旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

イフタールを楽しもう!@ドバイ

 更新日2019/05/12

ポルトガル旅行記の途中ですが、最近、ラマダン(ムスリム*1の断食月)の時期に行ったドバイ旅行の記事のアクセスが急に増えてきた!と思ったら、ラマダンの時期に入っていたようです。1年前の記事を少し書き直してアップしました。

f:id:monteverde-aroma:20190512053008j:plain

この時期、828mの高さを誇る展望台・Burj Khalifa(ブルジュ・ハリファ)もラマダン仕様に変わっていました。

f:id:monteverde-aroma:20190512053859j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190512053844j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190512053824j:plain

2019年は、5月5日(日)より6月4日(火)までとなります。この期間、日の出から日没までの間、ムスリムの義務の一つ 断食(サウム)を行います。ただし、一日中ではなく、日が出ている間だけ断食を行います。

ムスリムについてよく知らなかったときは、タブーが多くて不自由そうに見えていましたが、彼らにとって、それらは強制ではなく、生活の指針であるがゆえに大切に継承しているのです。最近では日本の観光地でもムスリム対応をされているところもあるようです。

f:id:monteverde-aroma:20180601151007j:plain

観光立国を目指しているドバイでは、ラマダン中でも、旅行者はあまり不便を感じずに過ごすことができました。日没後のモールはかえって人で溢れるほどです。

日中のお買物やランチの様子はこちらをどうぞ

www.monteverde-aroma.com

前置きが長くなってしまいましたが、ラマダン中のドバイ旅行で一番楽しかった日没後の宴 イフタール をご紹介します。

イフタール

f:id:monteverde-aroma:20180601224842p:plain

https://www.oneandonlyresorts.com/one-and-only-royal-mirage-dubai/Ramadan

ラマダン 時期の食事は2種類あります。1つは夜明け前の断食が始まる時間帯の「スフール」、もう一つは断食を解く食事の「イフタール」です。

特にホテルが競い合っているのは、断食後の イフタール。誰でも参加できるので、この時期の楽しみにもなっています。本当はラグジュアリーホテル One&Only Mirage のイフタールテントに行ってみたかったのですが、1人ではちょっと寂しいので、今回は、1人でも気軽に楽しめるホテルのイフタールをガイドさんに紹介してもらいました(断食もしていないのにね)。

Raddison Blu

f:id:monteverde-aroma:20180601034003j:image

泊まっている シェラトンホテル の近くにある、ラディソン・ブル(Raddison Blu Hotel Dubai Deira Ceek)。シェラトンホテルにもイフタールはあるのですが、こちらの方が豪華だとガイドさんにすすめられました。

Google マップ

始まりはデイツ

f:id:monteverde-aroma:20180601034037j:image

日没時刻になるとアザーン(礼拝の呼びかけ)が高らかに鳴り、まず水で喉を潤し、デイツ(甘い乾燥ヤシの実)を食べ日没の祈りに入るそうです。

ここでは、3種類のデイツが用意されていて、みなさん、デイツから始めていました。

f:id:monteverde-aroma:20180601034220j:image
私も宴に参加させてもらいデイツから。この宝箱のデイツが一番好みでした。

イフタールのお料理

f:id:monteverde-aroma:20180601034033j:image
アラビックやイタリアン、インド料理、そして和食の各レストランが用意したごちそうが並んでいます。座席を決めたら、どのレストランのお料理も自由にいただけます。

f:id:monteverde-aroma:20180601034007j:plain

この時期の挨拶は「RAMADAN KAREEM(ラマダンカリーム)」、恵み多い月ラマダン、おめでとうという意味です。

f:id:monteverde-aroma:20180610185750j:image

毎回ツアーでお世話になっている、アラビックレストランのオーナーにご挨拶して、案内してもらいました。和食レストラン(MINATO)の座席を予約していてくれたようです。

和食 MINATO

f:id:monteverde-aroma:20180601034041j:image
ちょっと不思議な巻き物が並んでいました。もちろん、日本人シェフはいません(笑)

f:id:monteverde-aroma:20180601034024j:image

前の列、左側からチキンカツ・きゅうり・おしんこ。2列目以降は分かりません。食べても分かりませんでした( ´艸`)。でも、ご飯が美味しかったです!ドバイで美味しいお米が食べられるのにもビックリしました。ごちそうさまでした^^

f:id:monteverde-aroma:20180601034055j:plain

このホテルでは、同じ階のレストランが合同で開催しているので、どこのお食事をいただいてもいいのです。ほんとお祭りのようでした。アラビックのレストランの前には、甘々なデザートが並んでいました。

f:id:monteverde-aroma:20180601034029j:image

期待していたイタリアンは、パスタとかなくちょっとがっかり。でも、サラダが美味しくて、つい食べ過ぎてしまいます。

f:id:monteverde-aroma:20180601034011j:image

何となく気持ちがパスタに向いていたので、見つけたとき嬉しかったパスタ。アラビックのレストランにありました。数種類のパスタや数種類のソースから好きなパスタを作ってもらえます。なぜ、こんなにアップで撮ってしまったのか不思議です。多分、一番美味しかったので、その気持ちからでしょう(笑)。

f:id:monteverde-aroma:20180601034019j:image

最後にデザート。ツアーの皆さんは無料のデザートサファリに出かけてしまったのでご一緒できなかったのですが、1人でもとても楽しく過ごせました。食べただけですけどね。

まとめ

f:id:monteverde-aroma:20180601155935j:plain

1人イフタール、お腹いっぱいになったので、ゆっくり月を見ながら歩いてホテルに戻りました。ホテルまでは徒歩10分ほどですが、夜一人で歩いていても危険は感じませんでした(もちろん気をつけながら大通りを歩きましたが)。

人気のあるホテルのイフタールは早い時期から予約が埋まってしまうそうなので、ゴージャスホテルのイフタールに行かれる場合は早めの予約がいいそうです。でも、一人だったせいか?こちらのホテルのイフタールは当日でも大丈夫でした。

今回はツアーに参加して行ってきました。 

www.monteverde-aroma.com

 

旅行代金も安くなるラマダン中のドバイ旅行、普段とちょっと違う楽しみ方ができていいかもしれませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

*1:ムスリム」とはアラビア語の「神に帰依する者」という意味で、イスラム教徒のことです。