旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

カンタス・ファーストクラス・ラウンジ @メルボルン

オーストラリアのカンタス航空のラウンジは、ただいま次々とリニューアルされています。今回は、メルボルン国際空港(MEL)の出国の様子とリニューアルされたカンタス航空のラウンジについてご紹介します。

f:id:monteverde-aroma:20181007091505j:plain

20180918163424

出国後、免税店通りを抜け、ラウンジが集まっている場所へ進みます。エミレーツ航空やエティハド航空も自社のラウンジを持っているようです。目指すは「Qantas First Class Lounge(カンタス・ファーストクラス・ラウンジ)」。 


f:id:monteverde-aroma:20180918163454j:image

f:id:monteverde-aroma:20180918163450j:image

案内に沿って、エスカレーターを昇ると、JALの指定の「Marhaba(マルハバ)ラウンジ」の向いにありました。

  ゲート9・10番近くのエスカレーターで3階へ

  05:15 - 22:45(22時頃から片づけていました)

 Lounge Location | Australia | Melbourne International | International First


f:id:monteverde-aroma:20180918192145j:image

f:id:monteverde-aroma:20180918192108j:image

入り口には緑がいっぱいで、自然の中で寛げるようなラウンジをイメージしているかのようでした。こちらで、ホテルで印刷してもらった搭乗券を出します。

 入室条件

  • カンタス航空およびエミレーツ航空、oneworld加盟航空会社のファーストクラス旅客
  • カンタスメンバーズ(条件あり)
  • oneworldエメラルド会員

それぞれ、同じ便に搭乗予定の1名を同伴可能です。最新の情報はこちらでお確かめください 

  Lounge Location | Australia | Melbourne International | International First

ラウンジ・ダイニング

20180918192044

テーブルに座ると、すぐにメニューを持ってきてくれました。


f:id:monteverde-aroma:20180918163619j:image

f:id:monteverde-aroma:20180918163622j:image

まずはシャンペン♪ そして、マッシュルーム・スープとイカのフライを前菜にしました。このマッシュルーム・スープ、ちょっとびっくりする色合いなのですが、キノコの味が濃厚でとっても美味しかったです。

20180918163701

メインは、ステーキがなかったので、ハンバーガーをいただきました。フレンチフライも揚げたてで、食べ応えがあって美味しかったです。

20180918163705

デザートは、アイスクリーム♡好きなだけ頼めるので、バニラとチョコレート、そしてマンゴーにしました。どれも美味しかったのですが、マンゴーが一番好みで、ラウンジを出る前にもいただきました^^。

出発前

20180918192514

締めは、やっぱりカプチーノ。

IMG_7871

そして、pavlovaパブロバ。生クリームとイチゴ・ラズベリーの上に、サクサク軽い歯触りのメレンゲが乗っていました。インスタで見かけて一回食べてみたいなぁ・・・と思っていたのですが、ラウンジで見つけたのいただきました。甘すぎず、美味しかったです。

寛ぎのスペース

20180918192102

ラウンジには飛行機が見渡せる座席と、内側の落ち着いたソファーの席があります。


f:id:monteverde-aroma:20180918192803j:image

f:id:monteverde-aroma:20180918192806j:image

f:id:monteverde-aroma:20180918163519j:image

f:id:monteverde-aroma:20180918163522j:image

 備え付けのPCを使えるワーキングスペースもありました。

プライベート・ビジネス・スイート

20180918192058

そして、その横には、個室が2部屋あります。予約制ですが、私が長時間滞在すると知った男性スタッフの方が案内してくれました。

他の方のブログでも一人とっても親切なスタッフがいると書かれていたのですが、多分この方では?ずば抜けて親切なスタッフのおかげで、より快適な滞在となりました。

20180918163658

毛布も用意してくれたので、こちらで暫く休めました。

20180918163655

お昼寝後は、PCで調べ物をしたり・・・。もちろんプリンターもありました。

シャワールーム

f:id:monteverde-aroma:20180918192431j:image

シャワールームのアメニティーは、ファーストクラスラウンジのスパ商品を提供する「オーロラスパ」が開発した、ラウンジ専用の商品だそうです。

ハンドウォッシュ、ボディクリーム、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーなど、フライト前の肌に潤いとリラックスを与える植物成分が配合されています。

いつもはオイル派の私ですが、ここはASPARのボディクリームを使ってみました。肌がしっとりすべすべになって、フライト前に最適!でした。

オーロラ・スパ

20180918192053

夕方オープンのラウンジスパ。受付で予約して、19時からフェイシャルやボディマッサージなど、20分の施術を受けることができます。

20180918192403

メニューも多いので、迷いましたが、機内の乾燥を考え、フェイシャルトリートメントを受けることにしました。

20180918192047

20分間でしたが、気持ちよかったです。

マルハバ ラウンジ


f:id:monteverde-aroma:20181007140312j:image

f:id:monteverde-aroma:20181007140305j:image

飛行機の出発まではまだ時間があるので、向かいにあったJAL指定のラウンジに行ってみました。多分、JAL便のお客様ばかりだと思われますが、結構混んでいました。簡単なビュッフェ形式のお食事と、オーダー形式のアラカルト・メニューがありました。

帰便では、離陸後、飲み物とスナック(お菓子やお水の袋)しか出ないので、ここではお夜食代わりに、ワンタンヌードルをいただきました。豪華だったカンタスラウンジに比べると、B級グルメ(←失礼・笑)っぽいヌードルでしたが、美味しかったです。

まとめ

シドニーのファーストクラス・ラウンジに比べると、少し狭めですが、お食事が美味しいので、ポイント高し!でした。飛行機に乗る前の無料SPAもいいですね。ワンワールドでは、香港のキャセイパシフィック航空のラウンジに次いで2番目に好きなラウンジとなりました。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。