旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

カナダの国内移動 ~モントリオールからトロントまで~

カナダのモントリオールからトロントまで移動したあと、エアポートホテルに泊まってみました。

f:id:monteverde-aroma:20190116035213p:plain

空港⇔ダウンタウン

f:id:monteverde-aroma:20190103094535j:image

モントリオール空港と市内間の移動は、STM(モントリオール都市圏交通局)によって運行されている「747エクスプレスバス」が便利です。747の時刻表PDFによると、24時間運行(昼間は10分おき、深夜でも1時間に1本)しているようです。
料金は、大人子供(5歳以下の幼児を除く)ともに$10.00(約800円)*1均一です。が、1日券の料金が適用されているため、乗車から24時間はSTM運行の地下鉄、バスに乗り放題となり、到着後も観光に大いに使うことができます。

早朝、Gare d’autocars de Montréal(市内バスターミナル)から乗り、空港まで30分程で着きましたが、時間帯によっては大渋滞に巻き込まれるようなので、公式サイトには、途中の「Lionel-Groulx」 まで地下鉄を利用することをすすめています。

公式サイトに時刻表やルートがありました  www.stm.info

モントリオールの市内散策についてはこちらをどうぞ 

www.monteverde-aroma.com

ピエール・エリオット・トルドー国際空港

f:id:monteverde-aroma:20190103094540j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190103094515j:plain

モントリオールのピエール・エリオット・トルドー国際空港(YYC)。国内線も発着しています。新しい自動化がすすんでいる空港なので、とても無機質。

f:id:monteverde-aroma:20190103094412j:image

セルフチェックイン、そして自分で荷物にタグを付けて流すタイプの空港です。このとき初めて操作したので、ちょっと手間取ってしまいました。

f:id:monteverde-aroma:20190103094635j:image
チェックイン後、国内線は「A」に進んで、手荷物検査を受けます。

f:id:monteverde-aroma:20190103094432j:image
パツパツに入れていた100ml以下の液体類は、「こちらに入れ直してください」と言われ、新しい袋をくれました。

日本から持ってきたものより少し小さな袋でしたが、何とか収まり、無事通過できました。カナダの手荷物検査も厳しいですが、ヨーロッパに比べたら、問題はありません。

この日のトロント行きのゲートは48でした。セキュリティを通過したらすぐの所にありました。しかしながら、ラウンジチェックは外せません。かなり歩いてゲート3番横のエアカナダのラウンジへ行ってみました。

メイプルリーフ・ラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20190103094625j:image

朝食の用意がありました。そんなに広くはありませんが、行きかう飛行機が見えるのはいいですね。

 ゲート3の付近

 04:30~23:00

エアカナダ・ルージュ

f:id:monteverde-aroma:20190103202729j:plain

モントリオールからトロントまでは、エアカナダルージュでした。エアカナダの完全子会社として、新しいレジャー部門を担当する航空機です。

f:id:monteverde-aroma:20190103094550j:image

座席は機首に向かって右側(K)にしました。眼下にモントリオールの町並みを見ながら離陸していきます。

f:id:monteverde-aroma:20190103094511j:image

国内線ですが、温かいお食事がサービスされました。ラウンジにあったものと同じですが(笑)しかし、サービスが始まったのが到着28分前! それでも「飲みものは? 温かいパンはどう?」と笑顔で丁寧にサービスがすすんでいきます。終わるのかしら?と、こちらが心配になる程でした。担当CAさんは一人、しかも途中でキャプテンのアナウンス(英語オンリー)をフランス語でカバーしたアナウンスも行いながら。 

f:id:monteverde-aroma:20190103094608j:image

期待以上の接客で、無事、到着までにサービスが終了しました。 素晴らしい!!50分のフライト。あっという間にトロントに到着しました。

f:id:monteverde-aroma:20190103094554j:image

新旧のロゴの機体が仲良く並んでいます。このあとプリンスエドワード島に移動しますが、同日に乗り継げなかったので、エアポートホテルで1泊することにしました。

エアポートホテルへの行き方

最近はターミナル直結のホテルも増えたのですが、このときは、シャトルバスで移動するタイプのエアポートホテルに泊まりました。シャトルバス乗り場までの行き方は、最初ちょっと分かりづらかったです。以下にまとめてみました。

f:id:monteverde-aroma:20190103094613j:image

  1. 空港ターミナル内にある「Shuttle Bus(シャトルバス)」の矢印に沿って、
  2. 「S」まで進む
  3. 「S」付近にあるホテル専用の電話で迎えをお願いして、ターミナル外にある「Hotel Shuttle」の看板の下で待つ

市内のホテルが高いので、深夜に到着したときや、早朝出発のときだけでなく、ホテル代を安く抑えたいときにもおすすめです。

サンドマン シグネチャー トロント エアポート ホテル

f:id:monteverde-aroma:20190103094645j:image

サンドマン シグネチャー トロント エアポート ホテル(Sandman Signature Toronto Airport Hotel )まで、10分弱で到着しました。少し早目のチェックインでしたが、お部屋に入れてもらえました。

f:id:monteverde-aroma:20190103094446j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190103094524j:plain

お部屋は清潔でとても広く快適です。トロント滞在時、もし町中まで簡単に出られるなら、このホテルに連泊してもいいかな?と思いました。
f:id:monteverde-aroma:20190103094437j:image

一番安いお部屋を予約したのですが、アップグレードしてくれているような・・・。キッチンや洗濯機、アイロンもありました。コンパクトな荷物での旅行者には嬉しい設備です♪ 空港からのバス移動がちょっと不便だと感じたので、★★★★ ですが、お部屋は広くて快適に過ごすことができました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

*1:$1=80円/2019年1月