旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

フィンランドの森を歩く ~ヌークシオ国立公園~

フィンランドの森歩きの続きです。

f:id:monteverde-aroma:20171106150453p:plain

ハイキングコース

ヌークシオ国立公園のハイキング・コースは5つあります。

  • 赤2km Punarinnankierros 駒鳥コース(プナリンナン・キエロス)
  • 緑2km Nahkiaispolku 八目鰻コース(ナハキアイス・ポルク)
  • 青4km Haukankierros 鷹コース(ハウカン・キエロス)
  • 紫4km Klassarinkierros (クラッサリン・キエロス)
  • 黄7km Korpinkierros カラス・コース(コルピン・キエロス)
紫のコースは少し離れているようなので、今回はそのうち4つを少しずつ歩きます。

バスを降りたら

バスを降りた目の前にコースを示す看板があり、ここからトレッキングをスタートします。そのバス停を降りたらすぐのところに森への入り口があります。行き先や距離を示してくれている看板や色別マーキングがあるので初心者でも安心です。 

{6F899662-1678-40AF-8366-D9343F4D0EFD:01} 

この国立公園のいいところは、時間と体力に合わせて、複数の色のコースを組み合わせて歩けることです。バス道路に面した森の入り口からスタートし、本当にムーミンが住んでいそうな森の中を歩いて行きます。 

目印

{B3A7E959-209E-4EF1-B8FF-0B5041B62B78:01}

森の中の道にはこのようなマーク があって、それに沿って歩いていきます。ここは、鷹コース Haukankierros(ハウカン・キエロス) 

{D16432ED-B891-4ADF-9923-7333F2284AAD:01}
 
{B853E0BD-DE13-4517-AFB4-E7F46AA11D8A:01}
 
{19E50474-16AA-467E-AD5C-63A9AA380C1A:01}

八つ目鰻(緑)コース

{15B0088B-3B56-40A7-8795-7D2216405993:01}
しばらく歩くと明るい開けた場所に出ます。 
{E435C2CC-EC84-4927-ABB9-CC621FA98884:01}
振り返ったところです。この道 を進んで来ました 。
{A200C945-46CB-4655-B66C-D43BB1C5A278:01}
ここから緑の八目うなぎコースNahkiaispolku (ナハキアイス・ポルク) に合流します。

{658CD499-27A1-4DE6-8246-0C90E66E52CB:01} 

{70357FAE-FEAB-438E-8018-F8F857FA453E:01}
とてもきれいに整備された森で、ところどこに説明がありました。
{88F3B8BF-8245-468C-A439-75732B1F3CF8:01} 
看板もあるので、時間と体力に合わせて、好きなコースを選ぶことができます。
{0004FA59-A9FF-4ECA-9AFD-F98A1306E790:01}
日曜日だったからなのか?開いていませんでしたが、ドアの前にはバスの時刻表がありました。

ハウッカ・ランピ(鷹の池)

{2DB4F611-193D-445D-8B56-F1D1C5BC87C6:01}
インフォメーションセンターの目の前には、ヌークシオでの最初の湖、ハウッカ・ランピ(鷹の池)。こちらで一休みです。

 {1CB0F329-CAA8-4516-BD19-B4C4C915B6A9:01}

そばのベンチで、朝に駅近くのスーパーで買ってきたパンとジュースでランチ。フィンランドの美しい森と湖をみながらのランチは最高においしかったです。

フィンランドの美しい森と湖を独り占めしながら最高の贅沢な時間でした。ヌークシオの森には、お店などが近隣にありませんので、食べ物は持って行ってくださいね。  

{02DCBDDC-6947-441E-A797-C2E14F4F0091:01}
さて、30分くらい休憩して、トレッキングの再スタートです。ここから暫くは、車いすやベビーカーも通れる広い道を歩きます。
{04F68D03-C113-4758-BD73-6D5685821CB3:01} 
まき小屋を発見

{4FACF8CF-C8B8-4DB0-A952-6FE8245E2101:01} 

ここから、最終目的地のSiikaniemi(シカニエミ)まで2.5㎞です。自然の森を守りながらも所々に色別のマーキングや表示があります。このような歩道とともに、これらのルートはきちんと管理されているため道に迷うということはないそうで、森歩きが初心者の私たちにはピッタリのコースでした。

