旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

桃源郷での一人暮らし ~その1~

2015年、久しぶりに一人暮らしをしました。場所は中央アジアのキルギス共和国。大学院の研究の一環でJICAのボランティアに応募した時のことです。イスラム教徒が多く住む国ですが、ゆる~い感じなので、生活には全く支障がなかったです。そんなキルギスでの生活で困ったこと楽しかったことを振り返ってみました。

キルギス共和国

f:id:monteverde-aroma:20180324122235g:plain

キルギス共和国はカザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、そして中国に囲まれた内陸国です。日本から直行便はないため、モスクワやイスタンブール経由となります。

イシククル湖

f:id:monteverde-aroma:20180324123002j:plain

国内には周囲700Kmのイシククル湖があります。イシクとはキルギス語で熱い(もしくは暑い)、クル(もしくはクリ)は、湖という意味です。決して熱いお湯のような湖ではないのですが、冬でも凍らないため、このような名前が付いたのだと思われます。そして、この湖には流れ入る、出る川がない不思議な湖です。1991年に旧ソ連から独立し、産業が乏しい国ですが、夏はこのイシククル湖周辺に避暑のため近隣の国々からの観光客でにぎわいます。

ブラナの塔

f:id:monteverde-aroma:20180324125038j:plain

イシククル湖の北側は三蔵法師が歩いたシルクロードの一部として世界遺産にも登録されています。その辺りには10~13世紀にかけての都だった場所の名残としてブラナの塔(べラサグン遺跡)があります。元は45mだったそうですが、16世紀の地震で崩れてしまい、今は24mです。中の階段を使って上り、屋上から360度の絶景を楽しめます。

学園都市カラコル

f:id:monteverde-aroma:20180325104805p:plain

首都ビシュケクから車で6時間。そのうち半分は美しいイシククル湖を見ながらのドライブで、私が住んでいた学園都市カラコルに到着します。上の写真☝が町一番の繁華街(笑)です。カラコルは天山山脈への登山やスキーが楽しめる高山都市で、標高1400mのため、階段を上がったり、走ったりすると少し息苦しくなりますが、生活には支障はありませんでした。

f:id:monteverde-aroma:20180324130026j:plain

イスラム教徒が多い国ですが、街中にはロシア正教の聖三位一体教会もあります。初夏のお庭には、バラが咲き乱れとても美しい場所でした。

カラコルでの生活

f:id:monteverde-aroma:20180324132636j:plain

カラコルに着いてびっくりしたのは、建物や道路がビックリするほどボロボロだったこと。私が住んでいたアパートも共用部分は壊れていて…でも、誰も修理しません。アパートは一部屋ずつオーナーが違うため、共用部分については関与しないようです。道も旧ロシア時代に造られたものを修理せず、使っているので穴だらけです。

お部屋

f:id:monteverde-aroma:20180324133315j:plain

お部屋は3階ですが、もちろんエレベーターはありません(カラコルでエレベーターを見たことがありません)。そして階段部分にはライトがないため、暗いです(泣)。

 

でも、キッチンとベッドルームはリノベーションされたばかりなので、とてもきれいでした。ベッドや机は手作りです。バスルームはちょっと…(泣)

 

テレビも見られましたが、ロシア語のみでした。ロシア語の勉強になっていいのですが、私にはハードルが高かったです。wi-fi もあったので不自由なかったですが。

お風呂

f:id:monteverde-aroma:20180324133340j:plain

これはアリストンという湯沸し器です。60リットルのお湯を溜めることができます。電気供給の不安定な国(風が強く吹くと停電します)なのに、私の部屋はオール電化でした。

 

ある日、地域ごとの大規模な停電(予告なし)があり、3日に渡り電気が点かず、お湯が沸かせませんでした。このアリストンは2日分くらいのお湯を蓄えることができるので、しばらくは熱いお湯がでるのですが・・。初途上国の洗礼を受け、快適な日本の生活がちょっと恋しくなりました。

