旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

Road to BA Gold ② ~ダイヤモンド・プレミアラウンジのアロマを楽しむ~

お楽しみの沖縄・那覇空港(OKA)のダイアモンド・プレミアムラウンジ。アロマインストラクター視点で楽しんできました。

f:id:monteverde-aroma:20190125085615p:plain

ラウンジのようす

f:id:monteverde-aroma:20190123091548j:plain

この日は20:40と案内がありましたが、最終便に合わせて営業時間は変わるようです。

f:id:monteverde-aroma:20190126105617j:plain

OKA到着時、折り返しの出発便が遅れていたせいでしょうか?ダイヤモンド・プレミアムラウンジは満席でした。少し待っていると、空きができたようで案内してもらえました。初入室です^^

f:id:monteverde-aroma:20190123091709j:plain

部屋の真ん中にハーブっぽい植物(造花)が飾られていました。広くはありませんが、落ち着いたインテリアです。入り口付近には荷物を入れるロッカーもありました。

f:id:monteverde-aroma:20190123091800j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190123091747j:plain

滑走路の様子は見ることができませんが、窓側の座席は人気のようです。内側の座席もゆったりしていて、座席ごとにコンセントがありますので、充電しながらゆっくり過ごすことができました。

f:id:monteverde-aroma:20190123091735j:plain

11時30分すぎには、羽田空港同様に焼きカレーパンが並べられました。

飲み物

f:id:monteverde-aroma:20190123091720j:plain

沖縄らしくオリオンビールがあります。

f:id:monteverde-aroma:20190123091653j:plain

そして泡盛。

「泡盛」は、米(タイ米)と黒麹菌を用いて、全麹仕込みと単式蒸留・常圧蒸留で造る沖縄の本格焼酎です。3年以上貯蔵したものは古酒(クース)と呼ばれます。https://havespi.jp/11818/

f:id:monteverde-aroma:20190123091819j:plain

ラウンジにあったのは、泡盛を3年以上熟成させた古酒でした。初めての泡盛、ロックでいただいてみました。あま~い香りがします。30度と強いお酒なのですが、クセになってしまいました。

香りの成分

泡盛の甘い香りは何だろう?と調べてみると、この香りを構成している成分の中に、バニラの香りの主成分である「バニリン(Vanillin)」というフェノール系の抗酸化物質の一種が含まれていることが分かりました。

f:id:monteverde-aroma:20190126135530j:plain

https://www.nrib.go.jp/sake/pdf/ShochuNo03.pdf

米の細胞壁にあるヘミセルロースが熟成中に4-VGからバニリンへ変換し、古酒の甘い香りとなるそうです。バニリンには、抗酸化作用*1もあるようで、体内のサビをとってくれそうです^^ 

黒麹菌

ちょうど、大学で麹菌についての講義を受けました。

麹とは、良いカビ菌の一種で、酒造りにおいてデンプンを糖化(糖分に変えること)させる働きをします。糖分(主成分はデンプン)に変わることで、「白麹」「黄麹」「黒麹」の3種類があり、泡盛に使われるのは「黒麹」です。黒麹は、とりわけ多くのクエン酸を生成するとされ、雑菌の繁殖を防ぐ力があります。そのため、雑菌の繁殖しやすい高温多湿の南の地域で造られるお酒に欠かせないものと考えられてきました。しかし、菌の色が黒っぽいため、仕込みの際に蔵がとても汚れて、真っ黒になるそうです。

次回は、麹のことを考えながら泡盛をいただいてみたいと思います。

寒緋桜(カンヒザクラ)

f:id:monteverde-aroma:20190123091620j:plain

もう一つ気になったのが、レセプションに飾られていたカンヒザクラ(寒緋桜)。沖縄では毎年1月中旬から2月にかけて各地で桜まつりが開催されていますが、カンヒザクラは、日本いち早く咲く桜だそうです。文字通り緋色(鮮やかな濃紅色)の花を咲かせています。ソメイヨシノなどとは異なり、散るときは花ごと落ちてしまうそうです。

桜の香りはあまり感じませんでした。なぜなら、すぐそばにJALオリジナルのアロマの噴き出し口があったから(笑)12時に夕方の香りに変わったようだったので、スタッフの方にお願いして、香りの元をかがせてもらいました。複雑な香りだったので、また研究してみようと思います。JALオリジナルアロマについては、こちらをどうぞ 

www.monteverde-aroma.com

まとめ

f:id:monteverde-aroma:20190123091611j:plain

思っていたよりもこじんまりしたラウンジでしたが、泡盛の美味しさに出会えたり、一足早いお花見ができて、楽しい滞在時間となりました。これからの沖縄・離島へのBA修行の楽しみが増えました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。