旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

桃源郷での一人暮らし ~その3~

2015年、初めての開発途上国での一人暮らし。ボロボロの建物、穴だらけの道、雨の後の水道水のにごり、強い風がふくと停電、6時間かけて首都までギューギューの乗り物でビザ申請(この時は弱音を吐いてしまいました・泣)・・・不便だらけの環境での一人暮らしでしたが、貴重な機会を頂いた感謝と美しい自然の思い出が多すぎて三部作となってしまいました(笑)が、どうぞお付き合いくださいね。

 

www.monteverde-aroma.com

www.monteverde-aroma.com

 

キルギスの春

f:id:monteverde-aroma:20180325140817j:plain

(写真撮影:原口明久氏)

10月ごろから雪に覆われる高山都市カラコル。春には杏の花が咲き乱れ、まるで桃源郷のようになります。とくに、雪を抱いた天山山脈とまるで海のようなイシククリ湖をバックにしたピンクの花々が美しい!

スーパームーン

f:id:monteverde-aroma:20180326194502j:plain

(写真:北島すみれさん)

4000m級の山々の間から昇ってくる満月のなんと美しいことか!地球にいるんだ!を実感した体験でした。高地での月の出は、山の向こうが異常に明るくなることで始まります。街があるわけないし・・・UFO ? 何事!?と思ったら月が顔を出しました。昔(まだコックピットに簡単に入れる時代)ホノルルの朝日をコックピットから見た以来の感動の体験でした。

夕暮れのイシククリ湖

f:id:monteverde-aroma:20180325141148j:plain

夏の間だけ湖畔にユルタというテントの宿泊所がオープンします。大きいものだと10人くらいが川の字(?)のように並んで寝ることができます。キャンプさえ経験したことがなかったので、まるで子供にかえった様な気分に!大自然の中で眠ることの開放感はとっても気持ちいい!

森林限界までのドライブ

f:id:monteverde-aroma:20180327153606j:plain

(写真・JICA専門家Oさん)

隔週土曜日は社員のチームビルディングのためのハイキング(といっても原材料収集ね)やら交流のために山へでかけます。車で走っていると、このままどこまでも行けそうな景色が広がっています。

f:id:monteverde-aroma:20180325140527j:plain

私が住んでいた標高1400mのカラコルという高山都市からは簡単に4000m級の山々へのハイキングに行けるのですよ‼︎ 歩き疲れたら雪解け水に足をつけて休憩。ここでも童心に戻って思う存分楽しみました。

アロマとの出会い

{31FF88D9-2426-4820-A578-A21EFF84E665:01}

こんな自然に囲まれた一人暮らし(といっても仲間はいっぱいいたけどね)の中で、自然と周囲の草花に興味を持ち始めました。そんなある日、日本からハーブの専門家としてアロマテラピストの憧れの女性がキルギスにやってきました。その方とハーブを訪ねる日帰り旅行。この方との出会いが私をアロマの世界に導いてくれました。

f:id:monteverde-aroma:20180326124436j:plain

1人暮らし最後の日は、アロマの先生が残していったドライハーブを頂いて(乾燥地なので、置いておくだけでドライハーブができあがるのです)ポプリを作ってみました。私がそこで住んでいた思い出の品です。

最後は美しい星空で

(写真:協力隊員S氏)

かなり大人になっての1人暮らしは、新鮮で、いろいろな刺激を受ける貴重な経験になりました。ボロボロのアパートのベランダ(いまにも崩れ落ちそうでしたが)で、月を眺めながら1日の疲れを癒し、さらにベッドからも月を見ながら眠る毎日。月明かりがこんなに明るいのも高地ならでは・・・。もう一度行きたいか?と問われると・・・、便利な日本の生活にどっぷりつかってしまった今、「どうかな?」と考えますが、またいつか行きたいなぁとなるのかも。長くなった私の一人暮らしの思い出にお付き合いくださってありがとうございました。