貸与品

f:id:monteverde-aroma:20180325103455p:plain

中央アジアのスイスと言われているキルギスですが、水道管が古く(浄水場も怪しいらしい)、雨が降るとお水が濁ります(泣)。そして、普段でも砂が混じっているため、水道のパイプ部分は1か月に一回は砂抜きしてもらわないと、お水が出なくなります。

 

お水の出が悪くなると大家さんに電話して修理してもらいます。1か月の家賃は300ドルでしたが、日本だと自腹の修理代も込なので、これはよかったですね。お水は1リットル40円位で買えます。水道水に砂が混じっているので、浄水器が貸与されました。いろいろ体験すると、日本の生活がどんなに快適なのかが良くわかります。

キッチン

f:id:monteverde-aroma:20180324122917j:plain

キッチンも新しく使いやすかったですが、3か月で洗濯機が壊れました。多分新品だったと思うのですが・・・。水道管の砂詰まりのせいかも知れません。日本製品のすばらしさを実感しました。

お部屋からの景色

f:id:monteverde-aroma:20180324122958j:plain

このお部屋に決めた理由の一つが、この景色!キッチンの窓からこの景色を見ながらの朝ご飯。不便なことが多かったキルギスの生活だけど、毎日爽やかな空気を吸い込みながらこの景色を見られたのは最高でした!

お買い物(食料品)

f:id:monteverde-aroma:20180325105033p:plain

アパートの近くにはスーパーもたくさんありましたが、町の中心にある市場によく行きました。顔なじみになるとちょっとおまけしてくれました。

f:id:monteverde-aroma:20180325105308p:plain

私がよく買っていた食材たち。スーパーはきれいにパックに入っていますが、市場もスーパーもあまり値段が変わりません。でも、卵は断然市場で!「ダマシネ(『お家の』という意味のキルギス語)」という自分のところで採れた卵は新鮮でおいしかったです。

ある日の朝食

f:id:monteverde-aroma:20180324131642j:plain

クレープにサワークリームとキャビアをかけロシア風の朝食を作ってみました。ロシア語で魚の卵はイクラといいます。1瓶240円でしたのでキャビアではないのですが、雰囲気だけ。東欧のサワークリーム・スメタナをかけていただきます。何気に美味しい。

f:id:monteverde-aroma:20180324131738j:plain

もう一品は赤レンズマメを使ったお料理

f:id:monteverde-aroma:20180324131700j:plain

1㎏が350円とこちらも安いので、よく買っていました。ビタミンEと鉄分がたっぷりの食材で、野菜と日本から持ってきたツナ缶を入れてスープに。

f:id:monteverde-aroma:20180324131719j:plain

お買い物(雑貨)

f:id:monteverde-aroma:20180325105719p:plain

遊牧民のキルギス人はとても器用で、なんでも作ってしまいます。なので、日用品で必要な雑貨は国産はなく、中国などからの輸入品です。物価から考えると決して安くはないのに、質は悪いです。なので、日本から生活必需品(特にサランラップね)は持ってきましたが、少しだけ買い足しました。

f:id:monteverde-aroma:20180325110126p:plain

ハンガー ☝金属製のは30ソム(60円位)でブルーは50ソム。「ブル カンチャ トゥラット(これはいくらですか)?」と聞くと、どこのお店にも電卓があるから、分からない時は数字を入れて見せてくれます。吸盤つき物掛け(100ソム)やっと見つけました。

f:id:monteverde-aroma:20180325110221p:plain

最後は「ムンダン ベリニィズチ(これください)」。そして、キルギス語はまだあまり喋れないのに「アルザンラーク ベリニィズチ(安くしてください)」とお願いしてみましたウシシ でも、少し安くしてくれました。言ってみるものですね(笑)
 
 
キルギスの生活はいかがでしたでしょうか。少し長くなってしまいましたので、次回はその2、お仕事の様子をお伝えしますね。よろしければご覧くださいね。