旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

カンタス航空国内線・ビジネスラウンジ @メルボルン&パース

私の旅程に必ず入れる空港ラウンジ。旅の目的にしたいくらいの快適な場所が増えてきました。今回、初めてカンタス航空の国内線ラウンジを利用してきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

20180917052740

国内線ラウンジ

オーストラリアの国内線ターミナルにあるカンタス航空のラウンジは、2種類。ひとつは、ビジネスクラス搭乗者やカンタス・フリークエントフライヤーのプラチナ以上、ワンワールドのエメラルドの会員などが利用できる「ビジネスラウンジ」。もう一つは、ビジネスラウンジの対象者に加え、カンタスクラブ会員、カンタス・フリークエントフライヤーのゴールド以上、ワンワールドのサファイアの会員などが利用できる「カンタスクラブ」です。どちらもリニューアルしたばかりです。

ー ビジネスラウンジ @メルボルン

f:id:monteverde-aroma:20180917052619j:image

メルボルンの国内線ラウンジは、セキュリティチェックを受けた後にあります。

20180917052650

エスカレーターを上がるとスタッフの方がいますので、搭乗券を見せると「カンタスラウンジ」か「ビジネスラウンジ」か案内してくれます。以前は、カンタスラウンジの奥にあったビジネスラウンジは、独立した空間にリニューアルされていました。

20180917052641

入り口直ぐのところにはロングテーブルがあり、PCやプリンターがあります。

20180917052923

充電器もあり、至れり尽くせりです。スマホからそのままプリンターを選んで印刷できるのが楽でした。

20180917052630

その奥にはさらにテーブルがあり、くつろげるスペースが広がっています。室内は、メルボルンの文化や都市の雰囲気を取り入れたデザインだそうです。

20180917052727

終日バリスタの方が美味しいコーヒーを淹れてくれます。

20180917052615

20180917052602

20180917052549

朝食の時間にお邪魔しました。フルーツもハムも美味しかったです。

20180917052644

朝食会場で一番目を引いたのが、パンケーキを焼いてくれる機械。生地を入れると、ポコンと1枚出てきました。こちらも美味しかったです。

f:id:monteverde-aroma:20180926212742j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180927095357j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180926212749j:plain

改修はもう少し続くようで、完成したら、同社のコンサルティングシェフのニール・ペリー氏監修によるローカルの食文化を取り入れた独自のメニューや、季節限定メニューなども提供されるそうです。

20180917052624

お酒のサービスは、もう少し後の時間帯のようです。

ハーブティー

20180917052609

今回の旅では美味しいコーヒーばかりいただいていましたが、ラウンジで、オリジナルハーブティーを見つけました。同じものは見つからなかったので、「pukka(パッカ)」のハーブティーを、友人と自分用のお土産に買いました。

オリジナルは英国なのですが・・・。レモングラスやシナモンの香りに癒されるので、大好きなブランドです。

シャワールーム


f:id:monteverde-aroma:20180917052803j:image

f:id:monteverde-aroma:20180917052806j:image

f:id:monteverde-aroma:20180917052810j:image

シャワールームは、「空いていたら使える」という感じでした。なので、お掃除がちょっと・・・の時もあるようです。タオルは、シャワールームの入り口のそばにあるので、勝手に持って行って使います。

20180917052707

ラウンジの面積は以前と同じですが、ビジネスラウンジは40%増の約350名、カンタスクラブは10%増の約530名収容となり、両方合わせて現在よりも収容人数が約130名分増加したそうです。居心地よくて、搭乗開始ぎりぎりまでいてしまいました。

ー パース国際空港

f:id:monteverde-aroma:20180926202202j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180926202235j:plain

続いて、パースです。朝4時半ごろのカンタス航空国内線ターミナル(T4)には結構人がいて、出発ロビーにあるカフェも開いていました。メルボルンの空港同様に自動チェックイン機で搭乗券を出します。

今回は、預け入れ荷物がないので、セキュリティチェックを受けて、このままラウンジへ向かいます。オーストラリア国内線のセキュリティチェックは、ペットボトルのお水を持っていても問題なく通れました。

20180926202123

パースのラウンジもゲートの方へ向かう途中にありました。昔の日本の国内線ターミナルのように、出発旅客と到着旅客が同じフロアを使うタイプの空港です。カンタスクラブはエスカレーターを上がります。1階の部分にはカフェがありました。

ー ビジネスラウンジ @パース

20180926202131

お目当てのビジネスラウンジは、カンタスクラブへ行くエスカレーターの後ろにありました。大きく表示されているので分かりやすいです。

20180926202227

こちらもバリスタの方が美味しいコーヒーを淹れてくれます。

20180926202146

グルテンフリーのパンがあるところもオーストラリアらしい。


f:id:monteverde-aroma:20180926202250j:image

f:id:monteverde-aroma:20180926202243j:image

自分でお野菜やフルーツを使ってジュースを作ることもできます。美味しかった~!

f:id:monteverde-aroma:20180926202154j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180926202138j:plain

パンケーキを焼く機械もありましたが、他の方が作っていて美味しそうだったので、今回はレーズンパンのトーストでオープンサンドを作ってみました。美味しかったです。

搭乗券の印刷

20180926202305

メルボルンもパースもPC、プリンターがあるので、乗り継ぎ便の搭乗券を印刷できます。試しにスマホを使って印刷してみました。

f:id:monteverde-aroma:20180926211901p:plain

私はiphoneなのですが、「プリント」をタッチし、「qfperprint2」を選べば簡単に印刷できました。プリンターのそばには説明書もあるので、迷うことはないと思います。

国際線に乗り継ぐ前に、次便(国際線)をWebチェックインして、搭乗券を印刷しておけば、預け入れ荷物がない場合、カウンターが開く前に出国することができます。

カンタスクラブ

今回は行きませんでしたが、「カンタスクラブ」だと有料で入会できるようです。特典として、以下が書かれていました(2018年9月現在)。

  • カンタスクラブラウンジ利用
  • カンタス国際線ビジネスラウンジ利用
  • カンタスクラブのパートナー航空会社および提携航空会社ラウンジ利用

入会の詳しい説明(英語)はこちらでご覧ください 

https://www.qantas.com/fflyer/dyn/QantasClubJoin

まとめ

ワンワールドの会員になって良かったなと思うのは、最上級会員だと、(ドーハ・ハマド国際空港を除いて)多くのファーストクラスのラウンジが使えることです。今回、初めてオーストラリアの国内線ターミナルのラウンジを利用しましたが、その充実度にはびっくりしました。カンタスクラブと合わせて、空港での滞在が楽しくなりました。

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。