました。この日乗った「10時19分発」は「15番ホーム」から出発しました。
{85F57CF8-E75F-42AB-9358-6A4BEB954BE1:01}

アクティベーション

電車は、「S」「E」など何種類かあるようです。どれにのっても所要時間は同じです。電車に乗ったら最初にアクティベーション(使い始めの刻印)を忘れずに!その時刻から24時間有効です。
{381E361A-705C-453E-8E1D-B104701754B7:01}
真ん中の緑の十字の所にカードを当てると 、アクティベーション完了です。改札もなく、フリーな感じですが、時々検察がまわってきます(私も1回検査されました)。罰金は80ユーロ(約10,000円)だそうです。

ヘルシンキ中央駅を出発

{8C808A7D-7EDC-4AE9-BFE9-C04ECC481A0C:01}

 列車は、発車の合図もなく静かに出発します。行き先は社内の電光掲示板で確認できるので、安心でした。

{7151B36F-0E14-4E7A-B264-E5EEFD5AC17E:01}
 乗車時間30分位でEspoon asema駅に到着しました。進行方向と反対の後ろ側の車両に乗りました。
{19EF7B49-9F4A-41EA-93F8-FAF46B688BFE:01}
電車を降りた場所が、ヌークシオ方面行きのバス乗り場「Espoon asema(E6027 )」に直結していました。
{FD45972E-D738-4E79-A96B-718F8C0B80FC:01}
 電車のホーム(1番)の反対側がバス停になっていて、めちゃくちゃ便利です。お目当の85Aのバス(2015年当時)が来ました。持っている一日券でそのまま乗ることができます。
{0629CAB9-CAEA-41D2-B703-4F68C0387999:01}
左手に自然センターを見ながらバスは山道を進みました。

25分ほど走って、ヌークシオ国立公園のメインゲート近くのHaukkalammentie(ハウッカランメンティエ )のバス停に到着し、ここで、多くの人が降りていきました。

でも、私たちのスタート地点は、もう一つ先のバス停 「 Högbacka」なので、更に5分ほど、バスに乗車します。

Espoon asemaから30分位でHögbacka(ホグバッカ)に到着しました。フィンランド語は発音が難しいので、降りたいバス停を紙に書いて運転手さんに見せて「教えてください」とお願いしました。
{234B4D60-D802-4C45-B054-FD8390831DDC:01}
フィンランドのバス停は、全て番号で示されていて、「Högbacka」はE6936でした。
 
追加情報

f:id:monteverde-aroma:20180829153620j:plain

HSLの公式HPで検索してみると、Kattila 行きの「245Aバス」でHögbacka まで行けるようです。(2018年9月現在)

時刻表

ヘルシンキの公共交通機関である、VR列車(ヘルシンキ区間内)、トラム、地下鉄、バスは、全てHSL(ヘルシンキ地域交通局)でまとめられています。

上記は2015年に実際に行ったときの情報ですが、フィンランドでは、時刻表や路線が季節によって異なることが多いので、最新の時刻表や乗り継ぎは、HSLの公式HPでご覧くださいね 

https://www.hsl.fi/en

まとめ

列車を降りてバスに乗る時、運転手さんが「ココだよ」とジェスチャーで教えてくれました。ガイドブックに書いてあった「Haukkalammentie(ハウッカランメンティエ)」ではなく、先の「Högbacka(ホグバッカ)」で降りたので、直ぐに森林に入ることができました。