旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

【2017年11月】モスクワ・サンクトペテルブルクの旅 ~空港の乗り継ぎ情報~

 更新日2019/04/24

今回、JALのモスクワ・ドモジェドボ空港(DME)経由でサンクトペテルブルク(LED)に行ってきました。DMEでの乗り継ぎを調べたところ、古い情報しかでてきませんでしたので、乗り継ぎ方法やラウンジの様子、そしてサンクトペテルブルクの空港情報をまとめてみました。

f:id:monteverde-aroma:20171118125443j:image

飛行機を降りたら、空港の案内に沿って入国審査に進みます。

DME入国審査

f:id:monteverde-aroma:20171118202126j:image

https://www.jal.co.jp/inter/airport/dme/info/

出入国カードは入国審査時に審査官より発券されます。そのカードの2ヵ所に署名をするだけです。署名する場所は、鉛筆で☑されていました。

入国審査には時間がかかりましたので、乗り継ぎ時間は十分にあった方がいいですね(今回は3時間あったので、焦らず行動できました)。

入国審査に並ぶ列は、空港係員に指示されました。でも、あまりにも進まないので他の列に移動しましたが、特になにも言われませんでした。

入国検査時の質問は特にありませんでしたが、写真とビザをじっくり確認されました。本当にじっくり!!だから時間がかかるようです。

乗り継ぎ(DME⇒LED)

f:id:monteverde-aroma:20171118202204j:image

https://www.jal.co.jp/inter/airport/dme/info/

今回は「国際線」→「国内線」ですので、いったん貨物室へ預けた荷物は引き取り、再度預け直します。

今回は、モスクワまでの国際線と、それ以降、サンクトペテルブルクまでの国内線の航空券を別発券したので、予約番号が違っていたので、 JAL国内線問い合わせにメールしてそれぞれを紐づけしてもらいました。これで、乗り継ぎがあると認識されます。

ワンワールド・ラウンジ(国内線)

f:id:monteverde-aroma:20171118125457j:image

国内線に乗り継ぐには、ゲート「C」の方に進みます。

セキュリティを再度通過して、表示に従って右にずーっと進んで、ターミナルの端にあるエスカレーターで一階上にあがると、ビジネスクラスのラウンジと、その正面にプライオリティ・パス(ダイナースカードも可)のラウンジがありました。

f:id:monteverde-aroma:20171118125518j:image

国内線のビジネスクラスラウンジに入る時に搭乗券を預けます(出発時の受け取りをお忘れなく!)。お酒類はたくさんありましたが、無料なのはビールのみです。

f:id:monteverde-aroma:20171118174354j:image

お食事はあまり・・・

f:id:monteverde-aroma:20171118174416j:image

プライオリティパス・ラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20171118174449j:image

時間があったので、プライオリティ・パスで入れるラウンジにも立ち寄ってみました。こちらは、ダイナースカードホルダーも無料(お連れ様は有料)で利用できます。

f:id:monteverde-aroma:20171118174522j:image

中は同じようだったので、割愛します。

空港は新しく、ラウンジよりおしゃれなカフェやお店がいっぱいあります。

f:id:monteverde-aroma:20171118174547j:image

昔からありそうなBODA(お水)の自動販売機もあります。ソーダウオーターや味付きのお水が売られていました。

S7航空

f:id:monteverde-aroma:20171118130026j:image

乗り継ぎはJALとのコードシェア便・S7航空です。小型の飛行機で、行きはB737(ビジネスクラスあり)でした。

f:id:monteverde-aroma:20171118130031j:image

帰りはA319(ビジネスクラスなし)でした。ワンワールドの最上級会員だと一番前をアサイン(予約時)してくれます。が、狭かったです。2席め以降の座席の方が足を伸ばせていいかもしれません(笑)。1時間40分ほどのフライトですが、無料のサンドイッチと飲み物サービスがありました。