{0D088099-7B36-4DC5-B9E7-2F41F14F5653:01}
 昨日は雨が降ったのかな?足元が濡れていて、トレッキングシューズでしたが、ちょっと滑る感じでした。 
{0EEC7739-F55D-4FA2-97D9-6CFC388CB1F6:01}
ここで先ほどの薪を使って焚火ができるようですね。 
{BF6F5498-7060-47B4-BD4B-B059B2182322:01}

岩場の高台から池が見えてきました。

{78C88E9B-A2A7-40C7-A1E2-A887A8F62282:01}
風がないので水面がガラスのようです。  
{EF39B66C-D621-456B-813E-4091A24034DC:01}

この花の名前は何でしょうか?満開であちこちで見かけました。 

カラス(黄色)コース

{57FE34A1-3F2F-44C0-8F55-63EC57F29989:01}
黄色のコースに入ると、岩盤が多くなってきました。壮大な森では様々なハイキングが楽しめますね。さらに進むとちょっと岩が多くなってきました。アップダウンがあって面白いコースです。 
{C12D113C-2C35-46FC-B387-5FC8C34839B0:01}
Siikaniemi(シカニエミ)まであと1.1㎞です。  
{A748B74C-2E6B-465A-AA59-53F02E0D8501:01}
ちょっと疲れたのでひとやすみ 。

道を間違う・・・

 {6E695EE8-8436-4E62-90BD-4729E4F01755:01}
ハイキングを再開するとそんなに遠くない道をバスが走っているのが見えました。ゴールまでもう少しだったようです。しかし、ここで問題発生。目的にしていたSiikaniemiバス停の写真と様子が違います。
{4CC4C570-EF26-4B04-A9AB-54579C723251:01}
 E6915に行きたいのに、調べてきたバス停と番号が違います。
{FF9AE991-4DC6-4674-A0B3-78CF8EE98352:01}

しばらく考えて、山から下りてきた道を右の方へ5分くらい歩いてみました。

E6195バス停

{8575B9F1-A6E7-4A5C-992D-E023BA91B30F:01}
無事、ヘルシンキへ戻るための列車の駅へ向かうE6195のバス停に到着しました。バス停は名前ではなく、番号で表示されているため、乗りたいバス停の番号を覚えておくといいですね。ほっ。

ヘルシンキへ戻る

{5D37C3DC-276A-42E6-AC49-2A786B3EF8EC:01} 

ヘルシンキへ戻るために、この28番のバスに乗って、Leppävaara(レッパヴァーラ)駅へ行きました。乗車時間は50分くらいでした。

レッパヴァーラ駅

{57237932-4E5C-4BF3-81D0-70783284EE97:01}

レッパヴァ―ラ駅もやっぱりバス乗り場と電車のホームが繋がっていて、そのまま止まっているヘルシンキ行の列車に乗りこむことができました。

こういう時、1日乗車券は本当に便利ですね。

バスの時刻表

ヘルシンキバス時刻表を見るには、「Timetables and routes」(英語)が便利でした。サイトの「Timetables」のところにバスの番号を入力すると、時刻が出てきます。今回は、行きは85番系、 帰りは28番系 を使いました。

www.hsl.fi

行き方

行き方はこちらでご覧くださいね。

www.monteverde-aroma.com

まとめ

{1B1D80AE-C966-476E-8BC0-D56B9F0A4791:01}

フィンランドの森を歩く旅はいかがでしたか?自然の姿のままのヌークシオでは、まるでムーミンが出てきそうな神秘的な森を堪能することができました。

ヘルシンキから1時間ほどで行けるこの場所を訪れたのは9月の中旬の金曜日でしたが、紅葉が少し始まっていました。鷹コースは、松や白樺の繁る森と湖・池・沼を、カラスコースは頑強な岩盤を満喫できるコース内容となっており、異なる風景を楽しめますよ。
ちょっと気になる北欧。フィンランドに行かれたら、ぜひ足を延ばして、壮大な森を堪能してみてくださいね。