LED到着

LED(サンクトペテルブルク・プルコヴォ空港)から市内へ行くには、ミニバスやタクシーなどの手段があります。私たちは到着が夜遅かったのでタクシーでホテルへ向かいました。

タクシーに乗る場合は、「空港オフィシャルタクシー」のスタンドでホテル名を言って、料金を教えてもらいます。グランドホテル・ヨーロッパまでは40分くらいで、料金は1000ルーブルでした(帰りはホテルにお願いしたら800ルーブルでした)。

その他の交通手段は下記のサイトをご覧くださいね。

【サンクトペテルブルク】プルコヴォ空港から市内への行き方

 

サンクトペテルブルクのホテルの様子はこちらからどうぞ。

www.monteverde-aroma.com

LED出発(帰国時)

f:id:monteverde-aroma:20171118125658j:image

2017年11月現在、旧国内線の空港が改修中の為、国際線の新しい空港からモスクワ・ドモジェドボ空港(DME)へ出発しました。

f:id:monteverde-aroma:20171118125720j:image

ターミナルは新しく、お土産屋さんやカフェなどたくさんあり、以前来たときと比べるととてもきれいになっていました。

f:id:monteverde-aroma:20171118125914j:image

ゲートのそばのチョコレート屋さん。可愛いのですが、お値段は日本並みでした。

f:id:monteverde-aroma:20171118125734j:image

このおしゃれなカフェの横の階段を上がると、ビジネスクラスのラウンジがあります。

LED・空港ラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20171118125744j:image

11時頃、朝食から昼食に変わっていましたが、あまり美味しそうではなく、ワインだけいただくことにしました。

f:id:monteverde-aroma:20171118130129j:image

DME出発(帰国時)

サンクトペテルブルクからS7航空で到着したら、そのまま「TRANSFER」と書かれた方へ進めばいいのですが、この日はJALがシステム改変を行っていたため、日本までの搭乗券をサンクトペテルブルクでもらうことができませんでした。

そのため、JALのチェックインカウンター(出発の3時間前にオープン)へ立ち寄りました。DMEのJALの空港支店長がとても親切!と、どなたかがブログに書かれていたので、お会いしてお話しました。やっぱり、とても丁寧で親切な方でした。

f:id:monteverde-aroma:20171118125942j:image

私はJAL、友人はS7航空で発券していました。彼女は座席指定ができなかったので、こちらで希望の席に変えてもらえました。希望の座席がある場合は、TRANSFERのカウンターでなく、1階のチェックインカウンターに立ち寄るほうがいいそうです。

ワンワールド・ラウンジ(国際線)

f:id:monteverde-aroma:20171118130005j:image

え~、同じ写真ではありません(笑)。国内線も国際線もまったく同じ入り口のデザイン、そして同じ内装のラウンジでした。すぐそばにプライオリティ・パスのラウンジがあるのも一緒です。

f:id:monteverde-aroma:20171118125541j:image

シャワールーム(LEDにもありました)は、スタッフに声をかけて鍵をあけてもらいます。

f:id:monteverde-aroma:20171118125845j:image

お湯の温度も湯量も問題ないのですが、ペーパータオルしかありません (゚Д゚;)。なので、空港でシャワーを浴びる方はタオル持参のほうがいいかもしれません。

f:id:monteverde-aroma:20171118130045j:image

国際線のビジネスクラスのラウンジでビールだけ頂いて、プライオリティ・パスのラウンジへ移動しました。

f:id:monteverde-aroma:20171118130055j:image

こちらではスパークリングワインも無料です。しかし、ぬる~いので、美味しくはないですが・・・。ビールは良く冷えていました。

さいごに

f:id:monteverde-aroma:20171118214010j:image

2年前に行った時とは空港の様子が変わっていて、とってもきれいになっていました。乗り継ぎも簡単でした。

空港免税店では、日本ではあまり見かけないジョージア(旧グルジア)ワインがありましたので、たくさん買ってきました。リーズナブルでお勧めです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。